ヒズ・ガール・フライデーの作品情報・感想・評価

「ヒズ・ガール・フライデー」に投稿された感想・評価

Lo

Loの感想・評価

-
“screwball comedy”
all i want to say is everyone talked too much.
that was really funny.
of course i couldn’t catch almost their words but i could understand and laugh
anyways a woman who works is really hot in this ages
you know where my favorite scene is?
it’s when Hildy, Walter and Bruse were talking at the same time. Calling, Talking Yelling, Typing... it was just such a chaos.
kagata

kagataの感想・評価

3.0
ロザリンド・ラッセルが記者魂にどうしても抗えないところはかわいい あやうい話
スクリューボールコメディだから基本喋ってるだけなんだけどたまにめちゃくちゃ決まってる画とかカメラワークとか編集とかあって全く飽きなかった。
終盤の記者室の編集がめちゃくちゃよかった。
男が上手の珍しいスクリューボールコメディ
暴力だろ、すべて 暴力が支配している
うるさかった。とにかく女がうるさい。やりとりもめんどくさい。行ったり来たり。
どうせくっつくんでしょ!って感じ。
これは昔あった「スクリューボール・コメディ」という恋愛物の一つで、恋愛コメディーという作品。ストーリーは単純なものだが、何といってもハイライトは、主役の元夫婦のマシンガントーク!全体的にこのトークシーンが主流なんだけど、これが心地いいと見るか退屈と見るか分かれる所。
昔も今もメディアの嫌らしさは相変わらずのようで、死刑制度を選挙利用に利用したり、なかなか政治的だったんだね。
思うに、現代でも欧米の死刑反対って、単に英雄気取りでいたい為のことなんじゃないかのかと疑ってしまう。
青山

青山の感想・評価

3.3

元新聞記者の主人公は、編集長の元夫と別れ、保険会社で働く男と再婚して彼の田舎へ越すことに。しかしそんな折に冤罪事件の被告の死刑執行のニュースが。死刑反対の元夫は主人公にその件についての記事を書かせようと画策し......。


というわけで、三角関係ラブコメという外枠に、冤罪事件とマスコミの内情を描いた社会派サスペンスを埋め込んだお話です。

どうも、この組み合わせが食べ合わせ悪い気がしてなりませんでした。「恋なんていわばエゴとエゴのシーソーゲームいぇーえーっへー」という諺がありますが、そんなエゴまみれの人たちに冤罪事件を云々して欲しくない!題材が重いのにノリが軽い!という違和感は常に払拭できずにありましたです。
あと、新しい男が可哀想すぎるのもつらい。いい人そうなのに妻になろうとする人が鬱陶しい元夫のマシンガン野郎に連れて行かれるの悲しい。ってかでもお前ももうちょい引止めろや!善人か!

ただ、その辺諸々の心地悪さを抜けば会話劇なのにスリリングな展開といい、とにかく喋りまくるマシンガントーク漫才はそれだけでお話にスピード感が出ちゃって一気に観れたは一気に観れました。内容はもにょるけど笑ったは笑ったので評価が難しいですね。はい。
元祖スクリューボール・コメディ。シン・ゴジラの2倍くらいのスピードで96分の間全編出演者全員が喋りまくって1秒も途切れない。マスコミのクズぶりは78年前と変わってない。というか1940年戦前の映画だぜ、これ!天才だよ、ハワードホークス!ケイリーグラントが生き生きとしてるけど、ヒロイン・ロザリンドラッセルが自立する女の先駆けで魅力的。その後、原作通りに男同士の話でウォルターマッソー、ジャックレモン主演の『フロントページ』にリメイクされたがこちらもビリーワイルダーだけあって面白い!
なんだか良く分からない女心の描き方をしている。
あまり、現実味がなく、セリフなども嘘くさい羅列に感じたが、とにかくテンポがいいので、わりとあっという間に、展開していく。

ドラマの設定事態は、面白いと思うが、現実離れしすぎている話。

マンガチックなラブコメとでも言っておこうか。

当時の評価は、どうだったのだろうか。。。

このレビューはネタバレを含みます

冒頭から最後までひたすらマシンガンのような会話劇が続く。息つく暇も抑揚もないので、面白いというより疲れる。

ヒロインが仕事の面白さを再確認したのは分かるが、ひたすらズルをする男になぜ気持ちが戻ったのか説得力がなく、矛盾したまま強引に収束した感じ。

スクリューボールコメディの歴史的資料を確認できたので、お勉強としては役に立った。
>|