ダークナイトの作品情報・感想・評価・動画配信

ダークナイト2008年製作の映画)

The Dark Knight

上映日:2008年08月09日

製作国:

上映時間:152分

4.2

あらすじ

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

ヒース・レジャーのジョーカー、そして脚本がヒーロー映画とは思えない重感を出していた傑作

他の悪役を悪く言うわけではないが、作品の最後まで100%悪に徹してくれたのはこのジョーカーくらいな気がする

悲しい過去があってとか、実は家族想いでとか、本当は弱い一面があってとか、最後はちょっと改心してとか、

そんなのいらないんだよ!

破壊し、燃やし、人の心を弄ぶ!

ルール無視での「悪の塊」が観れたのは嬉しかった



そして、作品自体とは直接関係あるかはわからないが、映画館選びにも気付かされた作品だった

ライジングの上映開始の数日前「としまえん」でこの作品を復習用としてオールナイトIMAX上映でやっていたのだが、銃声の質が全く違う!

一緒に観ていた友達と顔を見合わせて
「ヤベェなんだこの音」と言ってしまうぐらい凄かった。

本物かと思うくらい通るし、迫力がある。


今まで映画館で聴いていた銃声はオモチャかと思えるくらいの差だったので、それから作品によって映画館を変えたりもしている

あれは映画館のおかげなのか、ダークナイトのおかげなのかわからないが(多分両方)音は演技やストーリーと同じくらい大事なものなので、大事にして欲しい
マナヲ

マナヲの感想・評価

3.8
題名の意味かっこよ。光をも闇に変えてしまうジョーカーが怖すぎた。ゴードンだけは染まらないでほしい。レイチェルとブルースが切ない。
まこ

まこの感想・評価

4.0
細かい描写にそれぞれの見せ場、
すべてが計算されたストーリーに
役者陣全員の渾身の演技。
バットマンというキャラクターに
人間味と深みをあたえ
ジョーカーに底知れぬ恐ろしさをくわえた
クリストファー・ノーラン監督の手腕、
こんなおもしろいバットマンは初めてだ!!

中でも、中盤、
バットマンとジョーカーの取調室での
やりとりのシーン。
ボコボコにされながらも、
楽しくて仕方ないというあの笑い方に
ゾッとしたし、ただひたすらに欲望に
忠実に動いたジョーカーの底知れぬ
悪が本当に怖かった。
というところからみても、
やはりヒース・レジャーの
狂気の演技無くしては
このバットマンは語れない!
歴代の名優が演じてきたジョーカーに
引けを取らない見事な怪演だった。
バットマン役のクリスチャン・ベールも
街を守るために自分の感情、愛する人、
すべてを捨てたはずだった
ブルースの苦悩を見事に体現していたし
デントを演じるアーロン・エッカートの光と闇の表現には目を見張った。

キャラクターがすでに出来上がってる
物語を自分なりに解釈し、新たな物語を
作るって本当に難しいことだと思うけれど
あえてキャラクター名をタイトルに入れず
新たなダークヒーローとして
生まれ変わらせたノーラン監督に
拍手を送りたい☺️👏👏
菜の花

菜の花の感想・評価

3.0
バットマンVSジョーカー。
こっちのジョーカーもかっこいいやん!この映画もジョーカーが主役かと思ってしまった笑
あ、でもハイテク技術めっちゃ駆使するバットマンも良かったわ。車かっこよすぎね笑
映画自体もめっちゃ面白かったです。
茉祐

茉祐の感想・評価

5.0
ヒースはマジで天才だと思う
bolso13

bolso13の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ただただヒースレジャーのジョーカーに圧倒された。
取調べ室でバットマンに暴行を受けるシーンが何故かとても印象に残っている。殴られた直後に一瞬だけ素の表情を挟んでニヤけた悪党の表情に戻る。一瞬の演技が、妙にリアルで鳥肌が立った。
ストーリーは、普通の映画3本分ぐらいの見所が詰まっていて、これでもか!というぐらいクライマックスが連続して途切れない感じ。
2日続けて同じ作品を鑑賞したのは何年ぶりだろうか。
到流

到流の感想・評価

5.0
完璧な映画というのはこのことを言います。
一生好きと言い続けます。
ヒース・レジャーありがとう。
くまた

くまたの感想・評価

4.4
何度見ても、ジョーカーが際立っている。

予測不能、あるいは予想しうる最悪の展開を成し続けるカオスの権化。

ヒースレジャーの徹底した(計算し尽くされた)役作りによって、
セリフや表情だけでなく、仕草や呼吸の一つ一つまでもが、観客の理性や常識を嘲笑う。

どれだけアウトローな存在であっても、ヒーローであり続けるしかないバットマンと、それに対する完全なアンチテーゼとしてのジョーカー。最後の最後までそのコントラストが素晴らしい。
ジョーカー
>|