82年生まれ、キム・ジヨンの作品情報・感想・評価・動画配信

82年生まれ、キム・ジヨン2019年製作の映画)

82년생 김지영/KIM JI-YOUNG, BORN 1982

上映日:2020年10月09日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「82年生まれ、キム・ジヨン」に投稿された感想・評価

tamusan

tamusanの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

気軽に見たら、かなり重い題材で観てるのが辛かった、、

奥さんのためを思う優しい旦那さん、幸せな写真がたくさん飾られているお部屋、実家での幸せな日常、仕事にまつわるジヨンの嬉しそうな顔、
いちいち感情移入して涙出る。
でもほとんどは、女性が生きづらい厳しい現実が突きつけられてて辛くて涙出る。
久しぶりに色んな意味でたくさん泣いた映画だった。

ジヨンの温かい家族が、自分の温かい実家と重なって何度も涙が出た。。オンマのシーンは、お母さんに会いたくなってたくさん泣いた。演技すごい。。
ジヨンの家族、旦那さん、会社の同僚が皆良い人で本当によかった🥲
この題材で出てくるジヨンの外の人物は、露骨に嫌な人が多かったけど、世の中にはきっともっと良い人がたくさんいる!と信じている。
Risa

Risaの感想・評価

4.0
育休をとれば昇進・昇給できない、女性は育児をするために会社を辞めなきゃいけない、「良いよなあ女の人は家で子供育ててゆっくりできて」、女性は結婚や育児を経験するから会社の企画の選抜メンバーには選べない、「女の子なんだからご飯の準備しなさい」、就職せずに嫁にいけ、危険は目にあうのはお前が悪い、

こんな世の中うんざりだよね〜
韓国と日本のこういった男女の社会問題はそっくりだね、嫌になる、本当に2022年ですか?と聞きたいくらい
今は少しずつ変化してきてるけど、昔の人とかは「時代に合わせなきゃね」「今はこんな発言でもパワハラになるのか〜時代は変わったな〜」とか価値観が古すぎてリニューアルされてない人ばかりで、こんな社会問題に解決方法なんかない、皮肉だよね

もうすぐ始まる選挙でも、男女の賃金の格差の解決に向けて取り組むって言ったって、どう取り組むのかさっぱりよ


最後ジヨンが言ってたけど、知り合って間もない人に、自分が今までどういうことを考えて生きてきたのか、どういうことを大切にしてきたのか、どんなキャリアを歩んできて、現在どんな生活をしてるのか分からないくせに、立ち入るなよって本当。
今足りないものは想像力だよ、どんなことをしてきたのか、どんな考え方をしてきたのか、どんなことに喜んでどんなことに怒ってきたのか、少しでも相手に寄り添う力、そういった想像力があれば優しい世界になれる
バスや電車で赤ちゃんが泣いててお母さんが謝ってる姿を見るけど、そのような世界にしたのは私たち、想像力が足りない人間

もっともっと優しい世界にしたい
よかったですこの映画、考えさせられた
みー

みーの感想・評価

4.3
子育てってもっと幸せなものなんじゃないかな。
ジヨンの表情が憑依している時とノーマルとの違いがわかっておこがましいが演技に惹きつけられた。
登場人物の旦那さん以外の男の人が全員悪人で驚いた。もっと世の中にはわかっている人が、男女問わずいるんじゃないかな。
こんな女の人が生きにくい世界はもう昔の話だと信じたい。
自分のやりたいことを諦めないかつやらなければならないことを苦にならずこなしていける日々を私は過ごしたいと思った。
Yun

Yunの感想・評価

3.4
自分と重ねてしまう
やりたいことやりなさい、って言える大人でありたい
仕方ないなって割り切ってしまえば楽だけど身体への負担は蓄積されてそこからどんどん壊れていく

デヒョンとジヨンの会話シーンでいつも家事してるジヨン
これからは手伝うよじゃないよ!今やれよ!そりゃーおかしくなるわ

女の人はこうあるべきって言う像が取り巻いてて不憫でならなかった
kumiko

kumikoの感想・評価

3.7
チョンユミが特に好きな俳優さんで、コンユも好きなので鑑賞。

その国の社会問題や文化を理解していると、何を訴えているのかを深く知る事ができそう、という感想。

男女の差と、出産によって変わらざるを得ない女性の人生についてなどを描いているが、
チョンユミの祖母憑依の演技に何故か涙。


(関係ない感想だけど、映画やドラマを沢山観ていると、昔は無かったような観点での楽しみ方ができるようになってくるなぁとしみじみ思った。チョンユミの演技もコンユの演技も好き)
原作が2019年の本ベストセラー本。ジェンダーものなので何となく引っ掛かって鑑賞してみたけど、なんだか物足りない。全体のフワッとした作りが韓国映画というよりは邦画っぽいのと、子供を生んだ女性が直面するありふれた現実問題を一つ一つただ並べただけみたいな物足りなさ。「でもやっぱ子供要らないわ」って若い女性が思って終わってしまいそう。そうならないよう最後に一工夫あったけど、あれだけじゃ弱いなあ。。。「家」に嫁いで女性が苦労する文化は韓国と日本はやっぱりそっくりで、でも儒教国の本場韓国は日本の何割か増しでキツそう。一方、日本ではLGBT差別議員たちが政権与党の主流に居座ってるけど、韓国ではその辺りどうなんだろう?国家戦略として世界スタンダードのBTSを輩出してるくらいだから、LGBTの権利保護は日本よりは進んでるのかな?と、似てて非なるというよりは、非だけど激似のお隣リ韓国のことはなんだかんだいって気になるし、大陸的なカラッとした魅力のある人たちだし、仲良くしようよってホント思う。(レビューからだいぶ逸れましたー。)
主人公が可哀想な場面がいくつもあり、観てて辛かった。お母さんめちゃいい人。
育休取ったら冷遇する会社ほんまクソ。
ib

ibの感想・評価

5.0
具体的な病名出してないのすごい良いと思う 原作でもそうなのかな、また読んでみよう
コンユが普通に優しいのがまた絶妙、、「手伝う」とは???ってずっと思いながら観てた
ジヨンのお姉さん好き
お母さんも弟もそのほかにも見たことある人めっちゃ出てきた

58本目
人生な様々な、ライフイベントをこなしてきた30代の主婦。キム・ジヨン

ふと、気が付くと家事と育児に追われ、母として妻として生活を続けるようになると、時々、自分が何かに閉じ込められているような感覚におそわれる。ただの疲れだと、思っていた彼女ではあったが、実は。。

誰しもが起こりうるような、心の空白と小さな闇。

彼女を通して観えてくる社会の現実は、国は違うが他人事ではない現実を感じてしまいます。

そんな時こそ、支えてくれる周りの環境や人の優しさは大切にしないといけませんね。
>|

あなたにおすすめの記事