ハイスクール!奇面組の作品情報・感想・評価

ハイスクール!奇面組1986年製作の映画)

製作国:

上映時間:51分

ジャンル:

3.4

「ハイスクール!奇面組」に投稿された感想・評価

とぉむ

とぉむの感想・評価

3.5
ごめんね、
好きなのもう一本(汗)

こちらは、

少年ジャンプに連載されてた
クセ濃い過ぎキャラ多出する

ドタバタ 学園コメディ♪

の、
アニメ化、

の、
劇場版です。

テレビシリーズのを
三話を再構成した感じかな?

声優陣もまた豪華で、

千葉繁、
玄田哲章、
塩沢兼人、

etc.
挙げ出すとキリ有りません♪

登場人物の名前が、
ダジャレに成ってるのが特徴☆

主題歌は、

当時、かなりの人気だった、
おにゃん子クラブ、からの、

うしろゆびさされ組 でしたね♪

こちらも、
フィルマにあってビツクリ鈍器☆

福田雄一 監督あたりが、
実写化してくれないだろうか??

すみません、

また次回から 普通に致します(汗)
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

2.8
東映まんが祭りより。奇面組の映画だが、テレビ3話分を放映って感じ。
一つの映画なのに3話構成。
しかも毎回OPとEDの歌が入る。これが、うしろゆびさされ組ですよ!懐っかしい!本来なら、毎回歌が入るのは変なのだが、うしろゆびさされ組という80年代カルチャー込みの作品なので、むしろアリだと思っちゃうね。

1話が夏休みの補習授業の話。自己紹介エピソードっぽくもある。
2話が臨海学校の遠泳大会。
3話が三重の塔でのカンフーバトル。原作での、憎組の五重塔のエピソードを短縮している。

個人的には、五重塔のエピソードと、水泳大会のエピソードが好きだったので、短縮しないでこれ1本で映画化して欲しかったな。
怒裸権榎道(どらごんえのみち)がカットされてしまったのが残念。

ズッコケギャグと、どつきツッコミのドタバタギャグは今見ると相当サムいが、それも80年代ムーブメントの一つと割りきろう!
若気市猿の名前がかなり好きです。(声は古川登志夫←マジュニア、諸星あたる)
Yoshishun

Yoshishunの感想・評価

3.0
80年代の週刊少年ジャンプ看板漫画『ハイスクール!奇面組』の劇場版。
特別授業、臨海学校、五重塔の3篇から構成され、東映まんが祭りの一作として上映されました。

自分、全く世代では無いですが、たまたまBOOK・OFFで立ち読みしててハマってしまい、今では3年奇面組を含めて文庫本全巻持ってるほどのファンでございます。まあ、作者の持病である腰痛が災いして、クライマックスに近づくにつれマンネリ化してしまったのは否めないですが、繰り出されるギャグや独特のネーミングセンスは世代じゃなくとも爆笑必至です。個人的には運動会やバレー大会のエピソードが特に好きです。

で、本作は上記ようなオムニバスものです。時間の都合上大分カットしているシーンもありますし、原作でも登場したあの空手部部長が大人の事情で登場しないので、少々物足りない印象ではあります。また、オリジナルエピソードである特別授業においては、教科書に対する奇面組の拒絶反応がちょっとワンパターンすぎます。

とゆーことで、気になった方は原作をオススメします。アニメもそれなりに豪華声優陣ですが、取り敢えず原作読んでください。
青二歳

青二歳の感想・評価

3.1
あぁ千葉繁さんだったか…なるほどこのハイテンション。再放送見てたのに結構忘れていた。楽しいな。
奇面組が夏休みの補修をしたり、遠泳したり、ジャッキー・チェンのパロディキャラが登場したり。
すきゃんてぃって何。
再放送を中学生の時夏休みにしてて見てた。ついでにとんちんかんと一緒にやってました。

バカみたいな内容だったけど大好きでした。体が小さくなったりするのが何とも面白かった。

うしろゆびさされ組の歌が大好きで今でも車で後ろ髪ひかれ隊も含め聞いてます。