ダークナイト ライジングの作品情報・感想・評価

ダークナイト ライジング2012年製作の映画)

THE DARK KNIGHT RISES

製作国:

上映時間:164分

ジャンル:

3.9

「ダークナイト ライジング」に投稿された感想・評価

さよ

さよの感想・評価

3.7
バッドマンなんか弱いし敵かわいくないしあんまりたのしくなかった。よくあるヒーロー映画って感じ。と思ったけどやっぱりおもしろかった。核兵器はダメ、ゼッタイ。アルフレッドかわいい。
ダークナイト3部作完結
最後の伏線が続きを期待してしまう自分がいた
あなん

あなんの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ダークナイトのレビューで「前作とは全く違う」と書いたけどそれをそっと訂正。
これはビギンズ、ダークナイト、ライジングの三作で一つの作品なんだ!
ラストにバットマンがゴードンに向けてヒーローとは何かを語る場面はビギンズからの壮大な伏線回収に泣いた。
牢獄脱出の際のコウモリや母の形見の真珠のネックレスなど、ビギンズからのキーを丁寧に埋め込んでくる脚本は見事。

また、ダークナイトでもフェリーのエピソードで見せていた「市井の人々が見せる勇気」を今回さらに強く感じた。
市井の人々とバットマンが互いに希望を渡し合っている。素晴らしい。

ライジングだけで良かった悪かったと評価するのは難しいと思う。そういう意味でシリーズ通しての評価として★5です。

あとなにげにバットマンは女運が悪いのだろうか… レイチェル殺されるし(しかも実はふられてるし)今作でも騙されてるし… 今度こそ幸せになってアルフレッドを安心させてやって欲しい。
K

Kの感想・評価

3.2
Memory

役者陣が豪華。
ほんとに豪華。

ひとりの男の信念と正義の物語。
次郎

次郎の感想・評価

3.3
だいたいにおいてトリロジーの3作目のが傑作になるためしなど数える程しかないのだし、そういう意味で物語を完結させるというのは思った以上に制約になるのだなと思ってしまったライジング。ラストにおける物語のまとめ方は綺麗だけど、それ故にベインの立ち位置が若干割りを食ってる感があり、前作とのジョーカーの比較を考えるとどうしても魅力が不足していたように思える。中盤におけるゴッサム・シティの惨状は前作から繋がるテーマが顔を出すかと思いきや、あっさりと流されてしまったのが残念。結局途中でバッドマン殺されずに閉じ込められた理由よくわかんなかったよね。

とはいえ、やはりバットマンの復活シーンはテンション上がったしOPのインパクトはこれぞノーランって感じ。映像や演出は悪くないはずなのに物足りなさを感じてしまうのは、やはり物語の粗が目立ってしまうのと前作との比較が故だろうか。
ジョーカー無き後の出涸らし感。
誰と戦っていたかすらよく覚えてない。
movie

movieの感想・評価

3.6
やはりダークナイトと比べると評価は下がってしまいます。ジョーカーの様に頭を使って戦うというような感じではなく、力でごり押ししている感じがあるので見劣りしてしまうのだろう。
内容もあまり記憶に残っていないので、もう一度見返そうとは思います。
hinano

hinanoの感想・評価

3.9
ダークナイト トリロジーの完結作。

新たな豪華キャストのワクワク感もありつつ、シリーズのダークなイメージを最後までしっかり貫いていて安定した面白さでした。

ラストが本当に凄く凄く良い。

ノーラン監督のバットマン、大好きなシリーズになった!!◎
MiYA

MiYAの感想・評価

4.3
機内にて鑑賞。全体として、前作に比べても、目まぐるしくスピーディな展開がなかったことが見劣りしただけかも。ストーリーは意外な黒幕がいたり、1作目と話が繋がっていたりと工夫されています。ただし細かい粗はあり(最後に孤児だけを救おうとするジョセフ・ゴードン=レヴィットがセコい。あと核爆弾を海で爆発させて一件落着はないでしょうw)

ウェインが最初から最後まで傷つきまくっていて、バットマンの活躍場面が物凄く少ないのがやや物足りないですけど、その分初登場の若き刑事(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)やキャットウーマン(アン・ハザウェイ)が活躍し、新鮮。ラストでウェインとキャットウーマンが結ばれ、ロビンの登場が示唆される。納得のラストでした。

それにしてもアン・ハザウェイのキャットウーマンよかったなぁ。ぜひスピンオフ作品が観たい!
金かかってるし、絵も作り込まれててすごいな

でも、ノーラン作品ってちょっと客観的な見方しかできないんだよなー

なんか、格式高いというか、分かりにくい印象

エンジンかかるまでに時間かかる感じが少しあったりして

まあ、面白い上の話なので…

ダークナイトと思ってみたら三部作だったのか!

また見ます。
>|