仁義なき戦い 頂上作戦の作品情報・感想・評価

仁義なき戦い 頂上作戦1974年製作の映画)

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.9

「仁義なき戦い 頂上作戦」に投稿された感想・評価

KICCO

KICCOの感想・評価

4.0
沼にハマってしまうおもしろさ。
調べれば調べるほど面白さに気がつく。
本も読みたい。
か

かの感想・評価

3.5
広島の喧嘩いうたらトルかトラれるかの二つしかありゃぁせんので

おんどれらも、吐いた唾飲まんとけよ


社会vsヤクザ、広島vs神戸
オリンピック間際。市民が暴力廃絶を願いついに警察が暴力団の強行捜査に踏み出す
ちゃららーちゃららーー!!

頂上作戦って??
組長殺ってテッペン取る作戦?

なるほど。
組長級の大物たちを一斉に検挙する警察の作戦のことなんですね。

岩井の眉なしコワモテ
山守 打本 槇原のカスっぷり

相変わらず過ぎて安心する反面、いい加減食べ飽きたのも事実です…d( ̄  ̄)

味付け濃い目の回鍋肉を4日連続食べ続ける感覚…笑

目新しい点も特になく、病に犯されている義西会藤田(松方弘樹)が演出とはいえ、いくらなんでも黒過ぎるところがある意味目新しかったです。

広島死闘編のアクの強い大友(千葉真一)の出演予定があったらしいですが、撮影がかぶっていてダメになったとのこと。

大友が出てればまだ良かったのに…
(;_;)

ラスト広能 武田の1シーンがシリーズ屈指の名シーンだと感じたのでこれぐらいの点数に。

あと一作頑張れ自分。
櫨山

櫨山の感想・評価

4.9
ただでさえ毎回見終わったら落ち込む仁義なき戦いの中でも特に気分が沈むラスト。
寒さに震える菅原文太と小林旭なんて見たくねえぜ……

暴力衝動の固まりのような一作目が行き着く先がここかと思うとやるせない。
satoshi

satoshiの感想・評価

4.9
「仁義なき戦い」事実上の完結編。広能と山守の長きにわたる因縁はここで1つの決着を見ます。本作では、広島ヤクザ抗争の決着を描くと同時に、様々なことを描いている作品でした。

 本作では抗争の決着と同時に、様々なことを描いています。その1つは「時代の移り変わり」です。それは「戦争の時代」から「成長の時代」へと変質する時代の流れです。

 これまでこのシリーズは抗争を通して「戦争」を描いてきました。それは終戦直後であったため、戦争の生き残りである若者がぶつけようのないエネルギーを抗争にぶつけていたからでした。そして、ヤクザとして力を得なければ生き残れない、土地が管理できない、という混沌とした時代背景もあるでしょう。

 そのような中でヤクザたちは、生き残りをかけた凄惨な抗争をしていきます。最初こそは単純でしたが、徐々に抗争の内容が変化していきます。どんどん政治的駆け引きが強くなっていくのです。そして遂には西日本を代表するヤクザの代理戦争にまで発展しました。

 このように、前のシリーズまでは「過去の大戦」から「冷戦」を描いてきました。今回は「成長時代」の時代への移り変わりを描き、「戦後」という時代の終焉を描きます。

 時代は1963年、東京オリンピックの前年。もはやこの時代まで来ると、経済白書の「もはや戦後ではない」に代表されるように、戦後復興が一通り終わり、世の中は成長の時代に向かっています。そして、時代の移り変わりから、それまで黙認されてきたヤクザにもとうとう警察という国家権力のメスが入ります。そして結果、広島ヤクザのほとんどの幹部が逮捕されてしまいます。戦後の行き場のないエネルギーをぶつけるだけのヤクザの時代は終わり、人々が豊かになってゆく時代がやってきていたのです。

 そんな中、ラストで広能と明が交わす会話が印象的です。そこで彼らの時代、つまり戦後は終了し、新しい「成長」の時代へと世の中は舵を切ったことを実感します。そしてここで驚くべき事実に気付きます。「仁義なき戦い」シリーズは、ヤクザ抗争をとおして、当時の世界の戦争の歴史だけではなく、日本の時代すら描いていたのです。

 広島抗争は、ラストのナレーションによれば、死者17人、負傷者26人、逮捕された組員1500人の犠牲を出し、終結しました。しかし、それで何が残ったのでしょうか。正直言って何も残ってません。出たのは犠牲者だけです。

 本シリーズで描かれていることとして、「上の人間によって、若者が犠牲になる。上の人間は全く手を下さない」ことがあります。その象徴が金子信雄ですが、彼らは逮捕されても悠々と生きています。刑期も広能たちよりも圧倒的に短い1年ちょっと。彼らは全く責任を果たしていません。菅原文太、小林旭ですら、彼を倒せなかったのです。深作欣二監督はあの戦争と、戦争に賛成していた大人がコロッと態度を変えたことに憤りを感じていました。その怒りが入っている気がしてなりません。そうなると、これは広能たちにとっても「終戦」と言えるのです。


実録!広島ヤクザ物語シリーズの第4弾!
実際に戦後起きた広島抗争の手記を元にした群像劇!
『アウトレイジ』見てたらヤクザ映画を観たくなったので鑑賞Part4


「おどれも吐いた唾、飲まんとけよ」


激化の一途を辿る抗争はついに組長クラスの逮捕や殺害、つまり「頂上決戦」へと進んでいく。
あまりにヤクザ達が殺しまくるもんだからやっとマスコミや警察が動き出した!!
(めちゃくちゃ遅い)
組長クラスを逮捕にかかるぞ!!
(今まで何やってたんだ)
1作目で若き帰還兵だった広能も今や、貫禄ある組長に…。
まあやってることは基本的に殺し殺され、騙し騙されの連続なのでさすがに少しお腹いっぱいになってきたかな?

キャストも相変わらず!
菅原文太は渋すぎるし、小林旭はクールだし、山守組長はクソだし(笑)
今作では目立った新キャラはいなかった気がする。

終盤の雪降る裁判所シーンの哀愁ったらない。
かくして広島抗争は、死者17名、負傷者26名、逮捕者約1500名を産みだし、何ら実りのない幕引きを迎えたのだ……

「広島の喧嘩いうたら取るか、取られるなの2つしかありゃあせんので」

ヤクザ映画好き、仁義なき戦いシリーズのファン、そして終わりを迎える広島抗争を見届けたい方にはオススメの作品。
ラストシーンが良かった。

武田はホントにかっこいい。台詞も
印象に残るものばかりだった。
kiuche

kiucheの感想・評価

3.7
眉毛なくなってしまっているし一作目とは違う役柄ではあるものの梅宮辰夫と菅原文太が並んで会話してる光景はグッときてしまう。

「税金の無駄遣いじゃのう!」
くぅー

くぅーの感想・評価

3.9
頂上作戦とは、警察のヤクザ掃討作戦のこと…そう、第四弾では国家権力が介入して、また違ったドロドロさを見せる。
よって、菅原文太の出番が減るのが気に入らないが、小林旭の渋さがさらに増して、見応えが出ている。
新顔の黒沢年男にニンマリし、小倉一郎の意外な頑張りも良かったが、夏八木勲はもっと見たかった…って、復活した松方弘樹の黒さもいい。
そう、暴よりも渋味な本作…ファイナルに向けて期待が高まる。
前作で山守組から破門された広能は積年の恨みを爆発させるも煮え切らない打本、そうこうしているうちに警察やマスコミの締め付けが強くなり最後には警察の頂上作戦発動によって抗争当事者双方の親分格一同逮捕されてしまう
第二次世界大戦直後の無秩序だった頃と時代も大分変わり、広能と武田が留置所で寒さに体を震わせている様子に哀愁を覚える
鬱屈した暴力性を爆発させる若者たちに焦点を当ててバイオレンス増し増しにした点では1作目に戻った感がある
相変わらず面白かった
一連の戦争がどこに向かうのか、最終作が楽しみ
>|