天使が俺を追い駈けるの作品情報・感想・評価

「天使が俺を追い駈ける」に投稿された感想・評価

mingo

mingoの感想・評価

3.8
あの吉永小百合の15歳のウェディング姿が観れるだけでなく三木のり平に奪われたファーストキスも観れるんだから吉永小百合オタクには必須映画か。それよりタイトルの良さだけで5億点。井田の最高傑作「青春を返せ」並みに良い。殺し屋に自分の殺害を依頼するが殺し屋の襲撃を幸運で返り討ち、アキカウリスマキ「コントラクトキラー」と一緒の設定。またキートンやロイドのオマージュもあるのでちゃんと海外映画の研究もされており、「トップ屋取材帖」シリーズの細かい小道具や得意のサスペンス展開など裏付けされた実力が発揮されている。DVD化されてても良い1本…
神保町シアターで鑑賞。

誰も傷つかないストーリー。
人情溢れる人たちが出てきて古き良きを感じることができる。

昭和の時代を垣間見る点も面白い。
例えば、現代は元栓をひねればガスが出るがこの時代は公衆電話のようにその都度お金を払わないと使えない。
しかも部屋の中にその機会があるのに驚き。
吉永小百合かわいい
一

一の感想・評価

-
自殺志願の三木のり平が自殺しようにも自殺できず殺し屋に自分殺しを依頼するというジャン=ピエール・レオ主演のカウリスマキ『コントラクト・キラー』とおんなじ話。依頼後に運が向きまくりギャンブルで大儲けするとヤング吉永小百合が「わたしのり平さん好き」とか言い出すので小百合が金目的にしか見えない。色々あって世界各国の腕利き殺し屋に命を狙われたりし出すのり平だけど殺しの方法もたいしてケレンがなく残念。別に超面白そう!とか意気込んで観に行ってるわけじゃないからいいけど。ビルからビルへ大ジャンプのアクションの雑さには笑う。
imapon

imaponの感想・評価

3.6
殺し屋に自分の殺しを依頼するのはアキ・カウリスマキのコンタクトキラーと同様だがこちらはドタバタとバカバカしくって良い。
後半はロイド。オマージュというよりパクり。
高所恐怖症の身にはこの程度でも充分ヒヤヒヤできるよ。

清純な吉永小百合がのり平とふしだらな行為に及ぶ。エレベーター内で映らないところが清純派の限界たが、そこは逆手に取ってうんとふしだらな事を妄想しましょう。
ピンチシーンもあるけど清純派だから手ぬるい。
この役はやりようによってエロくなるのにミスキャスト。でも超可愛いよ。
神

神の感想・評価

4.3
ラピュタで鑑賞。
殺し屋に自分を殺すよう依頼する三木のり平。最終的には“世界殺し屋大会”の外国人達までもがのり平を狙うワールドワイドな展開と小道具の江戸むらさきが面白い。
カウリスマキはこれ観て『コントラクト・キラー』を撮ったとか。←嘘。