ビフォア・サンライズ 恋人までの距離の作品情報・感想・評価・動画配信

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離1995年製作の映画)

Before Sunrise

上映日:1995年09月02日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離」に投稿された感想・評価

後にも先にもこの映画だけやと思うけど昼間に借りてきて連続で3回観た 2周目以降見直さな理解に及ばんシーンがあるとかではなく永遠に観ていられた ほかにもたくさん借りてきてたせいで翌日からは観ることができませんでした サブスクにありませんでしたっけこれ?ユー・ネクストですかそうですか…
ビフォアシリーズを調べるとネタバレしそうで、3つ見終わるまではお預け

イーサン・ホークはおじさんしか知らないので、ああこんなに綺麗な顔なのかと

伝わらないかもだけど眉間の下の鼻根?が凹んでる人好きなんですよね、スッととおってる鼻より魅力的

1のセリフが2.3に効いてくるのかあ楽しみ

左手薬指の天然石のリングが気になってしょうがない
Sumire

Sumireの感想・評価

4.2
電話みたいに話すのが可愛すぎる、、
nahokc

nahokcの感想・評価

3.8
話の展開がどうこうってよりも、台詞一つ一つに意味が込められてた所が良かった。
「もし神が存在するなら人の心の中じゃない。人と人との間のわずかな空間にいるのよ。この世に魔法があるならそれは人が理解しあおうとする力のこと。例え理解できなくても、かまわない。」っていうセリーヌの台詞が響いた。他人の存在、他人への気持ちがあってこその自分だと思う。
2人の価値観や考え方がピッタリ合う感じが「花束みたいな恋をした」の映画と重なった(最近観たからそう感じるだけかも)
Juri

Juriの感想・評価

4.2
今まで観てきた恋愛映画の中でもとても好きなほう こんな旅してみたい
トリコロール3部作にも出てた女優さん、素朴な感じがすごく可愛くて魅力的
終わり方もまた良かったな〜残り2作も観たい
masato

masatoの感想・評価

3.4
浮かれて多弁になっている(でもそこまでウィットに富んでいない)イーサン・ホークに男目線で共感してしまう。

電話ごっこと詩人との絡みのシーンが良かった。
maako

maakoの感想・評価

4.4
ずっと気になっていた作品。
起伏のない物語だけど、2人の紡ぐ時間が美しすぎてずっと見ていられた。
一緒に列車を降りる潔さも、何も決めないでただただ一緒に時間を過ごす、街を歩く純粋さも、最後まで甘酸っぱい愛に溢れている2人、、とても素敵だった。
なんだか最近の自分の、現実的に相手の職業が〜、年齢が〜、こういうところが〜と常に考慮していることがちっぽけに思えた。笑 相性がいいってこんな風にお互いが通じ合うものなのね。
can i tell you my secret? come here...のシーンがcheesyですきです。。
な

なの感想・評価

4.2
久しぶりに好きな恋愛映画。

パリでお昼を約束してた友達に電話をかけなきゃっていって、女の子がトゥルルルルルってわざと電話の合図して、お互いの胸中を打ち明けるシーンがすごく好き。

2人の掛け合いが自然な流れの会話の中にあって素敵、、
最後に映る思い出のウィーンの街並みも素敵、、
恋の始まりのクラクラする時間をギュッと凝縮した甘美な一日。

レコードショップの試聴室でのシーンは何気ないけど好きだな。

恋の始まりの会話は何よりも重要で、一つ一つが甘くて鋭くて、胸の深くまで突き刺さって、思い出しては胸が苦しくなる。

繰り返し観たい作品。
>|