めがねの作品情報・感想・評価・動画配信

「めがね」に投稿された感想・評価

mari

mariの感想・評価

3.5
だんだん心が解れていく主人公
やさしく、穏やかな気持ちになる

梅干し食べたい
疲れた時に観る。画面を通してわたしもたそがれる。
美味しいご飯。美味しい空気。何も考えない時間。
電波のない世界。

メルシー体操クセになる。つい踊ってしまう気持ちわかる。
名前の由来はなんだろう。

萩上直子シリーズは、なるべく何も考えずぼーっと観る。
ソイル

ソイルの感想・評価

5.0
説明らしい説明もなく映像が進んでいくため、いつのまにか小林聡美演じるタエコに感情移入してしまっている自分がいた。

恐らくタエコが違和感を感じているときに見ている自分も違和感を感じ、タエコがイライラを感じているときに自分もイライラを感じていた。

その代わり、一旦タエコが島の人たちに溶け込むと自分にも島の人たちと同じ時間が流れ始めて、そこからは永遠にこの時間が続けばいいのにと本気で思ってしまう。

もう何回観たかわからないくらい繰り返し観てる映画。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.4
ミニマリストの方が勧めてた作品(vol,3)

こういう雰囲気の作品好きです!笑
主人公はなんか感じ悪くてうーんて感じだけど
空気感が好きw
沖縄の離島に行きたくなった!!!✈💭
定期的に見返したくなる大好きな映画。
1年に1〜2回見てます。
特にこれといった抑揚はないものの、とてつもない魅力が秘められた作品。
私もかき氷食べたい。
とにかくあの島へ行って朝起きたら綺麗な浜辺で体操をして、梅はその日の難逃れって言いながら梅干しを食べたい!!!
なんも起こらないのに全然飽きない映画。
さくらさんのチャリの後ろに乗るシーンと、黄昏ながらかき氷を食べたい。
時間と心に余裕がなくなったらもう一度観よう!笑
まるり

まるりの感想・評価

3.0
かもめ食堂のスタッフが再集結して作った映画。
この映画にもまた何とも言えない癒し効果があった。
出てくるご飯全てが美味しそうだった。

常識にとらわれない生き方っていいなぁ。
日々の生活に疲れてる人、ストレスを抱えて爆発しそうな人におすすめ。
心地いい映画だった。
自由でゆるい。

なんで題名がめがねなのか、彼らは一体何者なのか、置き去りのスーツケースはどうなったのか、めるしー体操は何に対するめるしーなのか、浜辺で転がっていた毛糸の編み物は砂まみれじゃないのか、黄昏れが本来の意味で使われていない、、、

そんなことどうでもいいんだろうなぁ。
まろ

まろの感想・評価

4.2
かもめ食堂のときとは違って、今回は徐々に考え方が変わっていく展開で新鮮だった。

理由がなきゃいけませんか、っていうのがすごい良かったなあ
DVD📀所有。荻上直子監督作品。サイド鑑賞。春にタエコは飛行機である島へ、携帯電話が通じない島。たどり着いたのは民宿ハマダ。朝からメルシー体操。かき氷しか売っていない海の家。謎の女性さくら。観光する場所も無く黄昏るだけ。そんなこんだで別の民宿マリンハウスに移動するが…オーナーの森下に薬師丸ひろ子。また民宿はまだへ。そこへ編集者のヨモギが…さくらさんのかき氷。そんな中タエコは黄昏る事に慣れていき何かを悟ってゆく。ゆったりとした時の流れにメガネ族はお互いに無くしたものを取り返していくように生きていく。
>|