ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qのネタバレレビュー・内容・結末

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」に投稿されたネタバレ・内容・結末

よく分からないまま終わった。
ずっとシンジくんと同じ気持ちでわけがわからなかった
ミサトさんはなぜあんなに冷たくなってしまったの。。。
アスカだってそこまで冷たくないのに。。
きっと14年間で何かあったんだな?
どこかのファンのブログで読んだ、2つの世界で構成されている説を踏まえながらみると、辻褄が合うことばかりでゾクゾクする
シンジ君と同じく置いてけぼりにされる冒頭

今まで信じてきた物が、自分が救った物が目の前から消え失せ絶望するシンジ
そんな彼には周囲の反対が聞こえていても、差し伸べられた初号機の手はまさしく救いの手だったんだろう

そして他者との交流により再び戦う意味を見出したシンジ。
彼の為になら何でもやると、これまた制止の声を聞かず暴走(本人自覚無し)

またもや汚い大人達の陰謀に巻き込まれたことが発覚、そして救ったはずの大切な存在との永遠(カヲルはまた会えるよ、と意味深な言葉を残して)の別れ。


大人になるって何なんだろうなあ
大人になれなんて言われてハイそーですかってなるもんでないし
本人の意思がないと何も成長しない訳で、、
身体の成長や外見の変化でも、諦めることでも、言われた通りに動くのも違う


カヲル君使徒だったの!?とか、ミサトさんの空白の期間とか、エヴァの呪縛とか、色々気になる事はあったけど、
エヴァンゲリヲンの世界で言う大人って何なんだろうってそればっかり考えてた、、
シンジ皆から説明も無しに冷たくされてかわいそう
でも終盤カヲルの話全く聞いてないのは擁護できん笑
やばい、どうしよう。ぜんっぜん内容分からなかった...。レイを助けた?そうなんだ?というところから始まり、何の物語なのかものの見事に分からなかった...。
とりあえず、シンジくんが皆のため、とか言って人の意見を聞かず暴走し、最悪の結果になったことだけ分かった、、🙄笑
録画しといたやつを大切に取っておいたけどやっとこさ鑑賞。
えっと、なにがあった????ぜんぜん知らん艦隊?とか出てきて???ってなったらミサトさんたちいるし(知らん人もいるけど)アスカもマリもいるし(まぁマリ何者やねん思ってるけど)シンジくん出てきたー思ったら?????これ当時劇場で見たファンは何事……!?!?!?なったろうね……うわぁすごいコンテンツに首突っ込んじゃった……?
なにもわかんないけど映像が破よりすこぶる綺麗になってる気がしてすごい、迫力がやばい、なにが起こってるかは分からないけどやばい。かっこいい。
何も分からなかったがなんかやばいことになってカヲルくんがマミったなぁと思った。続きほしい。続きがきたところで理解が及ぶかは謎。いやーかっこいい。
セカンドインパクト(前作の最後)後、15年経過した話。内容は分からない部分が多いけれど、『バカしんじ』から『ガキしんじ 』に変わった理由はなんとなくわかるかも。戦闘シーンは迫力あって楽しい。
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」初視聴。制作年代が違うので、映像技術進化してる。
シンジのあの感じにだいぶイライラしてしまった。そして、ここで終わりかぁ。
破で綾波を助けきったと思ったら、14年経ってた。

14年経ったらなぜかミサトさんやらアスカ、など知り合いが冷たい。

何かやらかすと危ないから爆弾付きの首輪を付けられた。

なぜそんなことをされるかというと、サードインパクト起こしかけて、人類から恨まれた。(ニアサードインパクト)

人類から恨まれても、綾波を助けきったという自負をズタズタにするように、実は助けたと思った綾波はエヴァのコアの中にいれられたままだった。

結局無駄足だったと絶望していた折、カヲル君に助けられ、エヴァに乗ってやり直そうと思ったらまたフォースインパクトを起こし、友人(カヲル)を失った。

シンジ…、とことんついてなかったな…。

しかし上記の流れは僕は悪くないと主張したり、カヲルがやめた方がいいと言ってるのに意固地になって突き進めた結果でもある。

結局シンジの自業自得でもあると同時に、またゲンドウの策略に乗っかった結果でもある…。

完結篇ではその策略に乗っからないといいね…。

アスカがガキシンジと呼ぶのを変えたように、たしかに子供のままだった。成長する必要がある。

14年間経っていたのも同情するが、人類を絶滅させるようなことを起こしてはならないと、信頼できる人は誰かを考え、その人と共に行動する必要があった。

アニメ版の終わりは、僕はここにいても良いんだとシンジが思った後の皆からのおめでとうという祝福なので、完結編ではシンジが成長しゲンドウの策略を止めて欲しいなとも思う。おめでとうと言ってもらえるとよいなぁとも感じる。

またミサトさんの雰囲気が変わったのも良かった…。部下の前ではシンジをフルネームで呼び、知り合いの前ではシンジ君と呼ぶ。

ネルフにシンジが連れ去られた後も、シンジに付けた爆弾付き首輪の爆破スイッチも押せずにいた。

自分が破で行けと言った手前もあるけれど、

人類の状況を踏まえた上官としての立ち位置と、14年前のミサトがうまく混ざった姿を見れた。

シンジはフォースインパクトを起こしたので、完結篇ではミサトがどう行動するか楽しみだなー、とも感じる。

また、綾波(Q以降)とアスカがどう完結篇で描かれるのか、それも見ていきたい。

特に綾波(Q以降)は、マリが言ってたオリジナルとは別の生き方を模索している段階なので、どう描かれるかが楽しみ。

マリの謎や、カヲルのまた会えるよなど、様々な伏線があるので、完結篇の展開が不安ながらも、待っていきたい。

※トウジや同級生のみんなは生きてると良いんだけど、どうなんですかね…。
も、もう…わからない…!!!
そもそもエヴァは、全てを理解できるものではないと思っています。(よくわからない部分の考察や、想像・妄想を含めて楽しむものだと思ってる。)でも、わからないと思っているものについて、会話の中でさらっと出てきていたり匂わせていたりするんですよね。私の頭では一度観たくらいじゃ把握できません。

繰り返し観てみたり、遡ってみたりして、ある程度わかってはきたものの、ごめんなさい!もう少し時間をください!というのが現時点での感想です。
それと、テレビシリーズ、旧劇場版含め、全てを見直したい(見比べたい)気持ちになってます。(こういう気持ちにさせるところ、狙ってるんだか狙ってないんだか…)

それにしても「わかんないからもういいや」って気持ちにならないのはなんでなんだろう。
私はテレビシリーズ育ちなので、こうやって再構築されることに少し抵抗を覚えながら観ているのですが、それでも気持ちが離れなかったり、あれやこれやいろんなところでこのコンテンツには感心させられています。

見所含めた中身については、私なんかよりガチ勢の方のレビューや考察を観たほうが絶対に楽しいと思うので是非そちらを。

それ以外で、個人的に書いておこうかなと思うことは…
「破」のレビューで、マリちゃんはベラベラしゃべらず歌ってればいいのに~と偉そうなことを言いましたが、ただ歌ってるだけの人になってくれたので、うれしくもあり、びっくりしてます。
それと「破」で感じた違和感については、「Q」に繋げるためには必要なものだったのかもなという気もしてきました。

あと、シンジくんが急にピアノうまくなるのがどうしてもよくわからないのですが、あれは何か理由があるのでしょうか?
>|

似ている作品