しゃぼん玉の作品情報・感想・評価

しゃぼん玉2016年製作の映画)

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:108分

4.0

あらすじ

親の愛情を知らずに育ち、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人(林遣都)。人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマ(市原悦子)を助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになった。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、伊豆見の荒んだ心に少し…

親の愛情を知らずに育ち、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人(林遣都)。人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマ(市原悦子)を助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになった。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、伊豆見の荒んだ心に少しづつ変化が訪れた。 そして10年ぶりに村に帰ってきた美知(藤井美菜)との出会いから、自分が犯した罪を自覚し始める。 「今まで諦めていた人生をやり直したい」 ――決意を秘めた伊豆見は、どこへ向かうのか…。

「しゃぼん玉」に投稿された感想・評価

えり

えりの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

いずみの今までと椎葉村の出来事が正反対で、村の穏やかな空気に最初は慣れなくてむず痒そうないずみ、犬にしか本音が言えなかったいずみ。そして犬が可愛い。
徐々に婆ちゃんやシゲ爺と本音で話せるようになって居場所がある事の幸せを感じつつ、美知の存在によって罪の重さにもようやく気付く。
逃げてばかりだったけど、まだ自分の人生捨てたもんじゃないって前向きになれたいずみを見てたら婆ちゃんみたいに、坊はええ子って撫でてあげたくなりました。
いずみが、本当の事を他でもない婆ちゃんに話すところがとっても良かったです。帰ってきたいずみの顔が最初と全然違ってましたね。主演のお二人が素晴らしかったです。
自分の祖母に会いたくなりました。
犯罪を犯した少年が田舎の町で怪我をしたお婆さんを助けたことから始まる。

少年がお婆さんや周りの人からの優しさや愛情を受けて自分の犯してきた罪に苦しみまた、人間としても更生していくお話。

人の優しさで自分が犯した罪の意識にだんだん目覚めて行く彼は元々優しい人間なんだろうなと思いました。

帰る場所があって待っていてくれる人がいるっていいですね。

🌸母の日にステキな映画をみました。
ホッコリ、暖かい作品でした(*´꒳`*)
佑実

佑実の感想・評価

4.0
人の温もりを感じることが自分を変えようと思う一番のキッカケになる。つい忘れちゃうことを再確認させてくれた。
伊豆見が作物をこぼした時のスマお婆さんの「ま〜じ〜?」が最高に好き!
温かいな…伊豆見が犯した罪は決して許されることではないが、スマお婆さんを助けたりシゲ爺との関わりをみると根からの悪人ではないんだよな…
人の愛情を触れていくなかで伊豆見が心情や自分の犯した罪への意識が変化していく姿をみると、愛情の大切さを感じることが出来るし、心が満たされることの幸せや温かさを教えられる。
megu

meguの感想・評価

3.8
すごくいい映画でした。
心をスッと綺麗にしてくれるようなとても優しい映画でした。
おばあちゃんでもあんな優しいおばあちゃんに巡り会えて本当良かったと思うね。
町の人もみんな暖かくて本当にほっこりする。
現実は、優しい人ばかりじゃないからね😩
みんながみんなに親切にしたら最高の住みやすい世界になるんだろうなぁ。
私も今以上に人に優しくして行こうと思いました❤️
えぬお

えぬおの感想・評価

3.9
市原悦子のスマ婆さん。あったかすぎ。ラストがよかったー!!ぼうー!ぼうー!ってよびたくなる
ゆゆゆ

ゆゆゆの感想・評価

3.6
人に優しくされることって当たり前ではない、幸せなこと。人に優しくできることも当たり前ではない。
田舎のゆっくりとした環境が人を優しくさせるのか。田舎もいいよね。
ラスト20分あたりから涙が堪えられませんでした。
心温まる素敵な映画でした。
はる

はるの感想・評価

5.0
とても良かったです。
心があたたかくなりました。

おばあちゃんっていいなあ。
あたたかいな。

帰る場所があるっていいな。
強盗殺人を犯して逃亡していた男が、逃亡先の村人たちの温かさに触れ、変わっていく話。

やっぱり田舎はいいですね。
山々が立ち並ぶ美しい風景に、長閑な方言と、自然の恵みたっぷりのお料理。
環境が人を育てるっていう言葉の通り、愛を知らないで育った子どもは人間性が失われたままになってしまうけど、田舎にはそんな荒んだ心をも浄化する力があるなーと見てて思いました。

村の人たちと田舎ライフを過ごしながら、ゆったりと時間は過ぎていきますが、藤井美菜が登場したあたりから結末がちらつきはじめてだんだんと切なくなってしまいましたが、最後は案の定泣いてしまいました。
>|