キング・コングの作品情報・感想・評価・動画配信

『キング・コング』に投稿された感想・評価

菅谷

菅谷の感想・評価

3.0
現代の感覚で観るとしょぼすぎて退屈だが、特撮映画の起源としてみると限られた技術で最大限に恐怖を演出していて興味深い。デカいゴリラとか以前に恐竜がウヨウヨ出てくる。
 1933年制作、メリアン•C・クーパー、アーネスト・ B・シュードサック監督による怪物映画の傑作である。

 まだ、「怪獣」という言葉やアニマル・パニック・ムービーというジャンルすら存在していなかった時代、当時のハリウッドの特撮技術を最大限に駆使して制作された。
 今観ても充分に鑑賞に耐え得る見事な出来栄えと言っていい作品である。
 とは言え最新版のCG満載のコング映画と比せば膨大な時間を費やしストップモーション技術で作成されてはいたもののその映像は稚拙の誹りを免れるものではない質感である。
 しかしながらそれは可愛いそうであるしルール違反でもある。
 本編で使われた可愛らしい動きをするこの技法はかつてアルゴ探検隊シリーズやシンドバッドシリーズなどで充分楽しませてくれたレイ・ハリーハウゼンなどを経て熟成し、近年ではこの技法に円熟味を加えたフィル・ティペットが「スター・ウォーズ」で活躍、かのスピルバーグ監督に「私の人生に必要な人」とまで言わしめた特撮の巨匠ではあったが「ジュラシックパーク」に至ってCG時代の到来により絶滅危惧種となってしまった歴史がある。
 ではあるがどっこいディズニーでは今でもお馴染みだし生き残って重宝がられているのが実際である。
 あのギレルモ・デル・トロ監督に至っては「師匠にして神」とまで呼ぶフィル・ティペット監督の制作30年に及ぶライフワークたる新作「マッドゴッド」がこの年末に公開される予定にもなっている。
 なんだかプロモーションみたくなってしまったがそうなんです。

 こうして考えてみればこの技法はフィル・ティペット氏に至るまで優に100年近く世代を超え楽しませているのであり、経年により更に緻密さとリアル感を増しているのは事実なのである。
 
 こうしたキャリアに鑑み、むしろその稚拙さを愛でるぐらいの度量を以ってこの名作を鑑賞したいものである。

 とりわけ本編は冒険や探検心から来る好奇への刺激やコングの18メートルという設定から醸し出されるスペクタクル感とダイナミズム、ハラハラドキドキ感を増嵩させるスリルとサスペンス、そして大自然を侮ると猛烈な反撃を食らうといった「ウルトラQ」的メタファーとして人を掴んで投げ飛ばし、噛み殺し、踏み潰すホラー的要素も加わって正に面白い映画が内包しているであろう要素が網羅されていると言っていい作品である。

 かくして本作はその後の映画に与えた影響は絶大なものであったのである。

 その後の怪物映画で勘違いをしたとすれば、怖さやダイナミズムを煽る為、漸次巨大化していったことである。
 高層ビルと同じ背丈にすると逆に稚拙感が増し、スペクタクル感が減衰することが分からなかったのかもしれない。
 身の丈18メートルというサイズ感はかえってスペクタクル感やダイナミズムが醸し出されてくるし、邦画の「大魔神」などが何よりもそのことを端的に説明している。
 そうムキになって語る話でもないがそう思っている。

 リバイバルではあったがかつてTVでこの映画を観た少年時代、
 こんなに大きなゴリラがいるんだと深刻になり、その後何回か夢でうなされたこともあった。
 それほど真に迫ったコングであったし、稚拙な動きが気にならず古い映画のせいだと思い込んでいた。
 そして複葉機とコングの戦いは絵になるが、ジェット戦闘機は無理があるとも感じていた。

 兎にも角にも本作が90年前に創られたものであることを差し引いても映画というエンターテイメント性が充満している作品であることは間違いないし、かえってアナログの良ささへ感じ取れる作品で時代の先端を行く象徴として建築されたエンパイヤステートビルを舞台にアメリカハリウッドの底力を見せつける作品になっているとも思えるのである。
 
Gelonimo

Gelonimoの感想・評価

2.5
キングコングの原点。

展開はダラダラ進む。
ツッコミどころが満載。
途中で5回ぐらい寝た。

でもこれは1933年の作品。
当時からしたらものすごい技術が使われてるんだろうと感心してしまう。

でもキングコングを観るたびに種悪の根源は人間なんだと感じる。

コングは終始人間から悪者扱いを受けるが、コングはただ自分の家で平和に過ごしていただけという。

お気に入りのシーンはコングが人間捕まえて、食べるのかと思ったら、くわえてポイって捨てるだけのシーンww
K

Kの感想・評価

3.4
恐怖だけではなく、愛嬌も兼ね備えてる。

ビジュアルやストップモーションによるキングコングや恐竜たちは、あまりにも可愛かった。技術的な問題だったとしても。
raina

rainaの感想・評価

3.4
意外と小さいコング。
コングの顔のアップ、マヌケで笑っちゃった。
でもリメイクもスカルアイランドも好きだから元祖見れてよかった。
コングはブロンド美女が好き。
この映画が1933年制作って凄い。
リメイク版見てから原典を視聴
古典映画なので内容や技術面は仕方ないんだろうけど
今では見るに堪えられないレベルかなー
コングや恐竜出てくるけど、まんまクレイアニメ
コング出てくるシーンとNYのシーン以外はあまり見どころない
ただやはりNYに行ってエンパイアステートビルに登って飛行機と格闘するシーンはなかなか見ごたえある
1933年の作品とは到底思えない大スペクタルシーンの連続のモンスターパニック映画❗️


名作だけど、かなり前の映画だし…と侮っていたら、足元すくわれた❗️

原住民達が守る巨大な門がクソでけぇぇぇえええええ‼️‼️
1930年代の映画のセットの規模じゃないwwww

そして怪獣達の大乱闘❗️
ティラノサウルスやウミヘビ、プテラノドンとの連戦は凄すぎる!
これはレイ・ハリーハウゼンの人生を変えたというのも納得!

人間がこんなところに紛れ込んで何かできる訳もなく…
巨大な門を突き破ってきたキングコングに原住民が抗おうとするシーンも恐怖でしかない!

大きなクリーチャーと小さな人間の対比が凄すぎる
そしてエンパイアステートビルとコングの対比はコングがめちゃくちゃ小さく見えるwwww
ビルでけぇぇぇええええええ❗️


またこの作品本当に無駄なシーンが無く、テンポが良い!
個人的にリメイク版で嫌いなアンとコングの馴れ合いが一切ない‼️
ただただ殺し合い!

最高でした❗️
ぞの

ぞのの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

BGM迫力強い、特撮今見てもすごいし怖い

急なロマンス

人が容赦なく殺されてくのがエグくて緊張感あっていい、ティラノの口をゴキっと捻り殺すのもなかなか

切ないコングのラスト、締めセリフ言ってる場合か
石工

石工の感想・評価

3.7
怪獣映画の撮影技法としては拙いと思うが、その拙さが逆に魅力になっている。キングコングにはマスコットキャラクター的な親しみやすさがある。
>|

あなたにおすすめの記事