ドイツチェーンソー大量虐殺の作品情報・感想・評価

「ドイツチェーンソー大量虐殺」に投稿された感想・評価

いくら東西統一でゴタついてたからって、こんな映画撮っちゃダメだよう…
マジモンのキチガイ映画。


東から見た西の"人を食い物にする狂気"、西から見た東の"流入してくる恐怖"が交錯した怪奇作品。

シャークネード以前にこんなチェーンソー映画があったとはなぁ
うっ…おれもうソーセージ食うのやめよ…
Risa

Risaの感想・評価

4.0
ドイツ統一直後の寂れた田舎を舞台に、ドイツ東西の格差という深刻な問題を呆れるほどのバカ騒ぎに仕立てています。
しばらくは「やわらかいソーセージ」を見たり食べたりしたくないと思いました😖
ウド・キアが自身の頭を意味もなく着火しだしたり、チェンソーで2回ほど腹わたブチまけられてるのに彼女の名前を叫びながらその辺走りまわってる男(顔の特殊メイク剥がすのわろた)とか、半身を真っ二つにされてんのにいつまでもオバちゃんがおしゃべり止めなかったり(この場面の位置関係どうなってんの?)とか60分にいっぱいいっぱい詰まってて満足
菩薩

菩薩の感想・評価

4.0
東西ドイツ統一直後の社会の混乱を最も真摯に受け止め表現した作品である(嘘)。なんせ『サイコ』だったけど最高だった、ホラー映画を作りたい!なんて若者はこれと『鬼畜大宴会』を観るべきだと思う(嘘)。チェンソー大虐殺と言うわりにはチェンソー登場は開始30分後で、大虐殺の方は結局起きなかった気がするが、頭を石でかち割られても、内臓をチェンソーでエグられても、車に轢かれて胴体真っ二つに裂かれてもなかなか死なないこいつらはきっと北斗の拳のバットよりタフである。とりあえず全員ワーキャーワーキャーうるせぇだけではあるが、ウド・キアが何故か突然自分の頭に火付けたり手首切り落としたり、例のオバちゃんが車に轢かれる時に明らかに入れ替わる人形がとてもキュートだった。ヘルメットに何付けてんだか分からないデッカちゃんの元ネタみたいな奴が最終的に正気を取り戻してるとこも意味不明だったけど、たぶん劇中で唯一まともな事を言ってた気がする。そんなチェンソー振り回したら危ないよ!足切るよ!と思ったが、たぶんあれ音乗せてるだけだろうし、人形切った時に中から飛び出して来る黒くて小さな筒状の物体が全く何か分からなくて超怖かった。音楽がPOPOL VUHみたいだったし、立ちまくってるクララの彼ぴっぴがボルガー・ヒラーみたいだったし、なんか幸せな気持ちになった、二度と観ないと思う。
Sios

Siosの感想・評価

3.8
遂に統一だ。
自由だ。
混沌だ。
愉快愉快!

東ドイツから西ドイツへ大移動。美女も移動。
西はチェーンソー、東はナイフ、石ころだって使う。大量生産・大量消費の時代が到来し、全てが可能な世界。下品でぐちゃぐちゃ。

ドイツなのでソーセージはいかがですか? 
粗暴に柔らかに溢れるメッセージ性。もう全員マトモじゃない。
ROY

ROYの感想・評価

5.0
「なんでもできる時に良いも悪いもない」

「どんなものにも終わりがある。希望だけは別だが」

初クリストフ

字幕は柳下毅一郎さんがやってる

カオス、ずっと叫んでる

最前列で観てやった

統一の最初のいととき

マルギット

柔らかいソーセージ

Cafe Porsche

パパ

復讐

アートゥアー

秘密警察のブタ!

思想は自由だ

近親相姦

燃え盛る車

アナルにナイフ

肉市場
buccimane

buccimaneの感想・評価

4.5
「なんでも可能な時に良いも悪いもない」ていうのが一言で西側の化けの皮剥いでてシビれた。
序盤にコーラやマニキュアで軽く掴んどくのも良かった。
彼氏が傷メイク剥がすの爆笑。
音楽もカッコ良かった気がする。
映画なめんな!!!………いや、映画をなめてたのは俺なのか…?どうなの!?どうなってんの!?

わかんないよ!わかんないけど、ひどいよ、なんにも俺悪いことしてないのにこの仕打ち。あんまりだよ。




東西ドイツ統一時、西ドイツへと流入する東ドイツ人のうち、4%もの人間が行方不明になったという…。



その答えがこれや!!ソーセージや!!チェーンソーで殺してソーセージ!

これ以上特に何も言いたいことがない。
一

一の感想・評価

-
東西統一後のドイツのカオスに『サイコ』と『悪魔のいけにえ』(ハイテンションぶりは2に近い)から引っ張ってきたアイデアを生で即ぶちこんだ、確信犯でやけっぱちてるスラッシャー。『ユナイテッド・トラッシュ』よりは全然真面目。それにパワフル。
>|