3-4x10月の作品情報・感想・評価

みんなの反応
  • 沖縄パートの緩急や温度感が良かった
  • コメディ要素の強い作品で、ヤクザを通して描かれる生死の過激な表現と性表現がシュールで全て素敵
  • 石田ゆり子がとにかく可愛い、無気力、故に無鉄砲という主人公が北野映画に新鮮さを与えた
  • 映画は引き算。主人公のかまし具合が抜群なのと武が出てきてから一気に怖さが増す
  • 循環構造的な作りがとても楽しい。間違いなく北野武にしか作れない世界観
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『3-4x10月』に投稿された感想・評価

武映画の中でも結構難しかった。でもやっぱり笑いとバイトレスと淡々としたカットが印象強く頭の中に残る。

オチがよく分かんなくて色々調べてしまったんだけれども、多様な解釈があって小説みたいな映画になっ…

>>続きを読む
カタギの人間が鉄砲持った時の滑稽さが上手い。カタギとヤクザの境界を描きつつ、それがあくまで日常の延長線上で曖昧に近接していく世界観は唯一無二。しかも結局ラストはそれかよって。

何なんだこの空気は!
無駄や余計しかしてないんだけど
その無駄を研ぎ澄ませているとでも言うか

前半はその男〜と同じく外した笑いも多くて良い意味で普通なんだけど
沖縄に行ってから大爆発
ビートたけし…

>>続きを読む
だ

だの感想・評価

3.5

味わったことのある色んな虚無感、無力感がいっぱい出てきた。たけしの役っていつも少し照れが入るんだけど、珍しくちゃんと気持ち悪い役だった。便所しに野球来た人の物語だった。音楽がなくたって心地よいテンポ…

>>続きを読む

草野球チームに所属しているガソリンスタンド店員の雅樹がヤクザをカッとなって殴ってしまったことで抗争へと発展してしまう映画
2作目にして脚本も北野武、たけし軍団の面々も出演し前作「その男、凶暴につき」…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

なかなか実験作…?シュールな笑いもあるけど基本的にむずい気がした。たけしクソ理不尽でわろた。初期の北野映画見てきて、たけしが演じる人間に嫌悪感を抱くことあんまり無かったけどこれはちょっと別かも。最後…

>>続きを読む
misty

mistyの感想・評価

3.2
1990年、北野武として2番目に監督した本作、マジで攻めすぎで意味不明だった。笑 細部は光っているが、もう少し意味を大事にしてほしい。若き石田ゆり子がマブすぎる

このレビューはネタバレを含みます

全編通してほとんどお笑いだったから
変な作品だったけどすごく見やすかった!!

あと個人的な解釈だけどこの作品で
車を運転する人は大人でそれ以外を
運転するのは子供と思った。

車に運転した人物は虚…

>>続きを読む
nati

natiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

虚無感と無音

ガダルカナルタカ、あの笑顔からの狂人っぷりたまらん。野球監督してる時間が至福なんだろうなと伝わる。
狂ってる人の通常ってやっぱりおかしい。やる気のなさとか覇気がない感じ、それがみんな…

>>続きを読む

夏のまぼろし(ノーリアクション)

鑑賞後に押し寄せる空虚が甚大で怖い。円環構造に取り囲まれる、まさに便所の中のような閉所の恐怖がありながら、通底する空気感のぼんやり加減と緊張のバランスが抜群。それ…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事