はちどりの作品情報・感想・評価・動画配信

「はちどり」に投稿された感想・評価

1994年、民主化により経済成長を遂げる韓国のソウルを舞台に、14歳の女子中学生ウニが、受験戦争、父権主義、家庭内暴力、友人関係や恋愛感情のもつれや、新任の塾講師との信頼関係の構築といった悲喜こもごもの様々な体験していく青春の日々を描いたキム・ボラ監督作品です。

女性監督キム・ボラの世界各国で賞賛された長編映画監督デビュー作で、ひとりの少女の日常を通して普遍的な青春時代の葛藤を描きます。アンビバレンスな登場人物達が日によって違う表情を見せ、確かだと思ったものが次の瞬間には消えていく様子に、青春時代によく聞いていたMr.Childrenの『NOT FOUND』を思い出します。

人生においては矛盾し合った幾つもの事がそれぞれに正しさを主張し、ようやく探し当てた安住の場所も、インターネットのURLの如く次の瞬間には無情にもNOT FOUNDになってしまいます。そんなジェットコースターみたいな浮き沈みの中で、それでも常に次の場所を求めて動き回るからこそ「生」には躍動があり、それを小さな身体で蜜を求めて絶えず跳び回る「はちどり」に例えた人間賛歌です。
あーち

あーちの感想・評価

4.6
これが長編処女作だなんて信じられない。
とんでもない才能、またも韓国から。
紙の擦れる音
スケッチブックの匂いを嗅ぐ
暖かく黄色い薄く消え入りそうな
最初のシーンドア
余白
誰の心にもするりと潜り込むような日常
先生の歌 掠れて
幸いにも尊敬できる両親の元に生まれたことのありがたみ
人の不幸は伝染する
強いものは弱いものへ
一番強いもの影響力のあるものによって組織は変わる
母の娘への関心か浮世離れ
愛されることは当たり前ではない
就職や大学賞賛される生き方
アンケート
こんな先生
階段のしたからうえから
走馬灯のように人生を振り返る
社会問題
メモ

小劇場で見る映画は没頭できて格別
埃っぽい匂いがたまらない

自由に生きること
多くを望みすぎている
マニ

マニの感想・評価

3.8
観たのは数ヶ月前。鑑賞直後はなんて書いて良いかわからなかったから少し時間を置いたんですが、結局、今もなんて書いて良いかわかりません。想うことはたくさんあったんだけどな。
moco

mocoの感想・評価

-
私は得意なことが何もない

二列前で観てるおじさんも、遅れてそっと来たお姉さんも、今まさにここにいる人それぞれが、親や友、職、病、種々のバックグラウンドを抱え社会を生きている

ウニのひと時を共有してくれてありがとう
柴芋

柴芋の感想・評価

3.6
大学生になるまでは、みんな自分勝手だよ。ただでさえ難しい友人関係に加え、閉塞的な家族の絆は重くて苦しい。それを抱えて生きていかなくてもいいって、事情も知らずに可哀想と同情しなくてもいいって、教えられる生き方の大人で居たい。
janruka

janrukaの感想・評価

3.8
なんなんやろな〜、よかったんですけど、あの紙でやりとりする時の筆記の速度とか急に当てられて英語を音読させられるくだりとか、かなり共感したし、あるあるは海を越えてもやっぱりあるあるなんやなーと感心したんですけど、なんか余白があまりにも長すぎていまいち感情移入しきれなかったんですよね
漢文の先生のさらっとしたセリフに苦しくなる、油断してたから動揺した。

序盤でバスに乗っているウニは、後ろの席で無表情、口角が下がっていて感情が感じられない。
それに対して、スケッチブックのお礼をしに先生の自宅に尋ねるときときたら、バスの前の座席に着席しとても柔らかい顔をしている。
淡い色調なだけにその後突き落とされるのが残酷。

思春期の感情にムラがあるのを描くのがとても上手。
ただ一人の先生の出合いがウニのいた環境ではとても輝いてみえたけど、いなくなった今、また日常が進んでいくのがそうだよな、そういうものだよな、と。

パンフレットも買ったが、まさかパンフレットを読んで涙を流すとは思わなかった、もう一度観たい。
ウメ

ウメの感想・評価

4.0
大きな出来事が起きるわけではないけど、時代が変わりつつある不安定な世の中で悩みを抱えながらもさまざまな出会いや経験を経て一人の少女が成長していく様子が繊細に表現されていた。
Natsumi

Natsumiの感想・評価

3.6
思春期って難しい〜。色んな人の感情が入り混じってたけど、母だけはどんな時でも味方であってくれと思った。
>|