風櫃(フンクイ)の少年の作品情報・感想・評価

風櫃(フンクイ)の少年1983年製作の映画)

The Boys from Fengkuei/風櫃來的人

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.0

あらすじ

フランスのナント三大陸映画祭で最優秀作品賞を受賞し、ホウ・シャオシェンの名が海外で広まるきっかけとなった記念碑的作品。台湾海峡上にある澎湖島の漁村・風櫃に育った3人の若者たちを主人公とする青春映画の傑作。現在は気鋭の監督としても活躍するニウ・ツェンザーが主演。

「風櫃(フンクイ)の少年」に投稿された感想・評価

ドント

ドントの感想・評価

4.2
1983年。たまらんのう………… 80年代、台湾の田舎のさびれた港町に暮らしケンカばかりしてる不良少年が、悪友と3人でほぼノープランで家出して都会へ。思春期の不安定な豊かさとその終わりを描く、ホウ・シャオシェンの自伝的映画。
驚くほどそっけなく、何の気なしに撮られたような映像ばかりなのに、その力にゆっくりとしかし確実に引き込まれていく。ケンカして逃げて都会に走りとりあえず働きながら恋をし煙草を呑み酒を飲んで酔っぱらう、そういう若い頃にしかできない無茶が、近すぎず遠すぎず、でも包み込むようにとても優しく語られる。
英題は『すべての若き日々』。かつて若く、無茶をした人にも無茶しなかった人にも、にじむように効いてしまう作品だと思う。うら寂しい港町や雑多な都会の風景、主人公たちのノボーッとした田舎モンオーラもとてもよい。別の国の映画だというのに「懐かしさ」がたまらなく胸をかきむしる。素晴らしい。よい映画です。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

5.0
‪「風櫃の少年」‬
‪初鑑賞した侯孝賢の本作は漁村で暮らす少年と彼を取り巻くワルの少年の青春を描いた作品なんだが何故かノスタルジックな気分になる。そこが侯孝賢の魅力の一つ。静寂で自然音の強調…タルコフスキーのストーカーを彷彿させるシークエンス、長回し、シンボリック。正に台湾映画の傑作だ‬。
dude

dudeの感想・評価

4.1
まだそんなに観てないがホウ・シャオシェン作品は終盤に手紙が届くイメージが強い。肉親の死であったり徴兵であったり言わば青春の最後通牒という感じか。少年たちの世界は広がったがそれは相対的に自分が小さくなることでもあり、いつまでもヤンチャな悪ガキのままではいられない。しかし出し惜しみは無用とばかりのラストはすぐ先に兵役が控えているのだとしても彼らの行く末に微かな希望を感じさせてくれる。
大越

大越の感想・評価

4.0
母と観た。
ド田舎出身のバカ息子の話。
同じくド田舎出身のバカ息子の身として、母の横で観るのは辛かった。
終わった後、横を見たら母は泣いていた。


以下備忘録
・ぶつ/ぶたれる
・ぶつ△父親→虐待の示唆
・障害として横たわる海←船が突破→物語が進む
・前を横切る女/バス→乗れない
・斜向かいの女←結局手に入らない
・田舎△蝿
・『若者のすべて』
・カラーでワイドな現実
・市井の人々に交じるラスト

クーリンチェから台湾とかの映画をよくみるよーになって見た映画です。

夏の暑さとかが伝わる

すごい面白い!って感じではなかったな

淡々と続いていく
日常的でもないけれど

男の子がチャンチェンだったらもっと楽しかったと思います。すみません。
同級生みたいな男の子たちでした。
はい。

若いっていいなーってよりは
若いなーっていう映画
画面では常に風が吹いて草木をゆらし、車やバイクが行き交い、人々は語らい、歩き走り、時には殴りあい、あるものが同じところに留まりづけるということの決してない、青春。
ゆみこ

ゆみこの感想・評価

3.2
なんにもない。なんにもないけどただふんわりとぼんやりと進んでいく時間と変わりゆく感情。その過程を青春って言うのかな。過ぎてみて、引いてみてようやくわかるというか。

ヒロインにごっそり脇毛生えてたりお父さんの顔面が凹んでたり、捌いてる魚に大量の蝿が湧いてたり生きた鳥の首を裂いてみたり、そんな汚い描写と風景が印象的で、でもそれが青春の苦々しさを表現することに一役を買っていたり。

彼らの側で過ぐるときを見届けているような感覚になった。とりわけ無為に意味を感じた作品。
菩薩

菩薩の感想・評価

4.3
「青春」と名のつくもの全てが瑞々しさを有している訳では無いし、全ての理想が叶うはずも無い、そんな事今になれば痛いほど身に染みているわけだが、それでも彼らがその瞬間に放っている若さはどんなものであっても眩しさを有しているし、誰もがかつては「なんとかなる」「どうにでもなる」なんて得も言われぬ自信に身を任せていた時期があるはずだ。性別は違えど『アデュー・フィリピーヌ』の様なその刹那、バスに揺られたどり着いた都会で揺れ動く少年達の心の機微、希望は少しずつ後悔へと色を変え、そして少年は少しずつ青年へと成長していく。早く大人になりたい少年期を経て、いつまでも子供でいたい青年期を迎え、彼らは少しずつ現実の厳しさにぶち当たって行く。それでも彼らの横にはいつでも「友人」の姿がある、だから大丈夫だ、安心しろ、少しばかり高くついた「カラーでワイドなスクリーン」の光景は、君らがタダで観ていたつまらぬ映画より心に焼き付いた事だろう。サヨナラだけが人生では無い、さらばまた会おうこそが人生であり、その手を離さなければ君らはいつまでも繋がっていられるだろう、今はただ、笑っていればそれで良い、君らにはしっかりと帰る場所がある。

2018/05/11
K's cinemaにて鑑賞

相変わらずのホウシャオシェン節炸裂

しかし、出て来る登場人物全て現地の人としか見えない

中には本当にいるかもしれないけど、基本は俳優だよね?
その見極めはさすがです

好き放題やり家族に迷惑をかけてる憎たらしい4人組が知り合いのいない土地で出会った人により大人の階段を登り始める

前半は田舎の美しい風景で暴れ回る若者
後半は都会の中で、らしくない、何かもがいているように見える若者

ホウシャオシェンの目線はこんな感じなのかなぁと思いながら観ていました。
osa

osaの感想・評価

-
わかりやすく青春映画なのにそのわかりやすさが全っ然嫌味じゃない完成度の高さ。細かいとこまでいちいち好きが溢れるよ〜は〜侯孝賢らしさのラストまで一気に駆け抜けて大好きだ〜
>|