セント・エルモス・ファイアーの作品情報・感想・評価

「セント・エルモス・ファイアー」に投稿された感想・評価

かむ

かむの感想・評価

2.8
ジャケ写の雰囲気に惹かれてレンタル 🎬
もっと爽やかお洒落な青春ものかと思ってたら
割とドロっとめんどくさい感じやった 😥

学園物じゃないから、ラブ要素もちょっと大胆に感じた😥
Automne

Automneの感想・評価

4.3
友人の事故をきっかけに、仲間が再び集まる。すこしばかり手遅れの青春群像劇。
登場人物どろどろしてたり、クズだったりしていましたけど、ある意味それはそれでリアル、会話の密度が濃く、ひとつひとつのフレーズが尖っていて聞こえが良かったです。思わずふふふとなりました。
聖エルモスの火。こういうタイトルの付け方は、サリンジャーのそれと同じ香りがしたので好きですね。映画のタイトルはこうでなきゃ。
どこかで見たことある人ばっかりだなぁと思って調べてみたら、ブレックファスト・クラブとキャストがめっちゃ被ってる。きっとこの頃のトレンディ映画に欠かせない俳優さんたちだったんだな。

中盤の愛の告白台詞には、めっちゃドキッとした。うっとりするほどストレートで、羨ましい限り。

でも全体的に、ちょっとした嫌悪感とヒヤヒヤ感。
なんだか欧米系の不良の人たちを見てると、嫌悪感を抱いてしまうことが稀にある。今作はそれに当てはまってしまった、だからだ。
Ling

Lingの感想・評価

-
2019年69作目。

男女の友情はあるって思ったり、ないと思ったり。
人間関係ごちゃごちゃでよくわかりにくい。
疲れた。
ヤクしたり、愛を確かめ合ったり、パーティーしたりでけっこうアメリカ。
大学の仲間って素晴らしい。大学に入ったらこんな仲間ができるのかなぁ。
ss

ssの感想・評価

-
そんな内輪で揉めるかね!(笑)
7人しかいない世界観。
アメリカの大学生の話、得意じゃないと悟ったくせに二本続けて観ちゃう。

イケるかもと思ったけど、ぐっちゃぐちゃしすぎて疲れちゃったよ。

2019/7/27

このレビューはネタバレを含みます

アオハル。

チャラチャラしたアダルトチルドレン。
既婚者なのに女たらし。
友人の信頼を裏切るけど
女友達のピンチのときは
一番チカラを発揮したりして
憎みきれないあんちくしょう。
ロブ・ロウ✨

イケイケで尻軽で
オトナを気取っちゃいるけど
ややメンヘラ疑惑プンプン。
ビジュアル抜群だが
めんどいセクシーガール。
デミ・ムーア✨

単純なのかバカなのか
年上の女性に勝手にフォーリンラブ。
ところかまわず
一直線に突き進む
青春ひとりじめボーイ。
エミリオ・エステベス✨

2人の男を手玉にとる
なかなかやり手な女の子。
結局どちらかを選ぶことなく
平等に向き合う誠実ガール。
アリー・シーディ✨

みんなのリーダー気質。
大概のものは手に入れてるぜ!と
言わんばかりだが
軽率な浮気で彼女を失くす
しっかり者からのうっかり者。
ジャド・ネルソン✨

純情を絵に描いたような
みんなのマスコット。
一番惚れちゃいけない男に惚れて
傷ついてしまうけど
その男を憎まない素敵な女子。
メア・ウィニンガム✨

ゲイと疑われながらも
一途にひとりの女を想い続け
告ってはみたものの
思うようにはいかず。
ふわふわしてるすかした男子。
アンドリュー・マッカーシー✨


男女が7人 友達になれば
タイプは だいたい
こんなもんじゃないだろうか。

ちなみに 自分は
エミリオタイプだったような
気がする(笑)

春という季節は
毎年 必ず 巡ってくるけれど
「青」という色のついた春は
人生で一度だけ。

この映画に 若き日の
自分を重ねると
二度と戻らない 青春の
喜びや 痛みが
スクリーン越しに
よみがえります✨

「セント・エルモス・ファイアー」
まさに アオハルです😊
mari

mariの感想・評価

4.5
何かあれば飛んで助けに行ってあげたりしてくれる友人っていいな。

恋愛は全く共感できないんだけど、Kevin好きすぎる。
キュンキュンするし一瞬で惚れた。

Emilioが好きで見たけど完全にKevinにもってかれた。
BOUさん

BOUさんの感想・評価

4.5
80年代の青春!

LINEもtwitterもFacebookもGoogleも知らない時代

みんな一生懸命だった!
答えが見つからないものを手探りで何もわからず探してた!
キラキラしてたそんな時代が好きだなぁ
デミムーア全盛
:It's our time at the edge.
>|