82年生まれ、キム・ジヨンの作品情報・感想・評価・動画配信

82年生まれ、キム・ジヨン2019年製作の映画)

82년생 김지영/KIM JI-YOUNG, BORN 1982

上映日:2020年10月09日

製作国:

上映時間:118分

あらすじ

「82年生まれ、キム・ジヨン」に投稿された感想・評価

pororonge

pororongeの感想・評価

4.0
男性は観ろ!

いまのご時世、人によっては専業主婦として生きて行くのは、いろいろ思うこともあるんだろうな。主人公は専業主婦。一方、育休を取った友達も会社と家庭の板挟みで壊れていった。
旦那がどれだけ支えるか。現代世界に生きる私たちは、絶妙なバランスでお互いを支えないと難しいんだろうな。
そのバランスが少しずつ壊れていく家庭を描いています。
出口はありませんでした。
Bamboo

Bambooの感想・評価

4.0
女性の差別ってもんは、ほとんどは悪気なんかないと思う

「息子の将来が一番大事」「息子より優秀な嫁はやっかい」と思っている年配の方は多いし
「夫の仕事を支えるのが妻の役目」「親戚の集まりで料理をするのは女性だけ」が普通だった時代を生きてきた女性たちは同じことを嫁に求める

一番心が痛んだのは、ジヨンの父親が息子にだけ漢方薬を買って、なぜ妻に怒られるんだろうって最初訳が分からなかったシーン

それだよ、それ
みんな悪気なんかない。でも悪気がなくたって人を深く傷つけるし、
「悪気はなかった」なんてなんの言い訳にも癒やしにもならない

気づかされたのは「そういう世の中だから」と諦めないことも大事だった
ちゃんと言葉に出して、おかしいことはおかしいとその都度言わなければ永遠にこの息苦しい世界は変わらない

カフェテリアのシーンでは「あんたらはベビーカーに乗って、そこらじゅう走り回ってた時代なかったんかい!」って聞き返したい
ChiiEMi

ChiiEMiの感想・評価

4.3
女性が普通に生活することの大変さ。
普通が何かわからないけど。
とにかく自分は普通じゃないというつらさ。

韓国の話だけども、日本にも当てはまると思う。
能力のある女性は、自分の能力と現状の差を憂鬱に感じる。
自分の将来についてとても考えさせられる。
Hinanoxxi

Hinanoxxiの感想・評価

4.2
トガニを見た時と同じような衝撃。
社会で問題になってるけど、
問題視されていないこと。韓国ではもっと男女差別は顕著そう。
ずっと苦しいけど、いい方向に社会が向かっていけばいいな
今の時代仕事は辞めないほうがいいよなーと思った
序盤、義母さんにキレるところは面白かった
結婚って大変だね
青猫

青猫の感想・評価

3.8
先に本を読んでからの鑑賞。韓国の話だけど自分にもしっかり刺さる内容だった。大人になるにつれ女性の立場の弱さを感じる場面に理不尽さがつのる。
この主人公の夫みたいな人が自分のまわりにどのくらいいるだろうと溜息が出る。
『82年生まれ、キム・ジヨン』(2019)

出産、子育てのために仕事を辞めた主人公が、周りが求める妻や女性としての役割と自分の間に違和感を感じ、それが理由で追い詰められていくお話です。
非常によく出来た作品で、面白かったです。
『鈴木先生』の印象に近かったな~w。

フェミニズム映画ではあるんですが、人を(例えば男性)を攻めるためではなく時代性や違和感のみを描くことで、問題を一般化させることに成功しています。黒人差別しかり、ルッキズムしかり。
旦那さんはちゃんと心配してくれるし良い人なのに、『妻を恥に感じてしまい、人に相談できない』という一面をしっかり描いているのがすごいなーと思いました。

https://youtu.be/EvfDWpRz1Gs
Kororin68

Kororin68の感想・評価

3.0
韓国「男性社会」での生きづらさを、ヒロイン、キム・ジヨンの姿から浮き彫りに。
原作を、ぎゅっと短縮した内容だけど、訴えてくるものは痛切。
普段、当たり前のように口にしている「これだから女は」とかの中傷・からかいが、そのまま画面に出るだけで、反吐が出そうになる。
盗撮、痴漢、猥談、レッテル貼り。
ひどいもんだ・・・

韓国の口の悪さは世界一だそうだけど(悪口のボキャブラリーがメチャメチャ多い)、それは弱い人、低い人に下って行く。
汚水のように、毒水のように…
それは決して「あたりまえ」「しかたがない」じゃないって、叫んでいる。
ジヨンの母が、すごく良い。
泣いて、かばって、「やりたいようにやりなさい」って言ってあげる。
この映画で、励まされる韓国女性がたくさんいますように。
日本でも、この映画で力づけられる女性や、変われる男性が、おおぜいいますように。
パピコ

パピコの感想・評価

3.8
考えさせられる映画。
女性の生き方論、フェミニズム、男尊女卑。
男女、既婚者、世代などで意見が変わると思う。
結婚、出産、育児は男性も生活変わるけど、女性は人生が変わる。けどこれが当たり前っていうこともおかしいよね。
男女共に産休育休とれる世の中を、誰もが自分の人生を謳歌できる世の中を

映画自体は嫌なやつ(男尊女卑発言)も多いけど、主人公の周りは一応みんな主人公のことを気遣ってるので温かい。特に旦那さんが素敵。
重さを感じず、ふふって笑ってしまう場面も多かった!こういうタッチで考えさせる作品っていいよね
申し訳ないくらいに刺さらなかったなぁ。
本当に自分はこういう問題に鈍いのだと猛省です。
子育てが辛いとか、ここじゃなく社会に居場所を見つけたいから、
とか何か現実逃避に見えてしまうところがあって、
この映画の本当のテーマが見えてなかったのだと思います。
>|