RWBY Volume3の作品情報・感想・評価・動画配信

RWBY Volume32015年製作の映画)

RWBY: Volume3

上映日:2016年12月03日

製作国:

上映時間:180分

ジャンル:

4.1

『RWBY Volume3』に投稿された感想・評価

モンティ・オウム監督の愛の詰まった作品。ポリポリしていのも気にならないくらい、フル3Dとの相性が良い作品だと思う。めっちゃ好き。
ヒカル

ヒカルの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

噂以上の酷い状況へ物語は進む。

アクションシーンが前作より若干クオリティが下がったような気がするのはモンティ・オウム監督の死去によるものか、気のせいなのか不明。
(vol.2の列車内アクションは本当に秀逸だったと思いますが、vol.3では特に特筆すべきものが無かったかと。)

ただ氷雪帝国の数倍のスピードで運ばれるストーリーは全く先が読めずに興味深いので、見続けます。
akg

akgの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

怒涛の展開。いろいろなことが起こりまくるのでめちゃくちゃ面白いけど、辛いことが多すぎてもう感情がやばい。
REBYの世界がどれだけ作り込まれてるのかわかる。

このレビューはネタバレを含みます

天空闘技場みたいなんあったの知らんくて笑った。

ピュラの代役が伊藤静で、一人二役なっててややこいな。
豊口さんにも戻ってきて欲しいけど、すると伊藤静の出番が、、、
cv川澄綾子は一言目からいぃーてなった。んで妹cv日笠陽子とか、凛として可愛げな姉妹だなおい。

徐々に明らかになる世界全体の秘密、そしてさらに壮大に、深刻に激化していく戦い。トーナメントや小ぶりなチーム戦、広いフィールドを使ったバトルなど、少しづつ規模が拡大する本気の戦闘が増えてきて気が抜けない。エフェクトもド派手に迫力が増していて見応えがある。

学長らの戦いぶりもすごかったが、学生らの手には負えないとてつもない脅威に、チームRWBYもバラバラになり闇の軍勢に軍配が上がった印象の終わり。これからまた厳しい戦いに身を投じていくことになるのか。
うめ

うめの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと...いきなりキツすぎるよ、
ワイワイしてた学生生活どこいった!!??
ピュラ...まじか、あんな、そんな...。
急にシリアスって聞いたけど急すぎる、次見るの怖いよ〜
●全てのクリエーターに感謝 +☆3
●これはおもろなってきたなぁ。最後こんなシリアス展開になってくとは思わんかった。 +☆1
●なんかみんな可愛く見えてきたのに。ピュラ残念だ。 +☆0.2
●戦闘シーンはやっぱええね +☆0.1
●なんか街中の戦闘はFFやってる感覚になった +☆0.1
うめ

うめの感想・評価

4.1
マジか…
確かに3作目となれば
「転」ってなるんでしょうけども
それにしたって転換し過ぎだろ!
あまりの衝撃に見終わった後しはらくポカ〜ンとしてたわ!
まさかこんな事になるなんて…

チームで挑んだトーナメント
意気揚々と乗り込んrwbyだが…
少しずつ世界の闇は忍び寄る
少女達であっても
戦火は容赦してくれない
それに
勇敢に立ち向かう姿に
ぶつける純粋な思いに
鼓動は早まっていく
どんどんとキレを増すアクションシーン
豊かに表現される表情

どんな運命が待ち受けるのか
次が楽しみでたまらない
j3living

j3livingの感想・評価

4.0
そしてここで急展開。

というかVol.3にしてなかなかのシリアス、鬱展開に舵を取る。
いよいよトーナメント開催!なんだけど。
対戦相手の他校のメンバーもなかなか個性的な武器や戦い方で、熱く楽しく話は進むかと思いきや…。
おいおいなんか大変なことになってきたぞ。
悪役の若いの2人が普通っぽいのに結構悪どいことをやりやがる。憎たらしく感じちゃう。
とにかく相手の認識をコントロールして幻覚を見せたり幻聴を聞かせたりして、相手を追い詰めるやり方、狡すぎる。

壊されちゃったり、斬られて失ったり、殺されて消えてしまったり、ああなんて悲しい。
あんなにどんな時でも元気だったヤンがどうしようもなく落ち込んでるし。
ジョーンとピュラ、くっついて欲しかったなあ…。
ちなみにピュラのCV、元の豊口めぐみさんの産休で交代しています。OMG.
展開鬼辛いけどどんどんハマってく。クソ長いけど飽きないのすごい。ペニーの武器好き
SunnyBug

SunnyBugの感想・評価

4.5
怒涛のように展開していくストーリーが半端なく面白い!アホみたいに長いけど、それがダレない。。ヤバいです。
>|

あなたにおすすめの記事