極悪坊主 人斬り数え唄の作品情報・感想・評価

「極悪坊主 人斬り数え唄」に投稿された感想・評価

若山富三郎主演の極悪坊主シリーズ第二作
本当に続編的な感じで、前作ラストからの旅、菅原文太の登場など前作ありきの部分が多い
今作では終始子連れということもあってか真海の極悪坊主ぶりは控えめ、むしろ坊主ということを抜きにすればいたってまとも
前作では立ち回りに徒手空拳を中心に使っていたが、今作では冒頭から仕込み杖のようなものを持っており遠慮なく斬ります
お経をあげたり坊主らしい行動も見られず、見かけ以外はほぼお坊さんじゃないですね
今回特筆すべき点は小沢栄太郎、小池朝雄っていう稀代の悪役が揃いも揃って善玉なところ
いつもの彼らを見てるこっちからすればいつ裏切るのか、裏の顔があるんじゃ?と訝しがって見てたけど、最後までそのままでした、ある意味裏切られたみたいな
そんなこんなでなかなか楽しめました