トラック野郎 望郷一番星の作品情報・感想・評価

トラック野郎 望郷一番星1976年製作の映画)

製作国:

上映時間:100分

3.7

「トラック野郎 望郷一番星」に投稿された感想・評価

現在の整った脚本、社会に対する問題提起、ポリティカルコレクトネスのしっかりとした映画群は確かに素晴らしい。
が、たまにはこんな無茶苦茶な映画を見たくなる。

子供連れでトルコ風呂で一汗流しウンチ、勃起ネタをしつこい程に繰り返す。
当時人気の松鶴家千とせ、笑福亭鶴光、海原千里万里(若き日の上沼恵美子)をストーリー上意味もなく登場させ、挙げ句の果てにはハイセイコーまで特別出演。
このアナーキーさとカオス、下品なギャグとストレートな泣かせと爽快さ。
正に娯楽作とはこういう映画をいうのだろう。

今作のMVPは梅宮辰夫演じる北海道のトラック野郎 カムチャッカ。
そのガタイの説得力と冷凍室のバトルのバカバカしさは凄い。

オープニングのお決まりの積載量を取り締まる各地の警官。
今回は広島の警官 川谷拓三と室田日出男のガラの悪さは広島の人が怒っていいレベル。

このレビューはネタバレを含みます

続けて見てしまった3作目、予想通り面白い。今回は一番星、まさかの結婚なるかと思ったがもちろん撃沈。こっちまでがっかりしたが、ストーリー的にはフられて良かった良かった(笑)トルコに子供達と行くシーン、最高。
はきだめの鶴、ハイセイコー友情出演、(他人の)家族みんなでトルコ風呂、都はるみで盆踊り。(あと文太と当て馬のフル勃起)。ジミヘンから美輪明宏まで、梅田から難波まで、広島から北海道まで。辰夫の格好もいいけど、「America」って50個くらい書いてる文太のシャツが最も好き。
2018(21)
大熊田太郎次郎左衛門と桃次郎がケンカをしながら凍る
馬と女と桃次郎、そしてミヤギケンに捧ぐトラック音頭
(20)
仔馬を撫でながらウトウトする桃次郎からバースデーケーキの流れ、良い男すぎて泣ける
カムチャッカのトラックからの飛び降り方最高だな〜

@ Netflix
Sue

Sueの感想・評価

4.1
ドラゴンもボルサリーノもかっこいいけどそれよりも自分はカムチャッカ派。
渋い田舎大将なこの感じ。
敵役の魅力すさまじすぎるよ、、。
キャラ立ち完璧。

というか昭和スターってやっぱりほんまもんのスターだなとこの時代でも思わせるこのお方々の魅力。
時代のなせる物なのか。
規制ってよくないねってこれ見て改めて思う。

2だっけか3だっけか。こんがらがって分からんくなったけど、風俗に子供達連れてみんなスッポンポン。そして子供の前でファックしようとするしかもコメディタッチなこの演出絶滅危惧種、、というか絶滅種。


荷物届ける為に水撒くだけに北海道のトラック野郎100名近く総動員する一番星の魅力。
冷凍庫の殴り合い。
宮城縣のかませ犬感。
知らない人の葬いの為にコンサート中止する都はるみ。
自転車野郎と三輪車野郎。

3最高。
Netflixにて

冒頭、ジョナサンの子どもたちを連れてトルコ風呂に行くめちゃくちゃなシーンから鈴木則文色が出ててマジで最高です。

当て馬が出てくるシーンのフリも最高に上手いし、その後友情が芽生えたような描写も良い。

そして最後の爆走シーンはいつも以上にみんなで一致団結して迎えるクライマックス感があって手に汗握りました。吊り橋を渡るトラックのシーンも見もの。シリーズの中でもかなり好きです。
0607xxx

0607xxxの感想・評価

3.0
冒頭の子供同伴のトルコ風呂など、コンプライアンス×2とうるさい今の世の中では作れない昭和の世界観は、やっぱり最高!スケールもでかくなり、より何でもありな感じになってきたが、ストーリーとしては1や2の方が好き。最後のトラックの爆走シーンは相変わらずいい!
otom

otomの感想・評価

4.2
あまりにあり得ない事が連発する、スケールでか過ぎなシリーズ三作目。子供同伴でトルコ風呂へ行ったり等々、現代では確実にアウトな描写もレベルアップしている。カムチャッカ梅宮辰夫とのやりとりも見応えがある。島田陽子との恋に敗れた桃さんの当て馬との2ショットは切ない事この上ない。傑作。
いつものパターンの展開だが、この第3作、トラックが飛んだり、崖から落ちたり、アクションとしてのスケールは大きくなっている。一方、ヒロイン絡みのところは弱く、その点は物足りない。それにしてもいろんな人出てるねー。‬
>|