タイムマシンの作品情報・感想・評価

「タイムマシン」に投稿された感想・評価

いろいろとタイムトラベル物を
鑑賞してきたけど、
結論は皆一緒。
sun

sunの感想・評価

3.5
2019.21

ガイ・ピアース目当てで観始めた為、突っ込みどころはあったものの然程気にならず。彼の演技を堪能でき、最後の流れも好きだったので甘めな感想に。
途中ハラハラしたりして最後まで楽しめた。
Yuka

Yukaの感想・評価

1.0
見る価値O

過去に戻って変えようとするとか
いちばんやりがちなことをしなかったオリジナルと比べると....

演技へた?
謎のプロット...
モーロックがナルニアの悪い奴らみたいな雰囲気だしてるw


もうなにもかも違う
残念でしかないですw
gummizuki

gummizukiの感想・評価

3.5
原作はH.G.ウェルズの小説、そして1959年の『タイム・マシン 80万年後の世界へ』のリメイク作品。主人公の大学教授アレクサンダーが自身の開発したタイムマシンで約80万年先の未来へタイムトラベルする。そこは、温厚で牧歌的な生活を送る民族「エロイ」と、野蛮で獰猛な民族「モーロック」が対立している世界であった。
映画『身代金』にもタイムマシンの描写がありまして、身代金では前者は資産家、後者は労働者みたいな例えをしていましたね。モーロックはたまにエロイを襲うというようなことを言っていましたが、本作をみるとたまにどころではなく大掛かりで襲っていましたが。そして少なくともこの映画の中では資本主義云々のそこまで深い意味はなさそうである。アレクサンダーが元の世界に戻れる機会があったのに、その場を離れずにモーロックとの戦いを選ぶところは流石アメリカ人。その先の絶望的な未来を見てしまったというのもあるのでしょう。96分という短い尺、お金はかかっているんであろうが漂うB級感、そしてモーロックの奇抜な姿形、娯楽映画として楽しめる一作ではないでしょうか(1/1鑑賞)

なんか見た事あるー!って
思いながらまた見た。
未来の生物が本当キモい。
完全SF。
nova

novaの感想・評価

2.5
80万年後の未来世界ってあんなもん?確かにあまりにも未来すぎて想像もつかない世界だけどちょっと納得いかない。タイムマシンの造形は昔ながらのポンコツマシンの方が夢があって好き。
なかじ

なかじの感想・評価

3.5
小学生くらいの時に観て印象に残ってた映画。

久しぶりに観たらこんなチープやったっけってなったけど嫌いじゃないなと。

タイムマシンっていう題名やのにそんなにタイムパラドックス要素なくて、後半は怪物(地底人)から美女を救出する映画になるのもシュールで良き。
Johnasan

Johnasanの感想・評価

1.5
観終わった後に少し考えさせられた。

「過去は変えることが出来ないけど、未来は変えることができる」っていうのが今作の本題なのかな。

こーゆータイムトラベル系の作品は突っ込んだらキリがないから余り突っ込みたくないけども、もう少し良作にできたんじゃないかって少し思ってしまう。まぁ2002年だからVFXもそこまで発達してないとか色々考えると致し方ない面もあるけど、同じ時代にハリーポッターとかロードオブザリングも出来てるんだからもっと良く出来ただろうに.....笑

今の時代にハリウッドでリメイクしたらもっといい作品ができると思う。

モーラックのブサさにジワる。

最後に1つだけ言わせてもらうと、恋人を救うためにタイムトラベルしたはずが最終的に未来の野生人みたいな女性と結ばれるって展開のせいで感動もクソも無い。

タイムトラベルしてるとは言え、主人公が最後に恋人と会ってから1ヶ月も主人公の時間では経ってないだろうにそんなすぐ心変わりするもんなのだろうか。
NESS

NESSの感想・評価

3.3
娯楽要素満載のSFタイムトラベル映画。

失った彼女を救うために過去に戻るも、ことごとく失敗。その答えを得るために研究者は未来へ。

タイムマシンはSF作品の定番中の定番のため、脚本的には特筆するところがあるわけではありません。しかし本作品で何度も出てくるタイムリープのシーンの映像には見どころがあります。タイムマシンや集落の造形もかっこいいです。

"人類の得た全知識"を網羅したAIのファニーなキャラクターもナイス。エイリアン映画的な趣もあるので、なんとなく観るのがちょうどいい映画かもしれません。
かし

かしの感想・評価

3.0
HGウェルズ作品は小説の方が好きかも。スタートレックの「長寿と繁栄を」の場面は気に入っている。面白いのに、振り切るとこまではいかなかたかな。
>|