デンデラの作品情報・感想・評価・動画配信

「デンデラ」に投稿された感想・評価

coroncoron

coroncoronの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

何が伝えたかったのか よくわかりませんでした。

特に クマが出てきてから ちょっと観るのがつらかった。
覚書程度のスコアです。
og

ogの感想・評価

3.3
マッドマックス怒りのデスロードかと思いきやゴールデンカムイだった…!!
ノコリ

ノコリの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

おそらくこの作品を知ったツイの仕業だと思いますが「アクションコメディ」だと思ってたのに、全く違いました。
老いと女であることを理由に、捨てられた老婆達の復讐劇。それもヒグマと雪山に阻まれる過酷なものでした。
演出の仕業か、演技のせいなのか。個人的に間延びした感はありますし、クマは特撮・ホラー慣れした今では演出的にいかがなものかと思いますけれども、「叶わない相手」の怖さは十分かと。
ラスト、無策でクマに挑んだのかと思いきや、まさかの。クマ相手に徒歩で逃げるシーンでちょっと冷めてしまったのですけれども、それでも圧巻のラストだったと思います。
投棄物

投棄物の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

山の日に因んで観ました。
filmarks内での評価が低いのあまり納得いかない。好みに合う人が少ないのかな。
正直最初は姥捨山に捨てられたババア達のどんちゃん復讐劇を想像していたので予想外に消費カロリーの高い展開に後半はずっとしんどかった。
物語には殆どババアしか出てこないが村の対立構造やキャラ造形は王道を突っ走っている。一度に色んな種類のババアが摂取出来る!
推しはマサリ。村では意気地無しと呼ばれているが、熊に怯まず矢を放ったのを見れば決して恐れてる訳じゃなく戦闘能力も十分にあるが“戦わずの人“なのが良い。
カユの「ここは地獄だ だからなんだ」という台詞から成長が見れて良かった。
雪山を走るカユと春の山を走るメイ、片目を潰された熊とマサリの対峙、幼い頃のカユが見た村に戻ってきた老女とラストで村に戻るカユ。対比的なシーンが多く存在し、印象に残った。
新たな生を得るババアの輝きとそれでも自然を前に人間は無力という現実が前半と後半に分けて激しいコントラストによって描かれている。どれだけ手を変え策を変えても結局最後まで熊を倒すことは出来ないまま物語は「どっちの勝ちだ?」というカユの問いかけで終わる。
ラストの勇ましい音楽めちゃくちゃ良かったなぁ。
みーぬ

みーぬの感想・評価

3.0
★姥捨山のその後は…虐げられ捨てられた者の執念が生んだ場所デンデラ

【注意点】
・血いっぱい
・グロ多め

【良かったところ】
・求められてきた「女」の姿を捨て必死に生きるかっこいい女たち
・倍賞千恵子さんの眼帯

【ツッコミどころ】
・熊映画だね…
・熊のクオリティ…

【コメント】
結局熊に持ってかれすぎたけど、婆たちかっこよかった。
男に作られた小さな社会の中で、弱者としていいように扱われ、自由や尊厳はなく、挙句口減らしに捨てられた女たち。人生のラストスパートで得た居場所の名前を口にしながら死んでいく姿が、切なくも勇ましくグッときた。
アイ

アイの感想・評価

3.2
見始めたら止まらない。100歳のデンデラの長”メイ”草笛光子がカッコいいのよ~♡婆しかいない村。婆のアマゾネス。70歳で小娘の世界w 姨捨山からの婆アマゾン・リリー+吉村昭「羆嵐」展開で飽きずに観れました。はねっかえりで反抗的な小娘(もう一度言うが70歳)・浅丘ルリ子が主人公で最高。女=婆しかいないデンデラという集団は、厳しい雪山でなければ憧れてしまう。あと、ヒグマは怖い。途中からB級パニック映画になりますが面白かった!!女性に薦めたい映画です。ぜひ!
日本版マッドマックスは得て妙。
個人的に最後のシーンだけで3点。
ちょっと前半ダレたかなぁという印象
yuichi

yuichiの感想・評価

5.0
大女優達の大集合でしたね!
お姐様達と村への復讐から大熊との戦い、
スリルがありました。

姥捨山伝説という、葛藤に塗れた伝説を基にしているようで、当時は口減らしをしないと生活できないレベルでの貧困だったんだなと切なくなる。
それこそ力を合わせて村を守るなんて考えられない位に辛かったんだろうな。

もしかしたら
そういう人たちの子孫になっていた訳で、
関わってもない何百年前の事も我々は背負わされているのかもしれない。
NAS

NASの感想・評価

-
全体的に正の殺意が溢れていてよかった
この世は地獄だが、それでもやりたいようにやって生きようと思える
復讐劇というキャッチコピーだが、実際は一度死んだ人間がもう一度生まれ直したことで新たに生きる目的や希望、夢を掴み直すこと(たとえ地獄でも)が主題な気がする。
ウニbonz

ウニbonzの感想・評価

1.8
雪山を最後に気づくZの香

(Z→ずっとアニメを見せられているような感覚でムズムズ長い時間を過ごした→このストーリーは何を伝えたいのか何一つ見えてこず→無駄に出演者やら豪華感もあり製作費は高そうな感じは見えたけど→ぜーんぶ無駄やんって→でもラストにやっとわかりました→これは製作費をガッツリかけたZ映画だと→無駄に何かを感じさせるパッケージも文言も全てはラストで気づかせるために→おすすめは1.7倍速くらいで見るのが良き→もう少しでC級映画を120分見せられたと泣くとこでした→雪溶けを感じる春)
>|

あなたにおすすめの記事