マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

絶望するしかない事件から立ち直れなくなっても人生は続いてしまうんだよ映画。ケーシーアフレックの事件前後ですっかり人が変わっちゃった演技が悲しかった。
くんま

くんまの感想・評価

2.8
長い。。。とにかく暗い。多少クスッと笑えるぐらい。そして極めつきは登場人物が似すぎていて区別がつかなくなり、感情移入出来なかった。笑
リアルすぎる映画
すごい重い話だけどクスっと笑えるところもあって
心に残る作品。
Know

Knowの感想・評価

4.5
人の数だけ人生があり
人の数だけ死がある

マンチェスター。海辺の街。海と人。海と死。
此処にいたい甥と、
此処にだけはいられない叔父。

 便利屋として有能でありながら、愛想がなく感情を表に出さないリー。無機質な繰り返しの毎日を壊したのは一本の電話だった。故郷に住む兄の死。いつか来ると知っていたその日が来たことによって彼の止まっていた時間が動き出す。

_
 わかっていることだけれども、外側からはそうとわからない人にも心の奥底に抱えているものがあったりするもんだなという。話が進んでいくにつれてわかって来る事実があまりにも辛すぎる。
 この映画のいいところは、まず映画らしくないところだと思う。感動的な画面づくりをしていない。なんだったら手撮りのMVのような気軽ささえ感じる故にふとすると近くの出来事に思える。
 あとはリー。あれほど感情を出していなかったし、病院でさえどこか放心といった風だったが、二人で車に乗ったあたりから静かな生活音がメインだった映画に会話が占めていく。
 
 最後も救いがあるようなないような。乗り越えてやったね!ではない。上手くいかない、乗り越えるには辛すぎることもある。人生って色々。

 ケイシーアフレックの細かい演技力が散見できる。電話口の次第に震えて裏返る声だとか、方針とも絶望とも痴呆のようにも取れる警察での表情とそのあとの感情の動きだとか。無感情のような中に感情をのぞかせるのがうまい。

・裾から出ているインナーがきになる
・甥っ子二股希望者もち。プレイボーイじゃの〜
・病院でティッシュくれるときに箱が来るかと思ったら二、三枚さっと渡しててなるほどね
・船に向かう桟橋の二人。足が長い。
・元奥さんの再婚相手がメガネのインテリ風イケメン&イクメン
アメリカの…映画なの……?って気持ちになる作品だった。
2回ほど少し血は出ますが、わたしが顔を背けずに見れる程度の。

画は一貫して仄暗くて、淡々としているけど、静かな生活音とたまに流れる音楽が心地よい。のだけど、過去と現在が上手い具合にミックスしながら進むので、真剣にみないと「これ…えっ………」と言葉を失うし、見入ってしまった。

しんどいものはしんどい、でも、折り合いをつけて生きていく。現在から逃げないことだけが、生き方ではないんだよなあ

登場人物8割型口悪くて、たまに笑っちゃう。でも、フ◯ックだから気分を害さない。人生ってほんとそうだもんね。
高史

高史の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

辛い話だなぁ。
話に強弱もなければ決定的なオチもないけど、過去と向き合うしんどさがじわじわと伝わってくる。故郷に戻って暮らしていく中で凄惨な思い出が甦って、それを知れば知るほど甥や故郷の人達との何気ない行動が大きな一歩に見えてきて、応援したくなる。生半可なサクセスストーリーとは違って、主人公が乗り越えられない現実を淡々と描いているから、元気付けたい時に見るものじゃないな(・・;)
ある種世代交代の物語。(すなわち良い意味での)諦めの物語。
中盤以降の甥との掛け合いが沁みてすこすこ……

過去をついぞ乗り越えられなかった弱い主人公が、それでも父親を失った甥がその不幸を乗り越えるための支えになる物語。自分はだめだけど、他人のためにならなんとか。そういうマインドを美しいとか言えないけど、とにかく無骨で優しい姿にはどうにも憧れてしまう。

主人公の乗っている車が薄汚くて、窓が若干曇っているところとか。そんなところさえいいと思える。

でも本当に身に染みてこの思いを理解するには、もう少し生きる時間が必要だなぁと思う。
私はまだ子供の、甥の目線でしか観ていない気がする。

主演のケイシー・アフレックが名演。陰のあるイケメンはそれだけでずるいよな
わこ

わこの感想・評価

3.2
わたしが洋画をあまり見ない理由に誰だかわからなくなって感情移入ができない。それの典型がこれ。すごくいい話で期待もしてたけどよくわからなくなる。でも甥っ子とのやりとりはなんか好き。直接の家族じゃないやりとりが微笑ましくなる。
momo

momoの感想・評価

4.3
リーもパトリックも感情を言葉にすることも表情にすることも我慢に我慢を重ねてるの、あまりにも見苦しくて最高だった
おじと甥っ子のお話。
過去とトラウマは一生つきまとう。
折り合いをつけることの難しさ。
全てをひっくるめた最良の選択。
>|