ゴーストワールドの作品情報・感想・評価

「ゴーストワールド」に投稿された感想・評価

祐希

祐希の感想・評価

-
映像も登場人物も味があって可愛い、色合いも可愛い。最後のオチはドン底のままという終わり方だけど、きっと彼女はあの街を出ていい生き方をすると思う。
sammy

sammyの感想・評価

4.1
イーニド最高に面白いコだった!

原宿を歩いてそうな、
モテより個性が大事!な、
青文字系女子ならきっと
共感できるでしょう。
それに観てて楽しめそう。
私もその1人だったから。

自己中過ぎてイライラする場面も
あったけど、笑。イーニドの場合、
家庭環境も複雑だったから仕方ない。

レベッカ(スカヨハ)のような
本音でぶつかってくれる親友がいた
のがまた良かった。
とにかくイーニドがまるで自分みたいで、前の自分ならそれを嬉しく思ってたんだけどこうやって客観的にみたら恥ずかしかった(笑)
自分やシーモアみたいなダサい(本心では自分はイケてるつもり)少数派がモテず才能や趣味を理解されにくい世界にムカついていてるから、何をするにも皮肉っぽかったり文句ばっかり。相棒の美人なスカヨハには実は嫉妬心や引け目を感じてるんだけどそれも自分のコンプレックスとか優越感でから回ってせっかくの親友に対して嫌な態度ばっかしちゃう、すごく分かるけど自分がヤな奴って気がつけないほど余裕がないんだよね、
自分が実はイケてるんだって気がどこかでしてるから。
職探しのときとか家探しのときとかいろんなとこでイーニドの子供っぽいところがみえた。
すべてがうまくいかない理由はただただイーニドが同居の勇気もない、パンクを極めきるほどの情熱もない、世に反抗する勇気もない、したいことがないってだけ それに気がついて努力するでもなし、だからこうモヤモヤする。
さすがに私はこの年でここまで文句タレじゃないけど、文句ばっかじゃなくて自分のために自分のしたいことをする努力しなきゃって反省になった。あとただのティーン向けの映画じゃなかったから良かった
okome

okomeの感想・評価

4.0
痛いのに痛々しいのに
共感しちゃうああこれわたしだ、
と思うところがあって痛い。

ソーラ・バーチが凄く良いし
ブシェミが可愛い。
G

Gの感想・評価

4.0
色々詰まりすぎて感じたこと伝えたいんだけど、どうもうまく言葉が出てこない………みんながみんな経験するかっていったら違うかもしれないけど、個人的には似たような考えがあるから共感というか、いいなって思う所が多かった。10代の頃だから全部過去形で「そうそう、そんなんだったw」みたいな。あと音楽とファッション、色の組み合わせがとてもよい!好き。
Takana

Takanaの感想・評価

3.5
雰囲気や音楽は
それなりにオシャレだけど
あんまり良さが分からなかった。

青春とか10代って確かに
こじらせて痛い目見たり
無駄に尖って空回ったりするけど
そういう人って大人になっても大概しばらく痛いままだと思うので
イーニドは変われないと思うと
ちょっと悲しくなる。知らんけど。

パンクを言い張って鼻で笑われるのも
見ててつらい。

人のことを斜めから見てバカにするようなガキはまったくかわいくなくて苦手。
それが青春だとしたらくだらない、ただかわいそうとしか見えない。
この思春期独特の痛い感じというか、かゆくなっちゃうような感じがすごいうまく表現されてると思う、このときからスカヨハかわいすぎる、、そして原作をこんなにうまく実写化できてるとこがまずすごい笑卒業式終わって2人で中指たてちゃうとことか、コンビニの変なシーンとか大好き!
ミク

ミクの感想・評価

5.0
恐らく、人生最多鑑賞してる大好き過ぎて涙出そうなぐらい愛してる作品。

高校卒業して無限大の可能性を感じ、自分の才能をどこまで大きく開花するかを期待するけど…なイーニドの気持ちが痛いぐらい共感できる。絵は好きだけど、この才能をどう活かせるのか分からず嫌でも諦めを感じて進んでいかないといけない時期の辛さ。父親の恋人を好きになれず、自分の家に居場所がなくなっていく悲しさとか刺さる。デルタブルースを好きになるセンスがたまらない。逃げたって結局何も変わらないけど、逃げ出したくなるよなー。
Husky

Huskyの感想・評価

3.7
レトロポップなビジュアルなのにシリアスな雰囲気だったり世界観が独特で面白い。
世間に牙剥きまくってる感じとか何にでも毒吐くところとかのティーン特有の青さがかわいい。
卒業式、万歳。

雰囲気がすごく好きだ。
たまにあるよね、あの「バス」に乗りたくなっちゃうこと。
>|