セレニティーの作品情報・感想・評価

「セレニティー」に投稿された感想・評価

capitaf

capitafの感想・評価

4.0
Serenity is fun-loving and pro-freedom movie that portrays resistance fighters struggling against oppressive collectivism (based on the unfortunately short-lived TV series Firefly).
ザン

ザンの感想・評価

3.3
CMか何かを見て凶暴になる女の子がある暗号を聞くと今度は落ち着いた件がばからしい。宇宙の海賊船というよりは逃げ回っているだけでは?
ren

renの感想・評価

3.5
人類

2510年の未来を舞台としており、地球は滅亡しているが、人類文明は銀河に広がってその中心部が"同盟"を結成して統一支配している。セレニティー号はひょうんなことから、危険な秘密を持つ少女リヴァーとその兄を乗客としたことから、同盟により執拗に追跡されている。そして次々明かされていく「謎」。いったいどうなるのか、、

キャストもドラマで良く見かける人達や、物語もあんまり映画っぽくはないが、ジョークやSFアドベンチャーとしては良かったと思う。「良き人類」は大切ですよね。私ごとながら最近人類移住計画物を立て続けに観たので頭の中は宇宙です。
本格派SFアドベンチャー💡
脚本もキャストも悪くない。VFX(視覚効果)も製作者の情熱も熱い😆✨唯一の難点は【いきなり最終回】って所😅

▼本作のオリジナル、TV用SFドラマ「ファイアフライ」は人気が無くて打ち切りになったけれどDVDで発売したら予想外にヒットしたので「劇場版」を作ってみました😊✌

▼西暦2517年。宇宙はアライアンス(同盟)により支配されていた。辺境にはアライアンスに反対する独立勢力と食人族リーヴァーズが居る。
主人公マルは、宇宙貨物船セレニティ号の船長。マルは迷子の兄妹を保護。
兄サイモンと妹リバー。妹リバーは生体兵器に改造され、アライアンスに狙われていた。
普段は大人しいリバーだが「ミランダ」のキーワードで生体兵器の能力が発動。バーの客全員を倒してしまう。
ゾーイやジョインなどセレニティ号の乗組員は、危険な兄妹に関わりたくないが、船長マルはリバーが狙われる理由を解明したい。
「ミランダ」とは、食人族リーヴァーズのテリトリーを超えた辺境地の小さな惑星の名前だった。

枯れ葉が舞うように食人族リーヴァーズの包囲網をかわして惑星ミランダを目指すセレニティ号。船長マルと、謎の兄妹の運命は。

▼すごーく贔屓目に言えばSWのハン・ソロの活躍にも似た宇宙アウトローの冒険系。突っ込み所は満載だけどB級に分類するのは惜しい力作だと思う。

妹リバーの生体兵器の豹変ぶりは、ドラゴンボール初期のキャラクターで…クシャミで性格と人格が豹変する「ランチさん」に似ています😌
yadakor

yadakorの感想・評価

2.0
そもそも映画っぽくなくて、ドラマみたいな俳優や展開、セリフ
宇宙戦争、超能力、ゾンビと向こうの売れ筋を詰め込んだのはわかるが、あまりにひどい
打ち切られた連ドラの完結編らしく基本的にストーリーにはついていけなかったけど、そっち見ておけば名作に思えたに違いないと信じておく
小森

小森の感想・評価

-
そつなく物語まとめる王のジョスウェドンが監督した打ち切りドラマの映画続編。相変わらず沢山のキャラを活かすのが上手い!そりゃアベンジャーズとジャスティスリーグ任されますわ!
tonu

tonuの感想・評価

3.3
UltraHD Blu-ray(4K)、DTS:Xで見ました。
日本劇場未公開作品。

画質は悪くは無いけど・・・。雰囲気が出ていると言い方もできるんですが、暗いシーンも多く、いまいち見辛い感じでした。音は普通ですが、宇宙船関連のシーンではDTS:Xらしく音に包まれ感や情報を通り抜ける感が凄いです。ただ、もう少し臨場感などに使われてもよい気がします。

全体的になんか違う感が漂っていました。
最初にちょこっと説明は入るんですが、よく解らない。画質のせいもあるかと思いますが、感情移入できない。という感じで最後まで置いてけぼり感が結構ありました。

シナリオも、まあそんな感じだよね。という感じで、悪く言うと、良く出来たB級作品という印象でした。

全体的にお金がないのか?とか、良く出来たドラマ?と思いながら見ていました。

まあ、損した感までは無かったです。それなりに楽しめました。

サマー・グロー演じるリヴァーのアクションはなかなかでしたが、吹き替えなしなんでしょうか?元々バレエをやっていたのを生かしたアクションかなと思うので。その後映画ではあまり見かけませんね。
謎解き要素もあって、ビジュアルもいい。

SF映画として普通に合格点。
zk

zkの感想・評価

2.5
(採点保留)
『 ファイヤーフライ 宇宙大戦争』の続きとなる劇場版完結編。
tohtan

tohtanの感想・評価

3.0
何となく懐かしい宇宙活劇ですね。結構、見応えありました。VFXもいいですね。キャストも揃ってます。全く違うんですがアメリカ版キャプテン・ハーロック的な感じですね。
>|