しゃぼん玉の作品情報・感想・評価

しゃぼん玉2016年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:108分

4.0

あらすじ

親の愛情を知らずに育ち、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人(林遣都)。人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマ(市原悦子)を助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになった。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、伊豆見の荒んだ心に少し…

親の愛情を知らずに育ち、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人(林遣都)。人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマ(市原悦子)を助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになった。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、伊豆見の荒んだ心に少しづつ変化が訪れた。 そして10年ぶりに村に帰ってきた美知(藤井美菜)との出会いから、自分が犯した罪を自覚し始める。 「今まで諦めていた人生をやり直したい」 ――決意を秘めた伊豆見は、どこへ向かうのか…。

「しゃぼん玉」に投稿された感想・評価

いつみ

いつみの感想・評価

4.3
可愛いおばあちゃんに癒されました。

全てを包み込んでくれるような「ぼうはええ子じゃ」って優しい響き、笑い方、宮崎弁、ほんとに温かくて癒された。

おばあちゃんっ子な私は涙腺刺激されまくりでした。

普段は自分では思いつかないような予想外な展開やら芸術性を映画に求めてしまうのに、ストレートに予想どうりな物語の優しさが心に沁み渡ります。

帰る場所があるって、温かいなぁ。
うちのおばあちゃんにもずっとずっと元気でいてほしいです。
ひろ

ひろの感想・評価

3.8
罪悪感との葛藤が痛い(´;Д;`)あれだけの優しさに包まれたら泣きたくなるだろう、すぐ小突いてくるおじさんカッコいい。そしてロケ地が素晴らしすぎる!心が洗われる秀作。
たかし

たかしの感想・評価

3.9
これはおすすめです!
観る前から何故か「あん」をイメージしていましたが、観終えた今の心の"穏やかさ"は「あん」のそれに通じるものがあります。
暖かくて、とても優しい物語です。

市川悦子の声だけで素朴な感じなのに、さらにその声で宮崎弁(?)をゆったりと静かに話すもんだから、物語全体が母性特有の"優しさ"に包まれた仕上がりになっていたと思います!
そこら辺のイメージが「あん」の樹木希林と被ってるのかなぁ!
今まで邦画はなんとなく苦手だったけどこの作品が邦画の良さを教えてくれた。特におにぎりを落とすシーンはすごい好き。
rina

rinaの感想・評価

4.3
ぼうはええ子。ええ子じゃ。
っていいながら
頭くしゃくしゃにされるシーン
本心でそんなことゆわれたら
嬉しさと罪悪感で泣きたくなる
人を変えるのは人の温かさなんだなと
邦画ってやっぱりいいなー
いい映画だった
Kaz66

Kaz66の感想・評価

3.9
当店の『心感本コーナー』(内輪ネタですいません)拠出タイトルなので観てみました。舞台は宮崎県椎葉村です。
林遺都の繊細な演技と、純度100%の市原悦子のセリフ「ぼうはええ子じゃ」、そして椎葉村の美しい風景、が心に沁みます。
で、ラストの秦基博の『アイ 弾き語りver.』がそれまでのシーンを思い返し胸を刺すように響きます。
邦画の良さを凝縮したような美しい映画でした。
具視

具視の感想・評価

4.0
レンタルにて。

この話は凄く好きだな。その後がどうなるか気になりつつも。暖かい話だった。

秦基博のエンディングに泣けた。
Husky

Huskyの感想・評価

4.5
もう話の展開もよくて、市原悦子と林遣都の演技もすごくて、宮崎の風景も素晴らしすぎて。。
ほんまに全てが美しく心が浄化される気分だった。
日本の良さを再認識させてくれる最高に好きな映画。
ぴー汰

ぴー汰の感想・評価

4.0
林遣都と市原悦子がすごい。
スローな物語だけど退屈にならず、じんわりと溶け込んでくる。
邦画の説得力は、ここ。

あっけらかんと「ぼうはええ子じゃ」って、してほしいだけ。
あのシーンを反芻するだけで何度でも泣いてしまう。
「ぼうはええ子 婆ちゃんがよぉく知っとる」

いっぱい悪い事して傷つけて、それなのに一度助けた知らないおばあちゃんにそんな事言われたら。。。

しかも、事あるごとに何度も何度も。

それって、たまりませんね。

おばあちゃんちに居候しながら、少しずつ変化していく翔人の気持ち。

「みんななんでこんなに優しいのかな」
って疑問に「あなたが優しく接するからよ」って。

当たり前かもしれないその言葉に、改めて「あぁ、そっかぁ」と感心。
(感心してるようじゃマズイ。。)

人の優しさ、あったかさがたくさん詰まった作品です。

ラストの秦基博の曲、あれ良かったなぁ(*´∀`*)
>|