しゃぼん玉の作品情報・感想・評価

しゃぼん玉2016年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:108分

4.0

あらすじ

親の愛情を知らずに育ち、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人(林遣都)。人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマ(市原悦子)を助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになった。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、伊豆見の荒んだ心に少し…

親の愛情を知らずに育ち、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人(林遣都)。人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマ(市原悦子)を助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになった。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、伊豆見の荒んだ心に少しづつ変化が訪れた。 そして10年ぶりに村に帰ってきた美知(藤井美菜)との出会いから、自分が犯した罪を自覚し始める。 「今まで諦めていた人生をやり直したい」 ――決意を秘めた伊豆見は、どこへ向かうのか…。

「しゃぼん玉」に投稿された感想・評価

あかね

あかねの感想・評価

3.6
スマおばあちゃんみたいなおばあちゃんになりたい。
細野

細野の感想・評価

3.5
泣かせにきてる。
ズルい。
泣いたけど。
Sanae

Sanaeの感想・評価

2.8
シンプル
人殺しちゃった人がおばあちゃんたちに嫌々ながらいやされるはなし
いちはらえつこがものすごくかわいかった!ロケ地が素晴らしく美しい。林遣都の演技も良かった。
でもストーリーは好きになれなかった。
youkaley

youkaleyの感想・評価

1.5
犯罪防止の講習ビデオかと思った。
ロケ地の景色がものすごく美しい。
ただそれだけ。

このレビューはネタバレを含みます

『しゃぼん玉』鑑賞。椎葉村の豊かな自然や郷土料理、方言などが印象的に登場する大分県の観光PRビデオのような印象。
前科者である主人公が、村人の温かさに接していく中で改心していく物語。ずっと肯定されてこなかった主人公が、村では「いい人」だと無条件に肯定されることに戸惑い、徐々に心が絆されていく。何があってもブレない市原悦子の演技が一番の見どころかも。
村でずっと「イズミ」と呼ばれていた主人公(苗字が伊豆見で、村人はイズミを名前だと勘違いしていた)が、自分の罪と向き合って、本名の「翔人」を老婆に告白するシーンが感動的だった。
MayumiI

MayumiIの感想・評価

4.0
親の愛を知らず、犯罪に手を染めながら自暴自棄に生きてきた青年が、あるきっかけから老婆と出会い…。いたってシンプルな話なのだが、見てよかったと思える作品だった。 まず初めに市原悦子の存在感、かわいらしさ、がすごい。 主役の林遣都もすごいけど、やはり「市原悦子ありき」の映画だと思う。今でも「ぼうはええ子や」の言葉が耳から離れない。 何も言わず、ただひたすらに信じて見守る。そんなことが自分にできるだろうか。もし彼が、もっと早くに「ぼうはええ子や」と言われていたら… 「自暴自棄な生活」から、「きちんと寝て起きてご飯を食べて仕事をする生活」が身につくまで、そして「人を信じることができる」ようになるまで、山での生活はそのために必要なセラピーのような時間だったと思う。愛された経験のある人は強いし、居場所を見つけられた人は幸せだと思った
m

mの感想・評価

4.0
登場人物が少ない分一人一人の物語が丁寧に描かれていた。市原悦子は家政婦は見たのイメージが強くあったがそう思っていたこと自体間違っていた。なんとも優しく、厳しく若い少年を見守る素敵なおばあちゃんだった。彼女なしではこの映画は成り立たない。林遣都も前半とラストでの感情の流れが表情にもあらわれていた。
秦さんの「アイ」でなんとも染み入るラストとなった。
タナカ

タナカの感想・評価

3.0
いー話だなぁーっつー感じ。もう少し長くても良かったかも。サクサク進んでいって、もー終わり?みたいな。坊と村の人達のシーン少ないような。
エモい。エモいぞこの映画。

おっさんと若人では見る視点もかなり異なるんだろうね。
彼を過ぎ去った青春として俺は見れないから、彼の若さ故の愚行がコミカルに描かれいるシーンでは笑えない事が多く、笑っている他の年増のお客さんにイラっとしたりした。

タイトルとポスターから、未観賞の人からはかなり優しい映画かなというイメージが持たれるかも知れないが、尖った感性がみえるカットも多く、個人的には大満足。
それでも、優しさ溢れる映画である事には間違いない。
>|