ホット・スポットの作品情報・感想・評価

「ホット・スポット」に投稿された感想・評価

開始から約1時間、それまでヴァージニア・マドセンがこの映画のセクシーサイドを身体を張って牽引していたのに、ふいに訪れる滝壺遊泳のシーンからジェニファー・コネリーのわがままBODYが炸裂!完全に(エロ)主役が入れ替わってしまうハリウッドマジックwwwなるほど、ココがホットスポットか!ドン・ジョンソン演じるいけ好かないキャラの男がずけずけと人の懐に潜り込んで田舎町を荒らしまわるという毒にも薬にもならない話だが、監督がデニス・ホッパーと聞くとなるほどな、と思ってしまう不思議。とにかくジェニファーの身体だけは見ておいて損はないしそれだけで満足出来る映画だったりする。
テキサスの田舎町に流れ着いた男。

誘われて断わった事がない性悪女でも・・・ってプレイボーイ。

誘惑する人妻。
清楚な19歳。

所詮 性悪女には勝てません。
marumame

marumameの感想・評価

2.8
アメリカの砂漠に囲まれた片田舎にふらっとやってくるドン・ジョンソン。
その得体のしれない謎多きダンディー野郎に惚れる女2人。
これがまたぜんぜん正反対の魅力がある美人!
ヴァージニア・マドセンのビッチな若人妻がなんとも適役だった!あの女は危険だといいつつ巻かれてしまうのが男なんでしょうか……。
ジェニファー・コネリーがベッドシーンはないものの、素晴らしいすっぽんぽんをみせてくれます。
最後の最後のドン・ジョンソンの諦めたような、その地獄を引き受けたような笑みが最高。中古車屋、放火、強盗、セックス、空っぽでだらだらしていて白昼夢のようなノワール。デニス・ホッパーの表現者(作り手)としてのフェチシズム、サディストでありマゾヒスト、ネチネチしているようで実はあっさりしている。ドン・ジョンソンがウィリアム・サドラーの自宅に殴り込むシーン、銃声のあと一目散に逃げる女を追っていくキャメラ。映画は終わっても人生は死ぬまで続く。大好き。
エビラ

エビラの感想・評価

3.8
ドン ジョンソンファンはマスト。
女優陣も魅力的だしノワール物としての出来はいい。主人公が走りすぎてゲロを吐くシーンはリアルだ。
特筆すべきはサントラで、マイルスデイビスとジョンリーフッカーが夢の共演。
デニスホッパーが音楽ファンに残してくれた一つの宝だね。
TAXSEA

TAXSEAの感想・評価

2.0
雰囲気はすごく好みだったが、いまいちのれなかったなー。残念。
のん

のんの感想・評価

2.8

ドン・ジョンソン懐かしい。
ミスター・マイアミ・バイス!

流れ者の中年の浮気男と、毒を持った美しい人妻、清純で美しい若い女の思惑が絡み合う。

こんな男になんで惹かれるんだろ……って思いながら見てたけど、ラストは好き。
神

神の感想・評価

3.0
気怠い雰囲気とジェニファー・コネリーがいい。マイアミバイス久びさにみたくなった。
ジェニファーコネリーとヴァージニアマドセンがきちんとおっぱいをみせている。
地方スプラッシュ公開で羊たちの沈黙と二本立て わざわざ旧千葉劇場まで行って観たのだった。91年6月
>|