オールド・ボーイの作品情報・感想・評価・動画配信

オールド・ボーイ2003年製作の映画)

올드보이/OLDBOY

上映日:2004年11月06日

製作国:

上映時間:120分

3.8

「オールド・ボーイ」に投稿された感想・評価

悪くはないけど、中盤でオチがわかってしまったので残念だった。カメラワークや、全編通して生ぬるい感じは良かった。
Yukenz

Yukenzの感想・評価

3.8
壮大な復讐ストーリーにめまいがする。単に命を奪うのではなく、これは狂気の沙汰としか言いようがない残忍な仕打ち。そんなにも憎しみが深いのか。

突然拉致監禁され、15年後にまた突然解放された謎と意味が徐々に明らかになっていくストーリー仕立ては秀逸。
と思ったらオリジナルじゃなくて日本の漫画が原作だったのね。

とはいえ演技もよく目を離さずに集中して一気見できた。異色で印象に残る作品
ねこぜ

ねこぜの感想・評価

3.1
暴力とか感情とかがとにかく生々しく感じるし後味の悪さを残してモヤモヤした気持ちが残った...
S

Sの感想・評価

3.8
解放されて生ダコ食べるシーンめっちゃ好きだ
こんなワイルドなおじさん惹かれるでしょ〜〜〜

オチは案の定だったけど
最後の催眠の、その後の顔は、そういうことなのか
フミキ

フミキの感想・評価

3.0
課長(以下課):うーん、これはなー

ヒロシ(以下ヒ):これはですねー

課:実にー

ヒ:はいはい実にー

課長&ヒロシ:胸糞ですわー!!!!(笑)

課:カット割りとか、俳優さんの演技とか、スゲエカッコいいし、スタイリッシュだけど、この『人の業』を前面に出してくるストーリーには好き嫌いがあると思うな。

ヒ:暴力描写や喜怒哀楽のスケールの大きさは、さすがの韓国映画かなと思います。最後の主人公の乱れっぷりは、主演のチェ・ミンシクさんの鬼気迫る演技もあって鳥肌ものです。

課:でもやっぱ俺は生理的にこの結末は受け入れられんなー!

ヒ:まあハリウッドでは絶対作れない展開ですからね。普段映画を観るときに無意識にかけちゃってる倫理観を思いっきりへし折られる衝撃を体感したい方はぜひ観ていただければと思います!

課:俺はへし折られすぎてもう帰って寝たい気分だわ、、、、。

ストーリー  2(課長)
       4(ヒロシ)
キャラクター 5
世界観    5
映像・演技  4
音楽     4
胸糞度    99
理由も、何者によってかもわからないまま15年監禁された男が、復讐のためそれを探る、という話。
なかなかグロテスクなストーリーで息つく暇もない暴力描写がツライがそれより「人間の醜さ滑稽さを目の当たりにして下世話な好奇心を煽られている自分」に気づかされるのがキツイ!なんだかんだで夢中で見てしまった…。
しかしこれだけ奮闘しても虚しさしか残らないのが復讐というものなのかと思わされる。荒唐無稽なようで不思議なリアリティがあるというか、それだけに余韻が残る。きれいなものだけが芸術ではないと思うけど、単純でスカーッとしたやつが見たい…。
えふの

えふのの感想・評価

4.0
韓国映画の暴力の敷居が低いのは相変わらずだけど、クラヴィングして暴力(死傷者)の量を客観視するとか、ハンマーの終着点を示して喜劇的に見せると案外目立たない。終盤にある時間差でひび割れていく窓なんかもきれいでよかった。

このレビューはネタバレを含みます

先に韓国版を。十分楽しめた。ただ娘を持つ父親にとっては辛過ぎる内容。
最近韓国映画を沢山観てるが、俳優陣も素晴らしい。鬼気迫る感じ、追い詰められる感じ、などすぐに感情移入出来る。リュックベッソンの[LUCY]と続きで観たが、チェ・ミンスクはかなりいい。
早くスパイク・リー版を観たい。
ずっと見ようと思ってて、たまたま見た日付が本編と被っててうれしい。胸糞だけど好き!あと、いちいちオシャレ
原作が日本のマンガだったとは知りませんでした。

2003年度カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞(タランティーノが絶賛したらしいです)した作品でもあります。


重くて暗くて鈍くてややグロいですが、しかしその伏線回収は見事です。


なぜ監禁されたのか、なぜ15年だったのか、、
その謎が解き明かされます。



しかし、個人的に重い映画、暗い映画は好きなのですが、なぜか本作の重さ・暗さはあまり好きになれませんでした。


なんとも言葉に表しがたいですが、「気持ちのいい重さ・暗さ」に感じなかったのです。


それと、伏線回収以外のストーリーにやや無理やり感があったり、主人公オ・デスが想像訓練だけでやけに強かったり、気になる点も多々ありました。
>|