バットマン オリジナル・ムービーの作品情報・感想・評価

「バットマン オリジナル・ムービー」に投稿された感想・評価

アノ

アノの感想・評価

2.2
わあ東映特撮みたい。
サメが食いついてるとこと極悪帝国の戦闘員がびっくり箱にふっ飛ばされて海に落ちるとこでヒーヒー笑った。
マチダ

マチダの感想・評価

4.2
サメ退治スプレーをかけてサメが退治されるのが面白かった。爆死するし。あとイルカの件も酷くて笑った。
waka

wakaの感想・評価

4.2
テレビシリーズの劇場版。
時代ごとに思い入れがあるバットマンを演じた俳優の好みは別れると思うがアダム・ウエストのバットマンは古き良きアメリカのヒーロー像。
最近のシリアスなバットマンしか知らない世代には楽しめ無いかも知れないがこのコメディタッチのバットマンはこれはこれでとても面白い。
ここまでキャラ変してしまうほどバットマンは息の長いコンテンツである。
敵キャラもジョーカー、キャットウーマン、ペンギン、リドラーと、とても豪華。
ジョーカーのキャラ含め、令和に見ると完全にコメディなんだが、出てくるマシンは全てカッチョいい。
MODS

MODSの感想・評価

3.5
真面目にサメにかじられながらサメ撃退スプレーを持って来させるし、基本的にヒーロー扱いだし、どこまでふざけてどこまで真面目なのか。
ボンバーマンに出てくるような爆弾を抱えながら走り回るバットマンは、さながらボンバーマンのようでした。
殴る時に効果音が表示される演出は好き。
たつみ

たつみの感想・評価

3.1
ダークナイトやジョーカーを称賛する人には是非観て欲しい。
きっと頭を角材でぶん殴られたような衝撃があると思います(笑)

謎のサメ撃退スプレー、高田純次みたいなジョーカー、芸人大運動会みたいな戦闘シーン、とにかく奇抜で突っ込みどころ満載でスタッフの悪ふざけとしか言えない感じが清々しくて面白かった!

凄いダサいのに、一周回って格好良く見えるメカも良かったです。
フォロワーさんより。正義のヒーローバットマンが悪を正す世の中でありたい。
ふう

ふうの感想・評価

3.8
ドゥドゥドゥドゥドゥルルル、ドゥドゥドゥドゥ、ドゥルルル
\\\\\🦇バットマーーーーン🦇/////

はあ……好き♥️

バットマンというよりヤッターマンの方が近そうなアダム・ウェスト版🦇

あまりぴたぴたしてない全身スーツにマスクの上から書いた眉が愛しい♥️
そして、その低く響く美しい声✨
真面目で紳士な出で立ち👔
優しげな目元(マスク越しでもよく見える)
からの茶目っ気たっぷりなヒーロー活動💣💥

かーわーいーいー♥️😍♥️
私は超マイケル・キートンファンですが、

ブルース・ウェイン→👑マイケル・キートン
バットマン→👑アダム・ウェスト
かなあ♥️ふふ♥️

もちろん、ヴィランたちも最高で、
ほぼ不二子ちゃんでドロンジョ様なキャットウーマン=メリーウェザー様、
笑い声が甲高くて最高にキモジョーカー=ロメロ、
キセルを噛んでぐいっと高くあげる独特の紳士スタイルがイケオジなペンギン=メレディス、
すぐholy××とか言っちゃうやんちゃでキュートでバットマンより知能指数高そうなロビン= ウォード、

そしてそして!!
我らの愛する宿敵ナゾラー!!(本作訳準拠)
演ずるはフランク・ゴーシン様👑
ギョロ目ハゲ(未遂) けたたましい笑い声
なぞなぞ予告状出しちゃう茶目っ気
ぐううぅぅかっこいいよううう♥️♥️
でっかい❔マークの全身タイツもいいけど、小さい???が大量にある緑のスーツも魅力的😆💓
みなさん『バットマン 1966 ナゾラー』で検索してね🌠


***
なんかさあ、もう出し惜しみせずに、1つの作品でこんだけみんながババババーンって出て、なんやかんやで地球は救われたのだあっ‼️みたいな実写映画見たいです、DCさん😭

マーベルに対抗せずにバットマン世界だけでめちゃくちゃ敵味方広がるから、それでもいいんじゃないかな?
ジャスティスリーグのコミックもやっぱ内輪揉め感強いしさあ…グリーンランタンは好きだけど、ひどい失敗したしさあ…

ドラマのゴッサムも見てるけど長いんだよねえ…またどこまで見たか忘れちゃったよう…😩
TK

TKの感想・評価

4.6
初めて観たのは中学の時。

この姿、無駄な動き、いちいちウケる、
アクションコメディの傑作。
nori007

nori007の感想・評価

3.0
今年で、バットマン生誕80周年となるという。戦前の作品というところが衝撃である。この映画にしても50年近く前の作品といところもすごい。

もっともだいぶ子供向けのようで、かなりコミカルなテイストなのだが登場するキャラクターは現在になっても何度もリメイクされてるキャラクターばかり。もうすでに原型は出来上がっていたのだ。

この映画を見てると、日本の戦隊シリーズにとても似ている。さまざまなマシンに乗り、コミカルな敵と戦う。もう日本の特撮の原点と言ってもいいかもしれない。

素晴らしいところは、マシンがすべて実機を改造しているところだろうか。実際に陸海空を走り、ちゃんと炎を出し、煙も本物である。なのでこうしたマシンは現在みてもカッコいい。
悪のキャラクターもすでに完成されていて、とてもコミカル。これが90年代のティム版では悪役主体の話に移行し、ノーラン版ではさらにリアルでシリアスな物語に進化している。
そうしたシリーズの原点であるのだろう。
>|