その男、凶暴につきの作品情報・感想・評価

「その男、凶暴につき」に投稿された感想・評価

この時からアウトレイジの伏線みたいだな

刑事だけど何でも暴力で解決しようとする

キャストがみんな、若い

遠藤憲一は昔から顔が変わらん笑

走ってるシーンは本当にきつそう

しかし、ビートたけしは何かと死にたがるなぁ
けんざ

けんざの感想・評価

3.1
北野武監督の原点。勧善懲悪の名のもとに一匹狼の静かな狂気が牙を剥く。

特に面白みがある話ではなかったけど、タメのない暴力やシュールな笑い(しつこくビンタを繰り返したり)など、イズムを感じられる描写がいくつもあって良かった。荒削り感は否めないが。

ヤクザも汚職警官もしょうもない奴らはすぐ死んでいく。小粒なりに真っ当に生きていても、しょうもない奴らの巻き添えを食らって人生が終わることもある。だから、理想の生き方を考えるだけ無駄だし、瞬間に命を懸けていくしかないのだと考えさせられる。
風神

風神の感想・評価

3.5
北野武監督の一作目。
しょっぱなから、バイオレンス!

タイトルが素晴らしいですね!

いろいろ粗削りな所もありますが
たまに観たくなる良作です!
どいつもこいつもキ○ガイだ。凄い見応えのある映画でした。終始流れてるミスマッチなBGMも雰囲気が出て良かったです。
北野武初監督映画。昔の映画〜って感じで見始めたら、カメラワークや演技力が今の時代にないものばかりで引き込まれた。この時のたけしカッコよすぎ。白竜怖すぎ。オープニングのクソガキをボコるシーンめっちゃ好き。伏線の張り方も綺麗。
面白かった!
たけし映画は小さい頃意味わからないし怖いから敬遠してたけど、年取ってみると色々見えてくるね!
静と動の見事な演出!
白竜超怖いけど、小物感もありとてもいい演技!たけしの演技は歩いてるだけで絵になる!
岸部一徳、佐野四郎、川上麻衣子、遠藤憲一。全員若い頃から凄い存在感だ!
まさかの私の中の高得点(笑)

全く期待してなかったけど、

キャストの豪華さ、うまさ、カッコよさ、

何よりたけしさんのカッコよさが凄かった!!びっくり!!

アウトレイジのたけさんはあまり好きじゃないけど、全く別人のように思えた!

川上さん可愛いなー
北野武初監督作品。省略の美学や淡々としている空気感は最初から健在。ビンタがこんなに怖い作品もない。表面的じゃないものが伝わってきて最高だった。
K

Kの感想・評価

4.3
北野武初監督作品。
その男、我妻諒介、39歳。職業、刑事。
‪行き過ぎた行動と粗暴な性格から、署内でも危険人物として敬遠されていた。自身を理解してくれる数少ない同僚の岩城と他愛もない冗談を言いながらも、辛うじて完全な孤立を免れていた。また、そんな我妻は知的障害者の妹の面倒を見ていた。ある日、港で麻薬売人の他殺体が発見される。我妻は新人の菊池を引き連れ、操作を開始するのだった。

正義と悪の境界線すら存在せず、ただ狂気、そして暴力だけが法とすることを許される。全編に散らばる黒い笑いが作品内に絶妙な緩急を与え、何を仕出かすのか不明な独特な“間”を掌握する我妻の人間性につい呑まれそうになってしまう。この絶妙な笑いと暴力の両立はお笑い芸人という職業柄が故に成立したものか。監督一作目にして北野武の映画を撮る才能が爆発している。
無言の中炸裂する静かなる激しい“怒り”が我妻という男を物語る。‬
静と動
歩くシーンの多さ
ラストの女性
意味ありげなシーンも多く考えがいがある
北野武あっぱれ
>|