半魚人の逆襲の作品情報・感想・評価

「半魚人の逆襲」に投稿された感想・評価

翔太

翔太の感想・評価

3.3
人間に勝手に捕まえられ水族館の見世物にされる半魚人が可哀想だった、、
けどすぐに美女に恋して連れ去るのはダメでしょ笑

前作よりもシェイプの元ネタと思われるシーンが沢山あったのが意外だった。パニックホラーとして中々の良作でした。
2作目でもう半魚人のビジュアルをじりじり出せないのが痛かったんやろうなぁ。
やっぱり2作目は都会に行くんやね。
半魚人が実際に着ぐるみとして存在しているのは見応えある。特に海で泳いでいるカップルを海上と海中から映しているところは本当に気持ち悪い

ただ割とすぐ捕まって見世物にされた後はクソつまらんラブロマンスでぐったり。後半も前作の焼き直しで特に展開で面白いところはない。

あと半魚人、ちゃんと海中で座ってご飯食べててえらいね。
クリント・イーストウッドの映画初出演作品(デビュー作)なので観たのだが、彼のCAST表記なし。

出演していることを知らなければ、見落としてしまうほどのチョイ役だった。
研究所の研究員の一人として登場しただけ。

さて、物語は、アマゾン上流で半魚人を探す男たち。
半魚人を捕獲して、フロリダに運んで、水族館で一般公開するが、当然ながらそれだけでは終わらない。

この映画でヒロインのヘレン役を演じているロリ・ネルソン、まずまず良い感じの金髪美人である。(映画はモノクロだが)

今や、クリント・イーストウッド好きが観る映画になっているのかも知れない。
同監督による 大アマゾンの半魚人の続編

とうとう完全に捕獲された半魚人が研究の為にアメリカに連れてこられる!水槽の中で鎖に繋がれた彼は人々の見世物になってしまう!そんな中 半魚人くんは 飼育を担当していた魚類学者の女性に惚れてしまい…

ストーリー的には 前作よりもシェイプオブウォーターに影響を与えている

二人の研究者の大人の恋愛を半魚人が追っかけして憧れるという これまた変わった映画やな

チョイ役でイーストウッド出てる笑 一人だけ段違いにハンサム笑 当時の人はどう思ったんやろな笑
ほしの

ほしのの感想・評価

4.2
捕まってしまい、水族館で見世物にされてしまう半魚人。

エサをもらうイルカの映像と半魚人を見比べると、賢いとか言われてるイルカって相当アホやんって思った。

水族館から脱走しても、ブロンド美女に心惹かれる半魚人。

「大アマゾンの半魚人」の方がだいぶ好き。ジャングルの方が半魚人に合う
めっちゃチープなB級映画でしたが、古い割には半魚人の見た目もある程度気持ち悪く見え、そのあたりの演出は良かったです。
いかんせんストーリー展開が退屈すぎて苦痛の84分でした。
ねこ

ねこの感想・評価

4.0
昔の人はこれ見て怖いと思ったのかな(笑)まあ確かにアレが目の前に来たら怖いっちゃあ怖いね。
ストーリーとは裏腹に、動きとかでつい笑ってしまう。
そういえば愛内里菜っていましたね、
恋はスリルショックサスペンス。
時代を加味すればかなり良くできたプロットだし、半魚人の造形も時代を考えると凄いと思う。
クリント・イーストウッドのデビュー作。
ss

ssの感想・評価

-
たまたまツタヤで出会ったこの作品。
なんともおどろおどろしくてチープな感じが私の心をくすぐる。

なんとクリント・イーストウッドのデビュー作っていうんだから、なんとも素敵な出合い。

これは…半魚人目線で見るととてつもなく切なくて悲しい話だ。
人間に勝手に捕まえられて、見世物にされて、人間の女性に恋をして…連れ去ったら追いかけられて(ここは人間同士でも一方的な好意のみならアウト笑)…。

そして断然半魚人役楽しそう。
水面で人間引きずり込んでみたり、
水中で逃げたり、陸で暴れながら人間追いかけてみたり。
イマドキ半魚人で映画作ってもハリウッド大作にはならないかぁ〜。
半魚人、微妙すぎる存在感で好きなんだけどなぁ。

2016/9/19
今や俳優、監督としてもその名を知らぬ者はいないクリント・イーストウッドのデビュー作。彼にも糞がつくほどチョイ役の時代があったとは。
「畜生、半魚人役がやりてえ」とか思っていたのかなぁとか考えると胸が熱い。
>|