仁義なき戦い 頂上作戦の作品情報・感想・評価

仁義なき戦い 頂上作戦1974年製作の映画)

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.9

「仁義なき戦い 頂上作戦」に投稿された感想・評価

代理戦争の続き、こっちも前半は代理戦争の流れを組む会合、密談劇。
でも、話半ばすぎで主人公の文太さんが逮捕されてから、血の応酬がスパークする、物語も加速する。
じっさいゴア描写がすごいんだよね。鼻を切り取られるシーンをドアップで撮る、執拗にドスで突きまくるのを血糊マシマシしてたりして、代理戦争で押さえた暴力の埋め合わせだと言わんばかりに激しい笑
代理戦争も変わったバランスだけどこっちも何気に変なバランスの映画だよ、主人公が一番いいとこになる直前に離脱するのに、むしろそこからがおもしろいという笑
抗争の結末はというと、旭さんや文太さんみたいに筋を通したり、良かれと思って動いた二人が結果貧乏くじを引かされて、ずるく、姑息に立ち回った連中の方が刑期が軽くなる。シビアでリアルだよ。まあ、実話ベースだからリアルなのは当たり前か。
旭さんは今作でも前作と同じゴツいシルバーリングしてる、こっちだとデザインが般若の面になってるってハッキリわかるよ笑

余談だけど仁義シリーズは若い頃は何者にも媚びず己の欲望に忠実で破滅を怖れず年長者にも有力者にも牙を剥く大友に感情移入してたけど、今は武田(小林旭さん)の気持ちがよくわかるし好感持てる。利己的な上役や信用置けない同僚の狭間で事態をコントロールしようと四苦八苦する様が他人とは思えない笑
余計なセンチメンタルに浸ることなく抗争のみを捉え続けた作りに「これぞヤクザ映画」と思わず感嘆。ラストシーンの虚無感がなんともいえない。
2018.1.8
自宅TVにて鑑賞

いよいよ実録ものの映画であるという特徴が裏目に出始めたようなストーリー展開。
また撮影技法としてもやはり同じ題材で同じキャストだと深作監督でも次第に中弛んでしまうようだ。
菅原文太が主役と銘打っているが、胸がスカッとするようなシーンは前作に引き続き少なく、小林旭演じる武田明の堰を切ったようなマクりが印象に残る。

次が最終作ですが、見るか迷います
(何の生産性も無いレビュー)
「広島極道は芋かもしれんが、旅の風下にたったことはいっぺんもないんで」
小林旭、最高。
ta

taの感想・評価

3.5
ここまで観て思ったけど、広能もイキがいいだけで結局何もしてない?
って思うと、
もっと好きな作品になりました。

槇原は健在。
だけど自分としては、槇原が殺されるシーンも観たかったなぁ。
加藤

加藤の感想・評価

4.0
やや繋ぎの回の印象もあるが、なんかもうストーリーとかなくても面白いのではないかという境地。山守は愛すべきキャラクターであるというのがやっと分かったような気がする。実際にモデルとなった人物のことを知ったら、そんな呑気なこと言えないだろうけど。最後の裸足のカット、痺れるなあ。
KICCO

KICCOの感想・評価

4.0
沼にハマってしまうおもしろさ。
調べれば調べるほど面白さに気がつく。
本も読みたい。
か

かの感想・評価

3.5
広島の喧嘩いうたらトルかトラれるかの二つしかありゃぁせんので

おんどれらも、吐いた唾飲まんとけよ


社会vsヤクザ、広島vs神戸
オリンピック間際。市民が暴力廃絶を願いついに警察が暴力団の強行捜査に踏み出す
ちゃららーちゃららーー!!

頂上作戦って??
組長殺ってテッペン取る作戦?

なるほど。
組長級の大物たちを一斉に検挙する警察の作戦のことなんですね。

岩井の眉なしコワモテ
山守 打本 槇原のカスっぷり

相変わらず過ぎて安心する反面、いい加減食べ飽きたのも事実です…d( ̄  ̄)

味付け濃い目の回鍋肉を4日連続食べ続ける感覚…笑

目新しい点も特になく、病に犯されている義西会藤田(松方弘樹)が演出とはいえ、いくらなんでも黒過ぎるところがある意味目新しかったです。

広島死闘編のアクの強い大友(千葉真一)の出演予定があったらしいですが、撮影がかぶっていてダメになったとのこと。

大友が出てればまだ良かったのに…
(;_;)

ラスト広能 武田の1シーンがシリーズ屈指の名シーンだと感じたのでこれぐらいの点数に。

あと一作頑張れ自分。
櫨山

櫨山の感想・評価

4.9
ただでさえ毎回見終わったら落ち込む仁義なき戦いの中でも特に気分が沈むラスト。
寒さに震える菅原文太と小林旭なんて見たくねえぜ……

暴力衝動の固まりのような一作目が行き着く先がここかと思うとやるせない。
>|