関東破門状の作品情報・感想・評価

「関東破門状」に投稿された感想・評価

前作『関東幹部会』にあった情緒的なノワールは消え失せ、ハードでシビアな抗争が描かれる。
暴力描写においても、当時の東映任侠映画と同等かそれ以上に激しい。

珍しく佐藤慶が筋を通す侠客として味方側にいるが、コレ系のやくざ映画だとそういう奴は途中で死ぬ。
(小池朝雄や遠藤辰雄なんかもそうだが、敵だと厄介なのに味方の時は全然頼りにならない)
それに加え、渡哲也やその仲間はいつも以上にやられっぱなし。
中でも岡崎二郎は、手を縦に裂かれて顔や体を斬られまくって惨死、という酷い死に様。
その恋人は妊娠中にも関わらず輪姦されかけ、リンチに遭って死亡、というこれまた悲惨な末路。
ヒロインだろうと容赦なく爆死。
日活ニューアクションの終わり。