おかしな二人の作品情報・感想・評価

「おかしな二人」に投稿された感想・評価

TAMADA

TAMADAの感想・評価

-
「だから、おかしな二人のジャックレモンを見ろ」と言われ、どうせなら〜とDVDポチった。物語も最高だし、テーマソングも印象的。ジャックレモンのレモン色したポロシャツ、ウォルターマッソーの太めのチノ!あと、家の中の装飾が最高!
痣

痣の感想・評価

-
ウォルター・マッソーの顔ずっと見ていられる。でかい鼻が可愛い
汗だくの男どもが汚ねえ部屋で口っちゃべっりながらポーカーやってるのがたまらなくいい。レザボアドッグスみ
戯曲原作で画変わりが少なくともボウリングとビリヤードとピンボールのうっすらマッチカットなど所々イカした撮影もあって上質!という感じ
amelie

amelieの感想・評価

4.3
昔ながらの王道コメディ!
待ってましたの展開のエンドレスで何回観ても笑ってしまいます。
始まる時の曲の雰囲気が最高です!
Eggy

Eggyの感想・評価

4.2
三谷幸喜が尊敬するニール・サイモンが脚本。さらにウォルター・マッソーとジャック・レモンの最強のコンビが演じた映画史上に燦然と輝いた作品で、現在もなおアメリカで映画化されようとしている一本。


物語はシンプルで、
妻と離婚したフェリックス(ジャック・レモン)は絶望し、自殺を試みるが、偶然が重なり断念。
そこで、ある友人(ウォルター・マッソー)に引き止められ、同居生活が始まるという内容。

セリフ、スピード感、演出が温かった。
同居した2人の性格が正反対で、不器用なことや簡単なことでぶつかったりと人間の愛おしさをとても感じた。

悲しい話なのになぜか、ついつい笑ってしまう。
ニール・サイモンは子供のころ、家族関係に問題があり、親戚のあいだでたらいまわしになっていたという。
その悲しい過去から、笑いへ昇華させていったのかと、、、

アメリカンな映画でした。
70年代には完成されていると、ヒシヒシ伝わる。
『Barefoot in the Park』
国茶

国茶の感想・評価

3.9
こんなに笑える映画久々でした

2も是非見たいが
DVD発売してくんないなぁ
ビデオではあるんやけどなぁ
Pepe

Pepeの感想・評価

3.6
昔も今も、残念な人の定義みたいなものが変わってないんだな、と感じた笑
最初のジャズがめちゃ良い
ropi

ropiの感想・評価

3.8
中年独身男二人のおかしな同居生活を描いた楽しいコメディ作品。

ジャック・レモンの天性のすっとぼけに冷静だがズレた返しをするウォルター・マッソー。名優二人の息ぴったりのしゃべりが秀逸で、テンポもキレキレ。もはや早すぎて字幕追うのに必死。
ニール・サイモンの戯曲が下敷きになっているそうで、なるほど台詞も多くてバタバタしている。
とにかく二人が同じ画面に映ってるだけで嬉しくなる。漫才みたいに軽妙なやりとりに終始にやにやける。
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.6
自殺寸前の友人(ジャック・レモン)を居候させることにしたオスカー(ウォルター・マッソー)。いい加減な男のようでも、結構友達思いのいい人なところが素敵。
今回はマッソーよりもレモンの方が変わり者感がありました。
nutaki

nutakiの感想・評価

4.2
これ大好き。久し振りに観たいと思っても放送はおろかレンタルもなく、アマゾンでポチっと。1968年作品で半世紀前だから、古い何もかも。でもやっぱり最高だった。大好きなジャック・レモンだからそれだけで。
原作・脚本はニール・サイモン。ブロードウェーの舞台が好評で映画化されたが、ウォルター・マッソーはそのままで、相手役はレモンになった。
フェリックス(レモン)が離婚で失意の中、登場するのはオスカー(マッソー)の家に集まってポーカーしている仲間たち。オスカー含めて5人がフェリックスを心配して右往左往するのが、何とも微笑ましい。
2人は同居することになり2人のシーン、会話が長く続くが、途中で同じアパートの姉妹、最後にまたポーカー仲間が出て来る。舞台劇なので、殆どのシーンはオスカーの家の中だ。
綺麗好きで神経質なフェリックスとずぼらなオスカー、正反対の2人が繰り広げるおかしな同居生活。
大笑いすると言うよりはクスッとなり、友情にホンワカとなる。
王道のコメディでありながら、わざとらしさもなく中年男たちのドラマという感じもいい。
でも多分今の若い人には眠くなるような会話だろうなあ。中年以上限定コメディというところ。
個人的にはジャック・レモンの天才ぶりに唸るばかり。ネクタイにエプロン姿。お玉をずっと持ってるとことか、レストランのシーンとか、どれもが細かい仕草に笑ってしまう。名人芸で既にいぶし銀の域。59年『お熱いのがお好き』60年『アパートの鍵貸します』63年『あなただけ今晩は』65年『グレート・レース』と来てもうコメディで彼の右に出るものナシ状態!今作の翌年『幸せはパリで』ではカトリーヌ・ドヌーブ相手に本物のラブストーリーにも。これまた良かった。
一方のウォルター・マッソー。彼も66年『恋人を帰れ!わが胸に』でレモンと組んで以来、コンビでの映画多数。おかしなシリーズの常連。大きな体にお茶目な表情で笑わせてくれる。
ポーカー仲間も皆良いが、特に警官役のハーブ・エデルマン。頭が薄く、大柄でリーダー格。彼は何と『ザ・ヤクザ』で高倉健と共演!その後は『男はつらいよ』に出演したという日本と馴染みがある俳優。62歳の早世が残念。
この30年後を描いた『おかしな二人2』もあるのだが、DVD化されてない!これはそれほど面白くなかった記憶があるものの、やっぱり観たい。DVD化を望む、と何処に言えばいいのかなあ?
粉雪

粉雪の感想・評価

4.0
前から見たかったので、ついにポチッとな、で購入したのが今日届きました。

たまたま仕事休みだった娘と鑑賞。
もう、2人でケラケラ笑いっぱなし🤣。
可笑しかった〜😁。

舞台見ているような会話劇が最高なんだよね。
古い映画だけど、平成生まれの娘にも十分面白かった様子。

2もあるみたいだけど、どうしようかなー。
見たいなあ。
>|