しゃぼん玉(2016年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:108分
    監督
    東伸児
    脚本
    東伸児
    原作
    乃南アサ
    キャスト
    林遣都
    相島一之
    藤井美菜
    綿引勝彦
    市原悦子
    あらすじ
    親の愛情を知らずに育ち、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人(林遣都)。人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマ(市原悦子)を助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになった。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、伊豆見の荒んだ心に少しづつ変化が訪れた。 そして10年ぶりに村に帰ってきた美知(藤井美菜)との出会いから、自分が犯した罪を自覚し始める。 「今まで諦めていた人生をやり直したい」 ――決意を秘めた伊豆見は、どこへ向かうのか…。

    「しゃぼん玉」に投稿された感想・レビュー

    MoeSato
    MoeSatoの感想・レビュー
    19時間
    4.2
    記録

    17/パリ行き飛行機にて
    えんさん
    えんさんの感想・レビュー
    4日
    4.0
    親の愛情を知らずに育ち、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人。彼は人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマを助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになる。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、伊豆見の荒んだ心に少しづつ変化が訪れていくのだが。。TVドラマの「相棒」シリーズなどを手がけた東伸児監督による劇場長編デビュー作。

    犯罪を犯した男が逃亡していく中で、自身を改心していくような出会いに遭遇するというのは映画、TV問わず、結構ありがちな題材ですが、本作はそうした出会う人々が宮崎のいわゆる限界集落という場所に住んでいる人という設定が何気にいいと思います。どこの地方にも、電車やバスなどのアクセス手段が困難な場所に住んでいる人たちというのはいるのですが、本作ではその場所を一種の桃源郷のような世間とは離れした場所としているのが、主人公・翔人が逃げ込め、かつ自分自身を振り返ることができる安息の場所として描けることに成功していると思います。犯罪映画ではないし、少し趣向が違いますが、マイケル・J・フォックスが主演した1991年の映画「ドク・ハリウッド」に雰囲気が似ているんですよね。あの作品でも、フォックス演じる金儲け主義の美容整形外科医が、事故で足止めをくらった土地の温かい人々に触れながら、お金では手に入れることができないものに気づいていく。今も昔もそうですが、心を洗濯する場所というのは人にとって必要なのです。

    それに本作ではそうした心を洗われる場としての限界集落という意味合いではなく、身寄りもなく、愛情も知らず、自分勝手な行動ばかりしてきた翔人の家<ホーム>としての役割も持たせます。村の人々の素っ頓狂な対応に戸惑い、最初は強ぶるものの、こんな自分でも頼ってもらえることに素直に愛情を感じる翔人。やがて、翔人にとって、そういう人たちを一人一人大切にしたいという想いが芽生えてくる中で、過去の犯罪者としての自分と嫌がおうにも向かい合わないといけない現実に直面することになってくる。そうした心の内面の変化をつぶさに描いていく様はなかなか力強いものを感じました。

    主人公・翔人を演じるのは林遣都。脇役とはいわないものの、どこか主演で作品を引っ張るには力不足を感じてしまう役者さんでしたが、本作での脱皮ぶりはなかなか良いものを感じました。特に、翔人の犯罪者としての暗い内面が、今の幸せを苦しいものにしていくところなどは演技としてうまく表現できていると思います。それを支えるのは老婆スマを演じる市原悦子の圧巻の演技。彼女もTVとは違い、ここ数年は映画の軸になって演じる役柄はなかなかなかったと思いますが、本作では主役ともいえる準主役級を存在感ある演技を披露してくれています。特に、終盤の翔人との別れのシーンの何とも言えない表情は名シーンですね。ラストはあえて、役者を大きくフォーカスしない絵作りも味わい深くて心に染みる演出だったと思います。
    NaokiHonda
    NaokiHondaの感想・レビュー
    6日
    4.8
    舞台が生まれ故郷の宮崎、主題歌が秦基博のアイ。
    これだけでも観る価値ありだと思い鑑賞しましたが、想像以上でした。
    Marika
    Marikaの感想・レビュー
    6日
    4.0
    何故温かく、他人を愛し信じられるのか、おばあちゃんは偉大シリーズ
    yasu
    yasuの感想・レビュー
    2017/05/13
    4.0
    派手さはないけれど心に染みる作品。登場人物は少ないですが、いずれも好演。他人同士がいつの間にか家族以上の絆を築いていくというストーリーも好きです。都会にはないものが感じられます。ラストには涙が流れました。
    tm
    tmの感想・レビュー
    2017/05/12
    5.0
    観て良かった
    すず
    すずの感想・レビュー
    2017/05/08
    5.0
    優しさに触れて

    ..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*..。:*
    弱き者をターゲットにひったくりを何度も犯し、しまいには傷害事件を起こし宮崎県椎葉村に逃げてきた伊豆見(林遣都)。逃げた先でバイクで転倒したスマおばあちゃん(市原悦子)を助ける羽目に。おばあちゃんや村人との交流、ある女性との出会いにより、伊豆見に変化がーー。

    *+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+
    笑えるところもあったり、のどかな村の風景、生活が見ていてほっこりします。

    朝に山へ行くことになって不貞腐れていた伊豆見が、いつの間にか迎えが来るのを待っていたりしてフフフと笑ってしまい、私も伊豆見の変化を優しい目で見守ってしまう。

    ある女性と出会うところもそう。おっ、その人のこと気になってるんだーとか(*’艸`*)おばあちゃんを労ったり、手伝ったり、少しずつ少しずつ伊豆見が優しさを見せる姿によかね、よかねと思ってしまう。

    ラストは直接的じゃないのも良いね。温かみがあって秦基博の歌もじーんとしちゃう。

    人の優しさに触れて人生を見直す。あぁ良い映画だなぁ(*´o`*)親切にしてくれるのはあなたが親切にしてくれるから。私も人に優しく、優しくありたい。

    坊、坊と呼ぶ市原おばあちゃんの声が耳に残る。

    エンドロールに椎名さんがいっぱい笑



    オススメです( ˘͈ ᵕ ˘͈)

    GW8本目
    次男
    次男の感想・レビュー
    2017/05/07
    4.2
    このパッケージで「しゃぼん玉」って、めちゃくちゃ辛気臭え退屈そうな予感しかしないじゃんね。線香の匂いしそうやでこれ!っつって、まあ、めっちゃ良かったんすけどね。

    通り魔や強盗傷害を繰り返し、田舎の山あいに逃げてきた青年は、そのあてのない逃走中、道端で傷だらけの老婆と出会う。老婆を助け、そして気がつけば居着き、田舎の生活に溶け込んでいく。後ろ暗い過去を隠したまま…。

    ◆◆

    「なんでそうなったか」ってそればかり分析しようとして、「それでどうしたか」ってぜんぜん知らない。残虐犯イヤーだった去年の邦画も、そういえば描いてくれない。理由はたぶん、刺激的じゃないし予定調和だし説教臭いからじゃないかなあ。ほんで、たしかに、それは全部そうだった。

    「悪いことした奴が感化されて改心したって、それを美談としたくない」って気持ちは昔からあるのに、この映画ではそんなこと思わない、どころかこんだけ感動したのは、ひとつに林遣都さんが本当に素晴らしいからってのがあると思う。ストーリーに意外性はないけど、美談にしようとするコスさなんかぜんぜん感じなかったり地味な物語なのにこんなに起伏を感じるのも、彼の表情が、的確に変わっていくから。
    (林遣都さん、個人的に若手で一番芝居うまいと思うなあ、やっぱり)

    市原悦子さんと綿引勝彦さんはもう田舎の塊みたいに優しくて、雄大美麗な自然とともにね、圧倒的に説得力。
    (藤井美菜さん出てきたときは、すっかり田舎気分だったのか、なんか久々に若い美人見た気がした!)

    ◆◆

    椎葉村、行ってみたいなあ。オシャレロハス的な偽オーガニックじゃない、本当の自然に近い生活。食卓に並ぶご飯の美味しそうなこと。おにぎりが「握り飯!」って感じで。雨が降っても晴れてても美しい山々。そして柴犬がよく似合う。

    良い映画だった。
    昼間に観て良かった。
    andy
    andyの感想・レビュー
    2017/05/02
    4.6
    椎葉村の自然、風景、方言、とても心が温まりました。
    yasu
    yasuの感想・レビュー
    2017/04/29
    3.8
    市原悦子の声が日本昔話のナレーションとかぶる。
    お腹も空いていないのに、おむすびがむしょうに食べたくなった。
    >|