マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

償えない過去を持ち、故郷を捨てた男が兄の死を契機に帰郷した事で過去や周りの人間関係などを強制的に直視させられる、そんな辛い物語。
それぞれ希望を見付け、人生をやり直していくが、主人公だけが全く再生出来ない。僕自身、二児の父だから簡単に共感してしまうけど、そりゃあんな事になってしまったらその後どうやって生きていけば良いかなんてちっともわからないと思う。でも甥の後見人になる事で本当に少しづつ前を向こうとしていく姿が希望を与えてくれる。故に後味は悪くないので救われました。
doraemon

doraemonの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

とてもいい映画だったんだけど
途中まで勘違いして見てたから
もう一回みる!!!!!
画がすごくよかった!美しい
過去のリーと、現在のリー、
この演技の差がすごい
私はこの演技で色々勘違いしてしまったんだけど、それくらいスゴイ
鰯

鰯の感想・評価

4.8
初めて映画内で2度泣く

ボストンでアパートの便利屋を務めるリーに、兄ジョージが死んだことが告げられる。あることがきっかけで長らく離れていたマンチェスターに戻ると、ジョージの遺書で甥のパトリックの後見人になるよう告げられる。

結構ハードル上げて観たのに余裕で乗り越えしかも2回も泣かされるとは思いませんでした。後見人を告げられるシーンと終盤のあるやり取りで涙。
笑える場面を入れながらここまで深く刺さる物語はなかなか観られないと思いました。何かが好転するとか大きく変わる訳でもなく、それでも生きていくってこういうことなのかあ。その中でも、最初は「up to you」ばかりだったリーも少しずつ変化していたのかなと思います

ケイシーアフレック最高。機微な心の動きの表現がすごい。言葉にできない変化が伝わってくるのすごい。ミシェルウィリアムズも最高。距離感と関係の変化が観てとれてすごい。

映像もすごくて閉塞感というか、窒息しそうな苦しさが画面から溢れてくるように感じました。音楽も希望があるようなないようなかんじで少し不安にさせる。

あらゆる要素が美しかったです。満点にしなかったのは、何度も観直して自分の中に落とし込んでいきたいからです
トム

トムの感想・評価

4.5
心を閉ざして孤独に生きる男が、兄の死をきっかけに故郷に戻り、甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく姿を描いたヒューマンドラマ。

ジワジワくる映画で、引き込まれました。

主人公の過去に何が起きたかが、分かるにつれて胸が締め付けられる感じがしました。

最後に主人公が下した決断は仕方ないと思う…

ジャケットのシーンは主人公の気持ちを考えると辛いけど、相手の気持ちも理解出来る…どちらも辛い。

それでも人生は続いていく…

ゆっくりした映画ですけど、記憶に残る映画でした。

重そうで躊躇してましたが、見てよかったです(^^)
USO

USOの感想・評価

3.9
人生はやり直しがきかない。どんなに消したい過去があってもそれをなかったことにはできないし、戻ってもう一度やり直すこともできない。

でも人間は何度でもやり直せるんだよ、と。ただ人間をもう一度取り戻すには、未来を感じさせてくれる存在が必要で。なんでもいいんだけど、リーの場合は誰よりも弟を想うお兄ちゃんがそれをプレゼントしてくれたんだなーとそんなことを思ったら、リーのことがさらに愛おしく思えた。

わざわざ挿入されるいくつかの演出が最初は謎だったけど、それがあるのとないのとでは最終的に物語のトーンや伝わり方が変わってて、そこもいい。
mei

meiの感想・評価

3.9
は〜、ふぅ〜、なるほど、、
これは、、うまく言葉が出てこない。
孤独な男が過去と向き合う人間ドラマです。

登場人物の何気ない会話がなんだか楽しくて、時々生々しいほどリアルな時がある。想像していたよりもずっと複雑で重い話でした。

ラストの道でのシーンがとても好きです。
居場所があるってすごく幸せで、何気ないふうに放たれた言葉なんだけど、観ている自分まで心が少し救われた気がしました。

それにしてもケイシー・アフレック…すごいな。あの史上最悪に悪趣味なドキュメンタリー映画『容疑者ホアキン・フェニックス』の人だとは…。あの浮かれポンチは一体どこへ?

これって最初はマット・デイモンが主演の予定だったんですね!それを彼が親友ベン・アフレックの弟である仕事のないケイシーに譲ったと…。(仕事がなくなった理由はたぶん上記のドキュメンタリーのせい。笑)

それでアカデミー賞主演男優賞受賞ですもんね。期待に応えてチャンスをものにしたケイシーも素晴らしいけど、やっぱりマット・デイモンは素晴らしい(´;ㅿ;`)♡

先週末は雪山に篭っていて、まったく映画が観れなかったので、今週はたくさん観るぞ〜!
zlata

zlataの感想・評価

3.6
心の中に抱えた辛い過去。徐々にそれが明かされていきとても深い悲しみ覚える。子供達を失った辛さは警察の拳銃を奪い自殺を考えるほど辛かったに違いない。
最初のうちは思ってたより甥っ子がよろしくやってるのも複雑やろうに…

シンプルな話やけど見応えあった。
とりあえず主人公の演技が凄い。ぼくも暗い過去を背負った翳のあるイケメンになりてえ。

パトリックが良い息子で可愛らしい。顔が好み。

過去を回想方式で小出しにすることで物語に波が出来ている。辛い記憶が寄せては返す、まるでマンチェスターの海のように。

マンチェスターの風景を淡々と切り取ったカットは1回目は何も知らないので綺麗だなーとしか思わないけど、2回目に出てきた時はこれは主人公のトラウマを思い出させる景色なんだということが分かっていて辛くなる。同じような景色なのに全く意味が異なったものに見える演出が良かった。
もっと真面目に見ればよかった、!
ベンアフ弟の荒んだ感じよきでした。
>|