首領(ドン)を殺(と)った男の作品情報・感想・評価

「首領(ドン)を殺(と)った男」に投稿された感想・評価

とも

ともの感想・評価

4.0
歌う松方弘樹!
最後のエンディングロールで、ああ、松方弘樹は亡くなっちゃったんだ、と実感した。
245164

245164の感想・評価

3.5
カッコいいと一般的にされていることをかっこいい然としてかっこいい役者が演技することは往往にして観ていられないのだけれど、松方弘樹は、それをかっこいいと思わせることができる数少ない役者だと思う。
巨峰

巨峰の感想・評価

2.2
山口達也とか田村英里子とかわけのわからんキャスティングで東映は自分の首を絞めた
能戸淳

能戸淳の感想・評価

4.0
どんな組織でも上役は2パターン存在する。
一つは実力と器量を併せ持った「なるほど!」と誰もが頷くタイプ。
もう一つは実力は最低限ながら人を蹴落としてきたタイプ。

この作品の松方弘樹さん演じる男は抗争の果てに罪をかぶってムショに入ったもののシャバに出ると、状況は一変。
かばった兄弟分は組織の長となり、逆に松方さんを追い詰める。
まさに人を蹴落としてきたタイプだ。

作品自体は後半中だるみ気味になるが、ラストで魅せてくれる。
ヒロインに田村英里子さんというのも懐かしく。