リトル・フォレスト 夏・秋の作品情報・感想・評価・動画配信

「リトル・フォレスト 夏・秋」に投稿された感想・評価

とても趣深い作品で温かい気持ちになった 自分、人混み疲れしてるな、、、、韓国版も気になる〜 ジャムめーっちゃ美味しそうだった!! 1時間ごとに季節が移っていくの、風流だな
雰囲気めっちゃ好きな映画
1人で生きていくのすごい
自炊するかあー
ひろや

ひろやの感想・評価

4.6
日本の風情ある映画!
とても癒された!

今年は渋皮煮挑戦しよう😊
ゆうたは「都会の人の言葉は本物じゃない」とか言ってるけど、田舎暮らしじゃないこちらからしたらその価値観はもはやだいぶウザいんですよね。都会の人たちだって、薄っぺらい言葉で日々の人間関係を凌がないと生きていけないんだよ。

料理はおいしそうでこういう生活は憧れる。

「人に殺させといて殺し方に文句つけるような人間にはなりたくない」って都会的な動物愛護とかへのカウンターになるセリフなのかな〜。
なんとなく、生活が乱れているなぁと感じるときに見る映画


まず、切り口がすき
春夏秋冬ではなくて、
夏秋、冬春で切り分けているところ

田舎暮らしは美しいだけではない
目に見えるものも見えないものも含めて怖いことがたくさんある

若い女の子があんな家に
夜一人で暮らすことなんてあるのだろうか
男の人とだめになった、という理由で
ひとりでチェーンソー持てる?田んぼ耕せる?
それをなぜ周りはニコニコと受け入れている?

ゆうた、彼の意思はかっこいいし
実際にそう感じて
地元に帰る人も居ると思う。
そう考えると、
都会にいる意味を感じられなくなり
逃げ帰る人も居るのだろうなと思う


日本の四季の美しさは
この面倒くささがあってこそなんだと思うんだ
あまの

あまのの感想・評価

4.5
癒される〜〜〜マイナスイオンが脳みそに染み渡るぜ〜〜〜

数年前に読んだ漫画も、この映画も、退屈すぎて寝ちゃったけど、今は違う!癒されるし、からだが求めている〜
編集も気持ちが良いし、季節ごとに1時間ずつまとめてあるのも整いがいい
はやく冬春みたいな

dishも勉強になります!
橋本愛、たくましくって美しいな〜

来年はきゅうり育ててみたいな!


以前、あけびの蔓でできた篭をメルカリで買ったんだけど、見た目が可愛いのと頑丈そう!ってだけでポチッと。この映画で『えー!あけびってこんな木になってんのかー!』って知って、そのときユウ太の声が聞こえてきたよ。
wato9000

wato9000の感想・評価

4.0
『胃の中の蛙という生き方。』
うーん好き!ファーストショットで完全に好きな映画だなと思ったんだけどずっと見てられる系映画としてかなりよかった。料理とそれを作るプロセスが視覚的にも内容的にも面白すぎる。

もともと橋本愛さんが大好きっていうのもある。
橋本愛さんほんっっっっと魅力的な女優さん。田舎街の雰囲気とその生活に綺麗に溶け込んでいた。

ナレーションが多くドキュメンタリータッチで描けるんだけど橋本愛さんの声が本当に綺麗で聴き心地が良かった。

人生で一番副交感神経と五感に効く映画だった。
田舎街の音一つ一つがなんとも郷愁を掻き立て、美しい風景が目を浄化する。そんな感じの作品だった。四季をテーマにした作品なのでその変化の様子も見事に捉えていた。夏の深緑の風と秋の黄金色の風、この両方が美しく癒された。

三浦貴大のキャラクターの会話には考えさせられた。現代の既存の価値観に一石を投じるような作品は大好きなのであそこでだいぶ株が上がった。
まだ冬、春見てないからわからないが『胃(井)の中の蛙』という言葉が少しポイントになりそう。

上京をして〜とかが一般的な価値観としてまかり通っているが田舎街に戻った主人公の生活には濃密さと羨望を感じてしまった。『胃の中の蛙』で何が悪い?って思った。

この映画の嫌いだったところは、映画的ストーリーが動き出す時にナレーションはいらないかなと思った。ドキュメンタリータッチで進む作品なのでそこにナレーションが組み込まれるのはいいが、映画的なストーリーが動き出す時は少し邪魔に感じた。そこの切り替えがハッキリできていたらだいぶ評価は上がった。


全体的に静かで大人しい作品を好む人にはかなりおすすめできる。大きな展開がないと映画を見れない人には全くお勧めできない。













軽くネタバレ⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️⚠️
この映画のめちゃくちゃ好きなところは鴨の解体シーン。ここで鴨の解体というかなり生々しいシーンをしっかり描くことによって映画全体のメッセージ性や描きたいことが引き締まっていたと思う。

自然の摂理や循環、生命とどのように向き合うのか。食と生きるということへのフォーカス。そういった作品全体のテーマがかなり刺さった。


冬、春でどのような答えが出るのか非常に楽しみ。
め

めの感想・評価

4.0

ポスタービジュアルが天才。
そして橋本愛ちゃんかわいすぎる、、、バッチリ濃いメイクの印象が強かったけどすっぴんレベル最高峰すぎる、、

圧倒的美女×田舎は最強なんよ、、

実際の暮らしはもっと大変で美しいばっかりじゃないと思うけど映画では綺麗なところ、丁寧なところだけクローズアップしててそれでいいし、それだからよかった

愛ちゃんのナレーションも料理を作るときの音も自然の音もとっても良かった
五感で楽しめるような映画だなあ
yuzuka

yuzukaの感想・評価

4.0
・木になったグミの実を取ろうとするけど届かない
・煮詰めは水に落とす
・ジャムの瓶に映る顔
・蝶々目線
・トマトは強いけど弱い
・夏の雲から秋の雲に変わる
・アケビの実を採るのは大人になると怖い
・種は口から庭に飛ばす
・空を飛ぶ苗と稲
・釣られた瞬間の岩魚目線
・栗のイガは長靴で取り出す
・渋柿の咀嚼音
・干し芋とコタツとストーブ
・干し芋は藁に括って干すと寒さを耐え忍べる
・合鴨農法
・間引きをサボったにんじん畑の雑草をかき分けた先に見える橋本愛
・塩を少々

永遠に見てられる…
たろ

たろの感想・評価

3.5
質の良い映画。『面白い!』という映画ではないが、衣食住の大切さを感じさせてくれる素敵な作品。プライベートを後回しにしがちなアラサー世代が見たら、丁寧に生きようときっと泣ける。
>|