カンヌ国際映画祭 受賞映画作品 246作品

カンヌ国際映画祭受賞作品。これまでにリューベン・オストルンド監督のザ・スクエア 思いやりの聖域や、マルヤーナ・スピヴァクが出演するラブレス、BPM ビート・パー・ミニットが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

ザ・スクエア 思いやりの聖域

上映日:

2018年04月28日

製作国:

上映時間:

151分
3.9

あらすじ

周囲から信頼と尊敬を集める有名美術館の名キュレーターが発表した美術作品「ザ・スクエア」が、世間に思わぬ反響を生み、とんでもない大騒動へと発展していく、皮肉な運命の悲喜劇。主演は本作でブレイ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

もはや評価不能 “狂気”とかの一言で言語化できない 映画館を出たあとで、“怖かったのに爆笑してた自分”の存在に気づい…

>>続きを読む

うん長くね? スウェーデンの難しい映画かと思ったけど、蓋を開けてみるとかなりコメディで終始笑いを盛り込んだ作りになって…

>>続きを読む

ラブレス

上映日:

2018年04月07日

製作国:

上映時間:

127分
3.9

あらすじ

一流企業で働くボリスと美容院を経営するイニヤの夫婦。二人はそれぞれ、別にパートナーがおり、一刻も早く別れて新しい人生をスタートさせたいと思っている。問題は12歳の一人息子アレクセイのことだ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 少年の歪んだ表情に、胸がしめつけられる。 アレクセイは12歳、離婚目前の両親にはそれぞれ恋人がいる。どちらが息子を引…

>>続きを読む

楽しみにしていたズビャギンツェフの新作だけど、個人的には期待外れ。 『ヴェラの祈り』や『父、帰る』がズビャギンツェフ…

>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット

上映日:

2018年03月24日

製作国:

上映時間:

143分
3.8

あらすじ

舞台は1990年代初めのパリ。エイズの感染による差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「ACT UP」の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描く。ACT …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

知識は武器だ。 1990年代のパリ。エイズ感染者を取りまく理不尽に対して変革を起こすべく国、地域、製薬会社、人々に訴…

>>続きを読む

今年のカンヌの審査員特別グランプリ受賞作品。試写会にて。 パルム・ドールの方(THE SQUARE)は公開する気配すら…

>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア

上映日:

2018年03月03日

製作国:

上映時間:

121分
3.8

あらすじ

心臓外科医スティーブンは、美しい妻と健康な二人の子供に恵まれ郊外の豪邸に暮らしていた。しかし、彼らの特権的な生活は、ある少年を家に招き入れたときから奇妙なことが起こり始める。子供たちは突然…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『籠の中の乙女』『ロブスター』のヨルゴス・ランティモスの新作。再びコリン・ファレルを主演に据えて、さらに妖艶な妻役には…

>>続きを読む

じーっと、見入る、というか、見逃したくない、理解したい、っていうか、読むような映画体験だった。 「これは一種の正義み…

>>続きを読む

ユー・ワー・ネバー・リアリー・ヒア(原題)

上映日:

2018年06月

製作国:

上映時間:

85分
3.7

おすすめの感想・評価

【記録】es. donostia-san sebastián international film festival.…

>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク

上映日:

2017年03月18日

製作国:

上映時間:

100分
4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「こんな映画こそ大ヒットしてほしい」 山田洋次監督の言葉 自分も同じ事を思った 59歳のダニエルはイギリスで大工の仕…

>>続きを読む

なんてことだろう。 涙が溢れて止まらなかった。 私は今まで社会学部で、一体何を学んできたのだろう? 現実を目の当たり…

>>続きを読む

たかが世界の終わり

上映日:

2017年02月11日

製作国:

上映時間:

99分
3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えてい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

物置小屋の奥で見つけた壊れたオモチャ。 ザラついた手触りと埃の臭い。 もう僕の明日(せかい)は終わっていたんだ―。 気…

>>続きを読む

「家族は救いの港じゃない」 痛々しくて苦しくて逃げ出したかった。 誰かが悪いわけじゃない。12年という空白の時間が重…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【カンヌを3度制した女性監督が送る「ワンピース」】 アンドレア・アーノルドという監督をご存じだろうか? 日本では、「フ…

>>続きを読む

雑誌を売ってアメリカを横断する若者たちのロードムービー。傑作とまでは言えないものの、無軌道なように見えて高度な演出に裏…

>>続きを読む

セールスマン

上映日:

2017年06月10日

製作国:

上映時間:

123分
3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

初のイラン映画! 〜マンシリーズの中でも極めて地味そうなセールスマンというタイトル どんなお話なのかなと見始めました …

>>続きを読む

イラン映画って初めて見たかも。これは心にジワジワと来る作品でしたね。 誰も悪くないんです。誰もが被害者であり加害者で…

>>続きを読む

ディーパンの闘い

上映日:

2016年02月12日

製作国:

上映時間:

115分
3.7

あらすじ

内戦下のスリランカを逃れ、フランスに入国するため、赤の他人の女と少女とともに“家族”を装う元兵士ディーパン。辛うじて難民審査を通り抜けた3人は、パリ郊外の集合団地の1室に腰を落ち着…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1983年から2009年まで続いたというスリランカ内戦について恥ずかしながら何も知らない。でも本作は内戦については余り…

>>続きを読む

物理的には密室じゃないけど、「内戦」や「難民」「貧困」「暴力」という自らの力では逃れられない状況に閉じ込められた人たち…

>>続きを読む

ロブスター

上映日:

2016年03月05日

製作国:

上映時間:

118分
3.5

あらすじ

独身者は、身柄を確保されホテルに送られる。そこで45日以内にパートナーを見つけなければ、自ら選んだ動物に変えられ、森に放たれる、そんな近未来。独り身になったデヴィッド(コリン・ファレル)も…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【2018年29本目】 シネマカリテで一週間上映の告知をみて、待ちきれず鑑賞。 最初ちょっとウトウトしちゃいました。…

>>続きを読む

うわ〜何じゃこりゃ〜 ツボ過ぎますよ笑笑 変です。変な映画なんです。理解も不能です。それでも最後まで引き込まれたし、大…

>>続きを読む

サウルの息子

上映日:

2016年01月23日

製作国:

上映時間:

107分
3.7

あらすじ

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

(こんなあなたにオススメ) ・世界の歴史を知りたい方 ・社会性にとんだ映画を観たい方 ・人の恐さ 醜さを知りたい方 ・…

>>続きを読む

〜2018年オスカーを巡る旅路🇺🇸②〜 いよいよオスカーノミネート!アカデミー賞当日まで過去のオスカー受賞作、関連作…

>>続きを読む

或る終焉

上映日:

2016年05月28日

製作国:

上映時間:

93分
3.6

あらすじ

終末期の患者をケアする看護師デヴィッド。死を乞う患者を前にしたとき、彼はどう命に向き合うのか。ある看護師の崇高なる献身愛と葛藤を描いたサスベンスフルなヒューマンドラマ。デヴィッド(ティム・…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

使命や愛情を持って、というよりは何かに憑かれたように終末期患者の介護に没頭する訪問看護士のデヴィッド。担当患者が亡くな…

>>続きを読む

. 〖或る終焉〗 . . 心に闇を抱えるひとりの男が、終末期看護の仕事を通して、自分の過去や生き方を見つめ直していく。…

>>続きを読む

雪の轍

上映日:

2015年06月27日

製作国:

上映時間:

196分
3.7

あらすじ

カッパドキアに佇むホテル・オセロ。若く美しい妻と、離婚で戻ってきた妹と暮らす元舞台役者のアイドゥン。オーナーとして悠々自適に暮らす毎日だが、冬の訪れによって閉ざされいくホテルの中で、それぞ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2017年200本目、9月13本目の鑑賞 パルムドール受賞作品 180分以上ある長編作品 ヌリビルゲジェイラン監督 …

>>続きを読む

196分のパルムドール受賞作品… という長尺映画なんですけど、以前から気になっていたのでGWの時間を利用して鑑賞して…

>>続きを読む

Mommy/マミー

上映日:

2015年04月25日

製作国:

上映時間:

138分
4.0

あらすじ

2015年、架空のカナダで起こった、現実——。 とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。2ヶ月後、内閣はS18法案を可決する。公共医療政策の改正が目的である。中でも特に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

グザヴィエ・ドラン、締めの一本! 素晴らしい! やはり容赦なく観ているこちら側に流れ込んでくる感情。耽美なドラン芸術…

>>続きを読む

何の予備知識もなしに鑑賞 10センチヒールに、ピチピチのTシャツとピチピチデニム、タバコ片手に 息子の為に小股で駆…

>>続きを読む

さらば、愛の言葉よ

上映日:

2015年01月31日

製作国:

上映時間:

69分
3.5

あらすじ

人妻と独身の男。ふたりは愛し合い、喧嘩し、一匹の犬が町と田舎を彷徨う。言葉をめぐり季節は過ぎ去り、男と女は再び出逢う。前夫が全てを台無しにし、第二のフィルムが始まる───

おすすめの感想・評価

2D鑑賞。3Dで観られなかったのは痛いけど、バキバキしててカッコイイ作品だった。女への花束はやはり、素手で鷲掴みにして…

>>続きを読む

「全ての映画は既に撮られてしまっており、自分たちが為し得るのは過去の映画の引用と反復でしかない」 その言葉の通り、全く…

>>続きを読む

夏をゆく人々

上映日:

2015年08月22日

製作国:

上映時間:

110分
3.5

あらすじ

みずみずしい光を緑に放つ、イタリア・トスカーナ地方の人里離れた土地で、昔ながらの製法で養蜂園を営む一家。ジェルソミーナは4人姉妹の長女で、気難しい父ウルフガングの独自の教育と、寵愛を受けて…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

見終わった後にものすごくじわじわじわじわと、愛おしさというか、切なさというか、感動というか、不思議な気持ちで胸がいっぱ…

>>続きを読む

舞台はイタリア・トスカーナ地方。養蜂を営む一家(両親+4姉妹+居候の叔母)の話。 ドイツ人の非行少年を預かったり、テレ…

>>続きを読む

裁かれるは善人のみ

上映日:

2015年10月31日

製作国:

上映時間:

140分
3.6

あらすじ

入り江のある小さな町。自動車修理工場を営むコーリャは、若い妻リリア、そして先妻との間に生まれた息子ロマと共に、 住み慣れた家で暮らしている。1年後に選挙を控えた市長のヴァディムは、権力に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

世の中の不条理を思いっきり見せつける作品。地味にこつこつと生きている人間に光は当たらないのか。 権力を振りかざして横…

>>続きを読む

ロシアは恐ろしいな。なんて不条理な世界。そしてなんて理不尽な世界なんだ。 ロシアの海辺の町。コーリャ(アレクセイ・セ…

>>続きを読む

そして父になる

上映日:

2013年09月28日

製作国:

上映時間:

121分
3.6

おすすめの感想・評価

自分だったらどうするだろう? 取り違えられた子供達、その親達、子供の兄弟etc... 人生に関わる極めて重く難しい問題…

>>続きを読む

「子ども取り違え」がテーマの本作 【3度目の殺人】【海街diary】に続き、是枝監督の作品を鑑賞 是枝監督らしい淡…

>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色

上映日:

2014年04月05日

製作国:

上映時間:

179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

詩人の詩は、全てを表現するためにある。数えきれないほどの他のことは、要らない。 見どころ: 包み隠さないラブストーリ…

>>続きを読む

一貫して画面にいつも鋭くブルーが散りばめられていて、心地好い時もあればなんか胸が苦しくなる時もあった。 私事にな…

>>続きを読む
>|