子猫をお願いのネタバレレビュー・内容・結末

子猫をお願い2001年製作の映画)

고양이를 부탁해/TAKE CARE OF MY CAT

製作国:

上映時間:112分

ジャンル:

3.8

「子猫をお願い」に投稿されたネタバレ・内容・結末

久々の家映画。大傑作だった。私的青春映画(厳密には青春"後"映画だけど)ベスト。仲良しグループがその後の人生によって価値観がズレていく…っていうのは個人的にも体験のあることだし、そのズレが最終的に解決されないのも誠実で良かった。あと双子ちゃんの描写が少ないのもドラマに余白が出ててとても良い。
さらに映像としても、例えば浮浪者から逃げるショットでジョンが振り返るところをちゃんと写しているのとか、あるのとないのとで差が出る映像を撮れている。飛行機もいいねぇ。あとぺ・ドゥナがジヨンの家を訪れる中盤の場面で、初めてジヨンが住んでいる地域がどういうところなのかを見せるのとか、巧いなと思った。色々書いたけど、とにかく大傑作。個人的な1本にもなった。
「オノで人を殺してもあんたの味方よ」なんて言ってくれる友だちに一生のうちに出会える人間は何人ぐらいいるのだろう。
テヒがとにかく良い子なんだよなぁ。冒頭のパーティのシーンでジヨンがへジュに猫をプレゼントしたとき、プレゼントボックスの内側のジヨンが描いたパターンに気付いたのもテヒだけだったよね。ほんとはへジュにも気付いて欲しかったんだろうなと思う。
パッと見た感じは地味なんだけど、包丁のシーンのヒリヒリ感、夜のダンキンドーナツでのシーンなど魅力的な画が全編通して溢れてる。こんな素晴らしい青春映画が韓国にあるんだなぁということを知れただけでもハッピーです。
よくある設定なのにありきたりじゃない

チムチムチェリーに着メロ変えて、猫だっこしてるシーン好き

ほんまにやな女~の役がすごい
大した仕事してへんやんとか思ったり(笑)人がまだ話してるのに途中で笑いながら自分が話し始めようとしたり
チャイナ服なんか着とるからさむなったんやろ

テヒちゃんは優しいのか、他人に無責任なのか

でも仲悪すぎひん?とは思った

たらい回しにされるネコ
なんの象徴か
商業高校で仲が良かった女子5人の卒業後の関わりを綴った映画。すごく良かった!! 例えばテヒは父親の店を手伝っているが、客受けのために民族衣装を着ろと言われたり(「わたしは着たくない服は着ない」と言い換えしてはいた)、「母親になるのにタバコなんて吸うな」と言われたり。テジュの勤める会社では、「新入社員が入ると華やかになるな」という発言がたったり。現実を掬い取りつつ、それに対する「怒り」のようなものも込められている気がする。
映像として、画面を4分割して電話するシーンが面白かった。漫画かアニメのよう。メールやタイピングした文面が建物に映し出されるのも面白い。
ヘリウムガスを吸って話す場面や、誕生日を祝うシーン、宅のみのシーンなどは、とても楽しそうだった。
たぶんこの映画は、ジヨンの物語であると思う。成績も良かったのに、両親共に他界しており身元保証人がいないため、(女性が就く職業としか見られていない)経理の仕事も断られてしまう。祖父母が亡くなったあとの警察の対応とか、酷すぎる。そして、「出ても行くところがない」という言葉が胸に迫る。
テヒは、「私はオノで人を殺してもあなたの見方よ。何か利用があるんだよね。信じている」という。無休で父親から店番をさせられており、その給料分を計算して父のお店から取ってくる(強たかで好き)。そして、「一人で行くよりあなたと一緒の方が楽しいと思って」という殺し文句! 非常にシスターフッドを感じる作品でした。
オープニングとエンドロールのテキスタイルも、ジヨンの作品として使っているかのようで、とても良いです。
テヒ(ペ・ドゥナ)と、証券会社に勤めているヘジュ(イ・ヨウォン)がとても綺麗。テヒ役の人能年玲奈さんに似ている気がした。
https://umemomoliwu.com/take-care-of-my-cat