マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

4.0

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

つまらないわけではなくとも、全く明るい要素がないつらい映画。
評判が良かったので映画館に観に行ったけど、個人的に少し好きになれなかった。
はに

はにの感想・評価

3.2
はがゆい映画。指先に息を吐きたくなるような冷たい冬。マンチェスターバイザシー、美しい街
2017 6月 鑑賞

ケイシーアフレックの演技

みんな良い人、悪い人いない
それでも事件や事故は起こって、人の人生を大きく変えてしまう不条理

終盤の彼のセリフ、
「乗り越えられない」、
それもいいし、それでもいいんだなぁと思わせてくれる
だいぶ前に見たけれど直後は上手く言葉にできず、、
だんだん明かされていく過去に、警察署でのシーンは胸が張り裂けそうだった。。。
よくある苦難を乗り越えて強く行きていく話、ではなくて、ずっと抱えていかなければやりようのない悲しみ、怒り、自己嫌悪、、の感情もあるのだなと感じた。
すごく自然で人間的な話だと思った。
気づかないけれど、そういう何か抱えた人達はきっとたくさんいるのかもしれないな。
mai

maiの感想・評価

4.3
人はとても辛いことを体験すると、昔の生活には完全には戻れない。この主人公のように性格がガラッと変わってしまうこともある。
救いとなり得るのは時間の経過と身近な人とのつながりだと思う。それらもサクッと解決してくれるのではなく、小さな積み重ねがじわじわと影響を与えて行く。周りや本人も気づかない程度の変化かもしれない。
その時はわからなくても、後で振り返ってみるとすでにどん底からは脱却していることに気づけるのかな、と思わせてくれる映画。
マンチェスターという地名、映画を観るまでイギリスと勘違いしていました。アメリカにもマンチェスターがあるのですね。

人と関わろうとせず、飲みにいけば必ずけんか。
異性からモテモテなのに、気づかないのか面倒くさいのか鈍感なのか誘いにのらない。

それもこれも過去の“アノ”出来事のせい。
折れた心は決して回復しない。そして克服もできない。
そう、克服じゃなくて折り合いをつけて生きていくしかない。
そんな大切なことを教えてくれる映画。
なの

なのの感想・評価

4.5
主人公は常に鬱々とした感情を抱えて生きていて、兄の死によりそのきっかけとなる町に帰ってくる…。

普通の映画ならばここから何か気づきがあって好転して、というような形で話運びが行くが、今作はそう簡単にはいかない。

リーの事情はとても簡単に乗り越えられるものではないし、マンチェスター・バイ・ザ・シーという町は優しすぎる。それが余計にリーを傷つけてしまう。
何かが起きてしまった後に人の優しさが痛い、というような気持ちを経験したことがあれば、この点はよく理解できると思う。
また、妻との会話や細かな仕草でそれを表すケイシー・アフレックの演技も素晴らしかった。

そして、この作品の良さはそれを白黒はっきりつけることだけが全てではないと言ってくれているところだ。
乗り越える乗り越えないではなく、前向きにはなれるのだということを教えてくれる。
鑑賞後、優しい気持ちに包まれる映画だった。
zawaoshi

zawaoshiの感想・評価

3.2
できごとに翻弄される現実感を丁寧に映している。ケイシーアフレックは、ほとんど無表情で演技するので、台詞がよく残る。
記憶は闘う相手ではなく、常に解釈される。華やかさや派手さは敢えて締め出し、風景の中に、強い現実肯定と希望が込められている。
ただただ、ひたすら暗い救いのない映画。
とんでもない失敗をしたとき、どこで自分を許せばいいのだろうか?
残りの人生、ずっと十字架を背負わないといけないのか。
思い出したら、泣きそうになってきた。
mayano

mayanoの感想・評価

3.5
なんだか切なくなる映画でした。人それぞれ悲しみを抱えながらもそれぞれの未来に向かって歩みだしていく姿が印象的だった。
>|