ソナチネの作品情報・感想・評価

ソナチネ1993年製作の映画)

上映日:1993年06月05日

製作国:

上映時間:94分

4.0

あらすじ

「ソナチネ」に投稿された感想・評価

s

sの感想・評価

4.7
上手く書けないけど美しかった
ヤクザ映画なのにピアノが上手くマッチしていてとても良い
青豆

青豆の感想・評価

4.0
夏になると何故だか知らないけどヒップホップが聴きたくなり、そしてヤクザ映画が観たくなる。
HANABIは青、dollsは赤、菊次郎の夏は緑がそれぞれを象徴するカラーだとするならば、この作品は砂浜の色(サンドベージュ?)になるだろうか。
石垣島でのいわば"ヤクザの夏休み"的映画でクスッとするシーンも多いけど、死と隣り合わせだからだろう、終始不穏なムードが漂っている。
たけしの相手をじっと見つめる揺るぎない眼差しが兎に角カッコいい…フライデー襲撃事件後の会見での演技ではない本物の表情は超えられないけれど。(暴力は勿論良くないが)彼なりの超ストレートなやり方で愛する人を守ろうとしたのには未だに痺れ続けている。
ソナチネというタイトルも凄く好み。ソナタに至らない、小さなソナタ。ヤクザの親分であろうと誰であろうと、人一人の人生なんて地球の歴史からしたらソナチネに過ぎないということだよね。
イソノ

イソノの感想・評価

3.4
あまりはまらなかった。

徹底してドライに人間を殺すヤクザたちが沖縄の暮らしで童心に帰っているのが対照的。
話の筋はわかるのだが、とにかく淡々と進むので、盛り上がりに欠けているように感じた。
「もう疲れた。死にたい。大事なもんもだいたい無くなったし、死ぬわ」っていう映画なんだなと思った。鑑賞後に人から解説を受けたこともとても影響しているけど、とにかく「死にたい」っていう気持ちはすごく伝わってきてたし共感もした。

きっと、アウトサイダーとしてヤクザの世界でならと思って入った世界だろうに、その世界でも表の世界と余り変わらず金と規則と裏切りばっかりで。
そこに死が直結していることしか違わなくて、でもそれはそれなりで弟分のこととかは可愛く思ってるし、大事なものが無いわけじゃないから簡単にも死ねない。

理想と現実の乖離で苦しんでるのは語られなくてもなんとなく感じる。
それはその男凶暴につきでも感じてたものと似ているなあとも思ったりする。

観ていてやりとりはすごく楽しいし、単純に面白いし、演者それぞれがとてもいい顔をしていてみていて飽きない。

沖縄の美しい海とか青みがかった…というよりもうほとんど青!!って感じの画面がすごく良くて、引きの画が(構図なのかな?)とにかくずっとカッコイイなと思った。

あんなに晴れた空の下で痛いほどに青く澄んでいた海が、後半にはどん曇りで澱んだ感じだったのが印象的。それも退廃的でカッコイイなと思ってしまった。

銃撃戦をカットしまくって女の子とのやりとりに繋げる感じも素敵。

ただ、自分の映画のみかたがまだ全然なってないというのもあり、ただ単に感性が貧弱というのもあり、拾いきれなかったところも沢山あった。

なので、今の時点では3-4x10月の方が個人的には好き。時が経ってみかえしたときにどう思うかは分からないけど。

ロマンチックを信じたい心とは裏腹に、どこまでもドライな描写が、観ているこっちのいろんな想像をかき立てる。
そんなところに奥深さみたいなものがあるのかなあとも思ったり。

色んな思いが籠ったバカヤローがたくさん入れられてたと思うんだけど、女の子が穴に落ちて呟いたバカヤローが個人的にはすごく好きだった。
あれはちゃんと好きだよって気持ちが伝わってきた感じがした。

それでも一緒にならないところが切なくもありいいわよねと

あと、これは鑑賞後にも話したことでもあるのだけど「あんまり死ぬの怖いと思ってると死にたくなっちゃうんだよ」はこの映画を象徴するセリフに思えた。
smzsmzsmz

smzsmzsmzの感想・評価

5.0
夏の暑い暑い時期に新文芸坐に大人が汗かきながら映画をみたいと順番待ちして並んでる光景って、ヤクザがひと夏を沖縄の海でキャッキャいいながら遊んでる光景と同じくらい、胸がジュンってなるものあったよ。
あれでみんながもし、ださ目の派手なアロハ着てたら、誰かが自ずと落とし穴掘って相撲し始めて、夜にはみんなで花火を撃ち合ってたよ。
夏っていいなー。
lvs

lvsの感想・評価

3.5
ちょっと芸術性が高すぎて、気軽に見るにはあまり向かないような気がする。

この映画を正しく評価できる程、まだ私の感性が磨かれていないのでしょう。

とにかく、ヤクザの銃撃は直立不動片手撃ちなのは理解した。
龕裡

龕裡の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

隠れ家での遊びといえば、最初は拳銃と缶を用いたウィリアムテルごっことロシアンルーレットというヤクザ然としたバイオレンスなものだったが、沖縄の海に懐柔されるようにしてトントン相撲や落とし穴のような幼児的なものに変化していく。しかし落とし穴の際に大杉漣に「いつまでこんな事やるつもりだ」と苦言を呈されてからは釣りや上下関係が強調された宴会芸といった少し大人びたものに変化し、結局はまたフリスビーを銃で撃ったり、花火や拳銃を用いた撃ち合いといったバイオレンスな遊びに戻ってしまう。映画のストーリーもそれに対応するようにして進行する。
北野武演じる主人公が、生命の母たる海に拒絶されたわけでもなく、また彼自身居心地が悪かったわけでもないのに、どういう訳か気付けばふらふらと暴力と死の世界に向かってしまう。わざわざ"どういう訳か"と繋げてるのだから、不可解な事象の筈なのだが、感覚的に分かってしまう。
暇を持て余した彼らの、沖縄の外れでの退屈なせいかつと、ヤクザとして対立している組との物騒な争いのコントラストがよかった。

やわらかさがあった。
意外とすきだなとおもったのが意外だった。


北野武は『あの夏いちばん〜』が好きで、なんでああいう優しいものをもっと撮らないんだろう、なんで任侠なのだろう、と思っていた、

それには多分色んな理由があるのだろうけど、今作の中にも『あの夏〜』とおなじような優しさみたいなものが空気の中にあったように思う、


ただの眼差し、抑揚のない眼差しにどういうわけか惹かれた。
ねも

ねもの感想・評価

3.0
カッコイイ!男の世界

ああいう風に死ねたらって思った

他の人のレビューを読んで、やっと描かれてた意味が理解出来た
乾いた銃声、棒立ちの銃撃戦、淡々と進むストリー、無情な音楽、どこをとっても美しい。
芸術的で、監督の死生観が強く見受けられる今作は、親に恵まれなかった子ども達を描いた一夏の物語である。
だが、子ども達といってもヤクザの話である。ヤクザ映画と聞けば、派手な抗争など血なまぐさい争いを思い浮かぶだろう。しかし、今作は従来のヤクザ映画とは違う。なぜなら娯楽的ではなく、隠されたメッセージ性を持つ芸術的な映画だからだ。
なぜ、芸術的かというと、まず音楽について挙げられる。
ヤクザ映画でピアノのメロディが使用されるのを聞いたことがあるだろうか。今作は、久石譲が音楽を担当しておりピアノのメロディと言えば優しさのある音を演出できる一方で不安を煽る無情な音楽を演出することもできる。そして、この不安を煽る音楽にはピアノ特有の濁りのない澄み切った音があり、この映画の世界観ととても上手くマッチしている。
次に構図である。特に印象的なのは、こめかみに銃を押付けロシアンルーレットをする場面である。広大な海をバッグにこめかみに銃を突きつける様は、ちっぽけな命をみせつけられているかのようだ。
最後に、キタノブルーと言われる画面にほどこされた独特の色合いだ。少しだけ濃い青のようなこの色は、画面に写る生きる輝きを消し去り、人の冷酷さや淡々とした無機質な表情を作りあげた。
これら3つの代表的な事から芸術的な作品だということは分かって貰えただろうが、他にもセリフや物語、演技、独特な間の取り方など様々である。
>|