セント・エルモス・ファイアーの作品情報・感想・評価

「セント・エルモス・ファイアー」に投稿された感想・評価

MiYA

MiYAの感想・評価

3.0
あー、なんかこういうの知ってると思ったら、「ふぞろいの林檎たち」でしたね。しかも続編のほう。

仲良し男女グループの青春物語といった風情ですが、実は彼、彼女らは大学を卒業して社会に足を踏み出したばかりであるという設定がミソ。夢に向かって進む奴もいれば、フラフラしてる奴もいる。いまは殆ど見かけない(当時の)若手スターが勢ぞろいという感じですが、そのなかでアンドリュー・マッカーシーの好感度は高い。

しかし、いきなり「ふぞろいの林檎たち」の続編から見させられた感じは奇妙だな。前段の大学時代の話はないのかよ、と。だいたい全然共通点もないような7人がどうして仲良くなったのかな。
007ka

007kaの感想・評価

3.4
大学卒業間もない7人の学生時代からの友情とそれぞれの境遇がテーマなのだと思いますが、自分的にはあんまりピンと来ませんでした。
シリアスとそうでない部分の中途半端な印象が強かったです。
shiori

shioriの感想・評価

3.0
古いので、ありがちな青春物語です。 嫌いではないんだけど…ってかんじです。 ケビンは好き。
Miruka

Mirukaの感想・評価

3.5
ブレックファストクラブのキャスト3人が出ていてずっと気になっていてやっと見れた。80sの青春映画の雰囲気はやっぱり好き。年が同じくらいだから色々と共感できたし、仲間っていいなって思う。ケビンが誠実で優しくて一番好きだった。
王子

王子の感想・評価

5.0
なんだかグッときた。そしてデヴィッド・フォスターのテーマ曲が神曲。
dramatsu

dramatsuの感想・評価

2.2
1997年 3月13日

バブリーな80年代青春映画!
演技、内容はイマイチだけど、タイトルとジャケと音楽は良し。
これはどの年頃に見るかで印象や思い入れが違って来るんではないだろうか?若かりし時代に何か上手くいかないことが起きている時に見ればかなり心に入ってくるんじゃないだろうか?人生は苦いということを教えてくれる。
22歳。学生に戻りたいけど戻れない。友情、恋愛、仕事の話。ファッション好き。
好きな台詞「ウディ・アレンの映画を一緒に観た僕さ。」
あれ?こんなにあからさまな感じだったっけ?もっと爽やかでほろ苦い感じに記憶していた。当時は腑に落ちなかった色々が、時を経て知識を蓄えてみるとあっさり氷解。なんだー、そういうことねー。みんな若くて可愛らしくて下手くそでまさに青春。エミリオ・エステベス、デミ・ムーアら、その後の活躍と比べると楽しい。白人しかいない世界が今からすると凄い違和感。
全員すき・・・22歳、同い年、今日見てよかった、どうしよう、全員すごいすき・・・
>|