続・飢える魂の作品情報・感想・評価・動画配信

「続・飢える魂」に投稿された感想・評価

『飢える魂』の続編。遂に結ばれた2組の男女。しかし彼らにハッピーエンドは用意されていなかった...南田洋子の伏し目がちな佇まいが美しい!
ワンシーンのみに岡田真澄、フランキー堺、小沢昭一、葉山良二の豪華顔ぶれ
Nakao

Nakaoの感想・評価

3.3
川島雄三監督作。2人の女性の葛藤と愛を描いた通俗不倫メロドラマも完結。

飢える魂は満たされる事なく、誰も結ばれず終わるが、何故か心地よい余韻が残る。現在の感覚じゃ典型的亭主関白の旦那にはイライラが募るけど...
ラストの新聞記事と南田洋子の横顔のカットは流石の手腕。BARを床下から映す演出も良かったです。カメラワークの巧さが光ってました。

金子信雄と今シリーズがデビュー作の小林旭という後々の「天政会」初代、2代目を見れたのは良かった。

このレビューはネタバレを含みます

二部作の後編。通俗メロドラマをこれでもかのレベルで提示する川島の職人芸が光ります。何もかもが中途半端なまま、宙吊りにされる魂。全員被害者。
nagaoshan

nagaoshanの感想・評価

4.0
川島雄三監督作品!

続編はかなり良かった!(^^)

南田さんの表情が明らかに艶やかと悲壮感が増して、三橋さんとの恋模様で美しいさアップ‼️笑😊

サスペンス要素も豊富になってラストに向けての展開は苦しい…辛い(T . T)
けど、素晴らしい!

川島監督常連の俳優陣もたくさん出てきて楽しかった。

画作りが素晴らしくカメラの位置が縦横無尽で凝っていてそれも見所。

轟さんと大阪さんのパート、渡り鳥兄貴が若くて初め分からなかった笑😊

不倫は文化どころではない時代において女性目線での葛藤は色々と当時は問題になったのであろうと思う。

良か映画!
シルエットを使った演出や、ガラス貼りの床のカット、構図へのこだわりで技巧を凝らしてはいるけども、あまり効果的ではなく…職人監督の立場でメロドラマをドラマチックに描くのは、それはそれで才能が必要なんだと思った。

金子信雄の教師が女性差別ジョークをたっぷり交えながら教壇に立っているのに、普段は女性に対してメチャクチャどもってしまう役柄にリアリティがあった。唯一まともだったのは結局小林旭だけだった。デビュー作らしいが、すでに完成している。

これは原作の問題だろうから言っても仕方ないのだが、轟夕起子と南田洋子のダブルヒロインがまったく関わり合いを持たないままっていうのはどうなんだ。

開局したばかりの日テレが登場する場面が映像資料的に価値高し。
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
すっかり応援する心境で見てたけど相手がその気になったところでなぜ間に入って別れ話を進めないのか。
大坂さんにしたって1度やったら俺のものみたいに思って油断するのダメだな。
あと言うのも野暮だけど森英恵さんによるお着物はカラーで見たかったな…。
それにつけても丹羽文雄と渡辺淳一はどう違うのかわからなくなってしまった。と、いうか、この映画を見ると『失楽園』はほぼパクリなんじゃなかろうか、の思い強し。日経新聞連載小説繋がりでもあるしね。
まあなんとダラダラ鬱陶しい話なんでしょうね、どっちも。

おかしかったのは「連続ラジオドラマ民間放送ネットワーク」として北海道放送からラジオ南日本までズラリとラジオ局がクレジットされること。
はい皆さん公平にというわけで全国縦断観光地巡りの「ロードムービー」でもあるしね。
日本テレビの登場も併せてラジオ、TV、映画の三媒体が並立できた終盤戦ということなんでしょうね。

なんか、柳沢類寿も川島雄三もヤケクソだったんじゃないかしら。終盤に三橋達也の同窓会流れで乱入するフランキー、葉山良二、小沢昭一、岡田真澄のめちゃくちゃぶりに、思わず貰い泣きしそうになりましたもんね。
t

tの感想・評価

3.5
この手の群像劇よろしく二組のカップルがリンクするかと思いきや…ラストは色々な意味で衝撃。南田洋子の美しさには拍車が掛かる。布田駅というロケ地が渋い。
TsutomuZ

TsutomuZの感想・評価

3.4
ラスト
南田洋子の顔と新聞記事を並べるのに、おっとなった。

助監督 今村昌平
衣装デザイン 森英恵
>|