極悪坊主 飲む打つ買うの作品情報・感想・評価

「極悪坊主 飲む打つ買う」に投稿された感想・評価

遠藤辰雄・渡辺文雄・安部徹といった任侠映画ヴィランズに加え、味方側に待田京介や志村喬まで揃えた贅沢キャスト。
その副作用なのか、これまでの作品より明確に任侠映画のフォーマットに寄せている。
真海のキャラクターも完全に善玉化していて、シリーズ打ち止めもやむなしだ。

とはいえ、相変わらず細かい笑わせは多い。
女壺振り(八代万智子)と勝負するも、博打を見破った次のカットで既に床入りしている編集には笑った。
さらには「ドめくら!」と言われキレる了達。座頭市症候群がここにも。
シリーズ最終作だけあり、了達との対決は双方死んでもおかしくない死闘だが、やっぱりいつも通りに終わる。