ダークナイト ライジングの作品情報・感想・評価・動画配信

ダークナイト ライジング2012年製作の映画)

The Dark Knight Rises

上映日:2012年07月28日

製作国:

上映時間:164分

3.9

あらすじ

「ダークナイト ライジング」に投稿された感想・評価

当時映画館に初めて一人で観に行ったな~ それくらい観たかった映画だったし、その価値もあった
三部作完結。
切ない…。内容も悲しいけど、終わって欲しくないな~ずっと続いてくれないかなと思ってしまった。
悪役が出てきて、バットマンが倒すをエンドレスで見ていたい。
そういうことならアニメは最強だなぁと思ったり、終わりがあるからこそ作品の面白味が増すのかもしれない。
バットマンは死んだと思う。だけど最後に希望を感じるシーンは、正義を忘れるなというメッセージだと感じた。
三部作全部観て良かった。完璧だった。
moonpapa

moonpapaの感想・評価

3.8
ラーズ・アル・グールの子が判明してから逝くまでの展開が稚拙って思う、ベインの終わり方もショボ!あの繊細なノーランもほんの少しだけ疲れたんだよね。
で、ヒーローって「少年の肩に上着を掛け世界の終わりではないと励ますような男」の事らしい。カッコい〜
バットマン3部作の完結。
ダークナイトから8年後、デント法により犯罪の抑制が強まったゴッサムシティで悪が返り咲き、バットマンが復活する。

バットマン映画は初で大雑把にしかキャラを知らないけど、最後は私でも意味がわかり、なるほど感があってよかった。

バットマンの人間的な成長ストーリーといった感じられ、三部作でキレイにまとまっておりました。
さすがクリストファーノーラン。時間マジックではなくても面白い。

あとバットマンの周り以外で三部作皆勤賞がいるとは思わなかったな。またいるわと思える良さがいい。
PUI

PUIの感想・評価

3.5
最後に全て繋がっていく感じが良かった。
今度は心から安らげる相手と笑えますように。
バットマンの黄昏。

-

トリロジー最終章。前作にて、トゥーフェイスの犯した闇を一身に背負う決意をしたバットマンの最期。
キャットウーマンやロビンマスクなどで世代交代を仄めかしつつ、悪側でも行われた世代交代。光と影の戦いは永遠に続く…と言われたらそりゃそうなのだが。映画として考えれば美しいのは「トリロジー」としてではなく第二作「ダークナイト」単体か。
千

千の感想・評価

-
人知れずヒーロー活動するところが好きなんよね〜暗躍する感じ

バットマンが1番好きやなあって見た時思ったけど、それは全部のヒーロー見てからよね...笑
Minami

Minamiの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

一部から連続で見ていたけど、ウェインがだんだん痩せて老いていってて、当たり前だけどそこが人生感じて良かった。

最後に花火あげて語らずも後継が育つって最高の引退。

ヴィランはジョーカーが良すぎて。

ウェインとベインの名前が聞き分けられなくてやや混乱した。
NAHO

NAHOの感想・評価

4.0
やっぱりジョーカーの登場が見たかった…

最後は本当に家族と幸せに暮らすウェイン氏でありますように!
うそやろ、!!?って3回くらい言うてた
悪も正義も紡がれてくんやって思った

さいっこう!!!
>|

あなたにおすすめの記事