夏時間の作品情報・感想・評価・動画配信

『夏時間』に投稿された感想・評価

食事シーンって映像っていいね

車の正面、長回し
台詞の途中でくしゃみ自然



はやく夏になればいいのに、
なんてそんな事を思いながら見てたんだけどさ。
めんどくさい事に蓋して、缶チューハイ飲みながら
あぁーー夏が始まるなあって、ぬるい空気
甲州街道沿いのアスファルト
黄味がかった外灯。
なぜかあの気だるい夏はいつも外にいるんだよ。
ラフな服着て舌っ足らずで、明日の心配してるんだかしてないんだか。

一時期とかそんな短いものではなくしばらくは浸っていた気がする。でももう跡形もなくてさ、あれはきちんと過去になっちゃったんだなー
日常系韓国映画
ラブコメの様なキラキラには無いリアルを楽しめます
弟欲しィ、、、
評価を見てビックリ。
日時生活を写しただけのどこがいいのか分からない映画だった
hiroko

hirokoの感想・評価

3.6
日常の切り取り映画。
めっちゃ広くて良い家やなーーー、
庭でとれた野菜を食卓に出す人生が良い。
二重は70万ウォンもするのか。
一家族の一夏
退屈に感じだけど、人生のリアルさつまってた気もする。
親族が亡くなったり、親の仕事が失敗したり、誰にでも起こりうる出来事を通じた忙しないようで変わらない夏
i

iの感想・評価

-
夏の昼寝って気持ちいいよね
お姉ちゃんも 弟も とても優しい子だった
あぁなんて懐かしい夏休みの空気感。韓国映画だけど、日本にも通じる雰囲気にノスタルジックな気分になる。

普通の家族のとりたてて何も起きない日常だけど、ムカつくことも甘酸っぱい思いも日々渦巻く思春期の少女と透明感のある映像が相まって、大人の私にはそれすらキラキラして見えた。お庭のたくさんの緑もいい。いかにも実家なお家もいい。なんかすべてがみずみずくて。

お父さんが車で迎えに来てくれて2人で帰るシーンの車の中のショットがなぜかすごく印象に残った。ミラー越しに顔が映るやつ。
派手な演出も無ければ過度にエモーショナルな展開も無いヘルシーな作品、けど年頃の心理描写が非常に繊細で、リアルで、ジワジワとノスタルジーにさせられる。

弟が親戚にチヤホヤされてるときのむず痒さ、警察のお世話になって頭を下げる父親に感じる後ろめたさと情けなさ、叔母さんにだけは話せる恋愛事情。
子供心の描き方があまりにも丁寧で、同じ立場になったことが無いのに「なんか自分にもあったかもしれない」と懐かしさを錯覚してしまう。

となりのトトロみたいな冒頭から既に体調が心配なお祖父ちゃんに結末がよぎってしまう。
ほぼ喋らないのにそこにいる存在感。

オクジュにとっての家族が、鬱陶しい弟や残念な父親、そして複雑な母親との関係という逃げ出したい存在だったのが、お祖父ちゃんの不在によって無理矢理にでも家族と向き合わざるを得なくなる方に向かっていくけど、それが決して残酷なものではなく、少女が一つ大人になる過程になっているのが良かった。
meg

megの感想・評価

3.0
大事件が起こるわけではない、日常を切り取る系の映画はどうしても途中で退屈になっちゃうのが正直な感想
いそ

いその感想・評価

5.0
最高の一作。
安定した空気の流れ方と兄弟や家族の繋がり。
どこにでもいる家族だけ唯一の関係性。
姉と弟の言葉遣いや言動が観ている人を連れて行ってくれる世界観が素敵すぎる。
>|

あなたにおすすめの記事