鬼婆の作品情報・感想・評価

「鬼婆」に投稿された感想・評価

na

naの感想・評価

4.0
怖かった……
生きる為なら手段を選ばない姑と嫁
しかし嫁がどんどん自分の元から離れていく恐怖から姑があることを思いつく
狭いコミュニティ、モノクロの粗さとススキの音、思わずゾクゾクする音楽、全て怖い。
姑の女優さん、身なり酷いけど普段はお美しい方なんだろうな
鬼や幽霊なんかよりも人間の欲深さが1番怖いよね……
青猫

青猫の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

般若のお面が取れなくなる恐怖ハンパねぇ!音楽センスも抜群!!
鬼婆が全力で追いかけてくる。。
なか

なかの感想・評価

4.2
「鬼婆」凄まじかった、、、
真っ暗な草むらの中で疾走する情欲と、真っ暗な穴の中に墜落する死。
最後の結末は思わず笑ってしまうほどの恐怖でした。凄い。
masa

masaの感想・評価

3.9
仏教説話が基になっているホラー映画
14世紀の南北朝時代末期の戦乱の世のススキ野原
戦死した息子の嫁が若い男と逢引するのを邪魔する為に鬼の面をつけて脅かす姑
映像での説明が上手くて狭い空間で物語を成立させている
ryota

ryotaの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます


戦乱の中、落武者狩りをして生きる嫁と姑。
田んぼも畑も失い、その日を飢えをなんとか凌ぐ。

倅はもちろん、近所の男達も皆、戦に駆り出される。
何が何だか分からず、大将達の都合で戦わさられる。

戦から逃れ帰ってきた近所の男、八。
八は久しぶりの日常を謳歌するも、悶々とし出す。
近所の嫁を誘い出し欲を満たそうとする。
それを知った姑が邪魔をする。

悶々としている八が暴れる様と、
夜、八に会いに走る嫁の姿が滑稽で面白い。

鬼のお面を手にした姑が鬼のフリをして夜道で娘を脅かし夜這いを阻止する。
娘を取られては、落武者狩りも出来ず生きていけなくなるので必死に守るが娘と八の関係は実ってしまう。ただ性欲を満たすためだけに、、
その様子をポツン見つめる、鬼のお面被った姑の姿がなんとも言えず面白い。


姑は鬼のお面が取れなくなり、娘に取ってくれと懇願する。
ワシらを邪魔したバチが当たったんだと大喜びをする。
なんとか取ってやるが、お面の下の顔も皮膚が剥がれ落ちていて鬼の様なかおになってしまっている。

娘は驚き逃げる。
ワシは鬼じゃない人間じゃーと娘を追いかける姑。


なんだか、人間の業を描いていて、深い作品の様にも思えるが、シュールで滑稽で面白い。
それと同時に、欲に愚直な人間達はどこかカッコよかった。
ステキな演出が多く、素晴らしい映画だった。

「どうした?」
「悲しい!!」
拘泥

拘泥の感想・評価

4.0
婆がいようが鬼がいようが鬼婆がいようが結局全く関係なくガンダッシュToファック以外知らねえその馬鹿野郎田舎もんっぷりがマジ最高。エゴにジェラスに仏様を濫用した罪はめちゃくちゃ重いぞパニッシュメントっていやそれはあまりにもめちゃくちゃ酷えよ。ショットの美しさは常に目を見張るものがあり、新藤兼人への溝口健二の多大な影響を伺える。
深い暗い 欲望の穴に落ちる


戦国時代の喧騒の中で男手を失った母娘の生きる姿と、男をめぐる憎悪の感情を力強いタッチで描いた和製ホラー、、、


生きるために手段を選ばない母娘の二人。

肉欲と食欲。そして嫉妬心。

"人間の業"と"欲望"が渦を巻く。


まるでその欲望の権化である"鬼"が、嫉妬や異性に溺れた二人に襲いかかっているように見える。

まさに暗黒界の"日本昔ばなし"みたいな因果応報の展開には思わず笑ってしまったが、恐怖心はそれを更に上回った。


ラストは一体どうなったのか。

鬼はいつでも自分たちの心の中に棲み続ける…。



難解という感じは特になく、昔の邦画やモノクロ映画に抵抗ある人でも観れるくらい見易いのでオススメ。


終盤の嫁が鬼から逃げるシーンは
「ヘレディタリー継承」でピーターが母親から逃げるシーンとしてそのまま引用されている。


セリフがない冒頭の数分間と、ススキの葉がスローで揺れる演出が特に良かった。

※一部、犬好きには辛いシーンありなので注意。



"わしは鬼じゃない、人間じゃあ!"

このレビューはネタバレを含みます

南北朝時代、落武者を殺して装備を剥ぎ取って売って暮らす姑と嫁。嫁は夫が戦で死に、生き延びて帰ってきた夫の友人と良い雰囲気になる。姑は婆なので相手にされず、嫉妬した結果、殺した侍が着けていた鬼の仮面を装着して男に会いに行く嫁の前に立ちはだかる。そのうちにバチがあたり鬼の仮面が離れなくなってしまい、嫁が割ってあげると鬼婆になっている。最後はワシは人間じゃあ〜と言いながら落とし穴に落ちて死ぬ
めり

めりの感想・評価

3.8
鬼婆になってしまう姑役の乙羽信子さんですが、白髪こそあるけど、嫁と同世代に見えるし、普通に綺麗です。曲とかすすきがサササーって感じとかで恐ろしさ 演出している所が斬新でよかったです。
Synovu

Synovuの感想・評価

3.0
記録用。2020/8/23
戦乱の中世、生活に困窮する姑と嫁は、湿原で落ち武者を殺して生計を立てていたが…。1964年作。静かで美しい画面の中、息子の友人が生還した事で沸き起こる色欲に狂う嫁と激しく妬み悶える姑。どんな時代でも刹那の性欲に抗えない業と、更に強い生への渇望。僕は遺伝子レベルで怖い。
>|