博徒解散式の作品情報・感想・評価・動画配信

『博徒解散式』に投稿された感想・評価

鶴田浩二も時代に合わせる男たちも両方古い人間でしかない、むちゃくちゃ苦い話で驚く。深作って掘れば掘るほど救いもなければ同情入る余地のない暗い映画ばっか撮っててほんとに人気あったんか疑っちゃうな。

★解散したって言ってるのに、何となく解散してないヤクザの皆さんが、今再び抗争に巻き込まれてゆく。

#どことなく神戸のような横浜のような“神浜市”っていうこの場所ね

#室田日出男の哀愁よ

#一人…

>>続きを読む

「解散式」に続く深作欣二の鶴田浩二主演のやくざもの

「解散式」は解散後のゴタゴタを描いてたけどこちらは解散までのゴタゴタを描いた作品
港が舞台で労働者とのイザコザもあるので「暴力団再武装」とちょっ…

>>続きを読む
けん

けんの感想・評価

3.7

博徒シリーズ!
鶴田浩二×深作欣二監督
8年間の刑期で世の中から取り残されたヤクザを鶴田浩二が熱演!貫き通す仁義の先にあるものとは…!

お弁当箱と一緒に血だらけで倒れている室田日出男が凄いインパク…

>>続きを読む
フラストレーションのみで構成したような映画。
『解散式』と違ってミスマッチを狙わず、ストレートにテーマを打ち出して、ブラッシュアップしようとしているが……。

鶴田浩二は昔気質なやくざです。時代に取り残されたやくざたちが虐げられます。たしかに渡辺文雄は嫌なやつですが、堅気になったわけですし、そこに仁義を求めるのは期待しすぎでしょう。室田日出男が弁当とともど…

>>続きを読む

新自由主義vs共同体主義。
後者が前者と差し違えることにより、おそらくは前者がより生き長らえるというアイロニー。めちゃくちゃ暗い。

任侠モノから実録モノへと移行するはざまだからこそ生まれた終末的映…

>>続きを読む

8年振りに出社した昔気質のヤクザが現代ヤクザ社会で生きていくと『解散式』と設定とほぼ同じキャストで送るが続編というわけではない。 『解散式』より社会派要素が強いのかな。話は似たようなものだが、同じ撮…

>>続きを読む
お伝

お伝の感想・評価

3.5

新興暴力団のボス渡辺文雄がシャブ中の丹波哲郎を使って任侠道を貫きたい鶴田浩二を潰そうとする話。元々は同じ組だったのに。
鶴田浩二はさ、時代の流れだよ!って言われるのがいっちばん嫌なんだよね。そして廃…

>>続きを読む

うーん、これは。
前年深作欣二監督自身で撮った『解散式』に似ている。設定や出てくる役者、無精髭の丹波哲郎などそのまま撮ったんじゃないかと言えるほど。何を意図してこのような作品を撮ったのだろうか。賭場…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事