マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価・動画配信

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.8

あらすじ

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』に投稿された感想・評価

Jenny

Jennyの感想・評価

4.5
何年前には観たことがあるが、あの時はまだ分からなかった。空港で待つ時にもう一回観たら、涙が止まらなくて
淡々と時間が過ぎるのに耐えて、現実を言ってくる夢も見て、生きるためにコツコツと仕事をして、いや、仕事ですら救いになってくれて、父が亡くした甥に正直に、
乗り越えられない
辛過ぎる
ごめんよ
と言えたリー
良かった。
苦痛に遭った二人の抱き合いが良かった。
上野千鶴子先生が言ったように、心は本当に壊れるもの。残酷で残酷で
過去に起きた悲しい出来事から誰に対しても心を閉ざしてしまった孤独な男。
そして、病気で父を失ってしまったショックから鬱屈した毎日を送る青年。
さまざまな巡り合わせにより、静かな港町マンチェスターでともに過ごすことになったそんな二人の葛藤と悲しみの日々を淡々と綴ったヒューマン・ドラマ。

物凄く淡々としていますが、非常に見応えのある質の高い良品でした。
幾つものアカデミー賞ノミネートも納得の出来です。
特に主演男優賞を受賞したケイシー・アフレックの抑えた演技にはとても惹き込まれました。
彼が後半、別れた奥さんから伝えられる言葉には涙が止まりません。

哀しみは人生の親戚――。
そんな何処かの老作家の言葉を思い起こさせる、悲哀に満ちた人間ドラマの秀作。
ぜひ多くの方に観てもらいたいですね。
5loth

5lothの感想・評価

4.0
人の寄り添うさま。すべてを押し殺したようなケイシー・アフレックの表情から漏れ出る悲哀、苦悩、後悔。よかった。
せい

せいの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

若干納得しきれてなかったんだけど、皆の考察見てなるほどなーってなった。
確かに逃げることを悪としてないエンディングなのかも。いつの間にか私も逃げないことを強要していたのかもなー。
でも過去の主人公自分勝手すぎて駄目だったな…。奥さん体調悪いのに自分は遊びに行ってるとか、具合悪いって言ってるのにキスしに行ったり、夜中のどんちゃん騒ぎもそうだし…。
男の子は大人のことをよく見てて偉い子だなと思う。決して泣かないし弱音も吐かない。
そうさせてるのは大人なのにね。
中川

中川の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

主人公の共感性は低い。
ラストは希望を感じる終わり方だけれど、特に状況が好転する出来事があったわけでもないので、なんとも、、
酒は悪。
雪国の風景が綺麗で、回想の入れ方もうまい。飽きずに見られる。
主人公が落ち込むのはわかるけどなんかあんまり同情出来ないし(過去も現在もキャラクターに魅力を感じず)、
甥もあんまりかわい気がないし(特にハンサムでもないのにモテモテ設定が謎)、
兄が死んで地元に戻って来て色々考えた末に結論を出して終わるけど観た後に気分が良くなる訳でもないし、、
この映画で何が言いたいのか。男はつらいよ?
主人公の元妻、兄の元妻、甥の彼女等の女達もうざい嫌な部分が多めに描写されているように見えて、単純に男による男の映画なんだなと思った。
Hero

Heroの感想・評価

4.2
観る前、マンチェスターっていうからずっとイギリスかと思ってたけど、アメリカにもマンチェスターってあるのね。

終始暗いし、盛り上がるシーンとかはないけど何故かすごく観入ってしまった。
こういうのって大抵集中力切れちゃうんだけど。
何だろうあまりにも悲劇すぎるしその感情を俳優陣が上手く出してたからなのかな。

天候もみんなの気持ちを表してたのかも。最後の方の晴れるシーンはそう思った。

補足:リーがサッカー選手のベルナウド・シウバに似すぎです。
nかわ

nかわの感想・評価

3.5
脚本賞にしては盛り上がりに欠けたけど、人間描写が秀逸だった。親もっとしつけろよ!

このレビューはネタバレを含みます

リーのやってしまったことがあまりにも重すぎる、、
その後の人生に絶望して、乗り越えられないかも。

最終的には丸く収まる形になって安心。
日登猿

日登猿の感想・評価

4.2
○ 主人公の抱える問題が明らかになる構成
○ 想像を絶する過去
○ 息の詰まる田舎町
○ 回想が急に入ること多いから一瞬時系列がわからなくなる
○ 兄の弟への想いとは……
○ イギリスじゃなくてアメリカ
○ 甥っ子と伯父の距離
>|

あなたにおすすめの記事