ダークナイトの作品情報・感想・評価

ダークナイト2008年製作の映画)

The Dark Knight

上映日:2008年08月09日

製作国:

上映時間:152分

4.2

あらすじ

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

ヒース・レジャーのジョーカー、そして脚本がヒーロー映画とは思えない重感を出していた傑作

他の悪役を悪く言うわけではないが、作品の最後まで100%悪に徹してくれたのはこのジョーカーくらいな気がする

悲しい過去があってとか、実は家族想いでとか、本当は弱い一面があってとか、最後はちょっと改心してとか、

そんなのいらないんだよ!

破壊し、燃やし、人の心を弄ぶ!

ルール無視での「悪の塊」が観れたのは嬉しかった



そして、作品自体とは直接関係あるかはわからないが、映画館選びにも気付かされた作品だった

ライジングの上映開始の数日前「としまえん」でこの作品を復習用としてオールナイトIMAX上映でやっていたのだが、銃声の質が全く違う!

一緒に観ていた友達と顔を見合わせて
「ヤベェなんだこの音」と言ってしまうぐらい凄かった。

本物かと思うくらい通るし、迫力がある。


今まで映画館で聴いていた銃声はオモチャかと思えるくらいの差だったので、それから作品によって映画館を変えたりもしている

あれは映画館のおかげなのか、ダークナイトのおかげなのかわからないが(多分両方)音は演技やストーリーと同じくらい大事なものなので、大事にして欲しい
Quake

Quakeの感想・評価

4.0
暗いけどしっかりしたストーリーだった
りこ

りこの感想・評価

4.0
個人的には、JOKERよりもよっぽどずーんときた。

憎しみで人はどこまでも堕ちていく。
観終わったときに心に残った絶望感みたいなものが、この映画そのものというか、
私達もまたジョーカーの掌で踊らされているのかもとすら思える。

誰かが演じているということを忘れてしまうほどにジョーカーという人格がそこにはあって、
ある種かっこよくさえ見える。
みんなが魅了される理由がなんとなくわかった気がする。
夜明け前は最も暗い
檸檬

檸檬の感想・評価

5.0
ジョーカーくそかっこいいな。
やっと観れた

やっぱスクリーンで
観たかったな〜

ジョーカー🃏が
あったから
辿り着いた映画

感無量🤡
「インターステラー」のノーラン監督作。

初めて観た時の感想は「なんか一人だけヤバい人いたよね?」だった。
クリスチャン・ベイルやゲイリー・オールドマン。数々の名優を押し退け、圧倒的な存在感を発揮したのがヒース・レジャー。白塗りのジョーカーです。

終盤まで善悪の狭間をもがいたアーサーとは違い、今作のジョーカーの笑顔には迷いがありません。
燃え盛る札束を背景に笑い転げる彼の姿を観て、本当の悪人はこういう奴なんじゃないかと若いながらに思いました。

この映画が凄いのは、役者の演技頼りではなく脚本もしっかり面白いところ。
終盤のジョーカーの長台詞!初鑑賞当時、感化されまくってめちゃくちゃ暗記に努めていました。懐かしい笑

ヒースの偉業。
ゆうと

ゆうとの感想・評価

3.3
このジョーカーかっこよかったな
>|