星よ嘆くな 勝利の男の作品情報・感想・評価

「星よ嘆くな 勝利の男」に投稿された感想・評価

こづ堂

こづ堂の感想・評価

3.5
「勝利者」(1957)のリメイクと聞いて、オリジナルを超えないだろうと期待しないで観たら、スカッとした話でこれはこれでよかった。

ただ、ボクシングよりケンカのシーンに持ってかれるというw ボクシング映画としてどうなんだと思う部分はある。

「勝利者」はトレーナーの三橋達也が主役で助演がボクサーの裕次郎。こちらはボクサーの渡哲也が主役で、準主役が二谷英明。
オリジナルはやや複雑な人間ドラマが主でスカッとはいかない後味たが、こちらは勧善懲悪、後味スッキリ。
別物ととらえると楽しめる。
裕次郎の『勝利者』のリメイクだが、四角関係のドラマに重きを置いていたオリジナルとは違い、こっちはアクションシーン重視。
ボクシングシーンや喧嘩のシーンの迫力はかなり増したが、気が付けば殆どヤクザ映画に。
ヒロインの浅丘ルリ子は二谷英明の妹という設定になっていて、四角関係も糞もなし。