キング・コングの作品情報・感想・評価

「キング・コング」に投稿された感想・評価

どうしても「1933年なのに」という上方修正がついてしまうが、それでもバリ面白い!

キングコングが出るまではお世辞にも面白いと言えないが、キングコングが登場してからは怒涛の展開!「これでもか!」と言わんばかりに、シーンが切り替わるごとに単調増加的に面白くなっていく盛り上がり具合。当時の観客は、まさかジャングル→ニューヨークまで行くとは思わなかっただろうね。

◼︎ノンストップ&予想を上回る盛り上がり
この映画の何が素晴らしいって、ノンストップでキングコングを見せてくれること。そしてその規模感(すなわち面白さ)がドンドンとデカくなっていくことによる満足感。あの当時の映画ならば、最初のジャンクでのコングと恐竜の対決がクライマックスでも全く違和感ない。というか、そちらの方が自然かもしれない。しかし、この映画はその対決を何回も見せてくれる、しまいには、都会に行って飛行機と戦う!!おー、そんなに見せてくれるんすか!先輩!しかも、これは1933年の映画だ…

◼︎映画音楽史的にも重要な一作
先日『すばらしき映画音楽たち』を鑑賞していたら、本映画のことが言及されていた。どうやら、映画音楽にオーケストラを初めて持ってきた作品らしいのだ。今ならば映画音楽といえばオーケストラが王道だが、その原点はこの『キングコング』らしいのだ。音楽を担当したのは、あのマックス・スタイナー(後に、『風と共に去りぬ』とか『カサブランカ』の音楽を担当する人です)。

彼のオーケストラによる音楽によって、シュールに見えなくもないコマ撮りのキングコングをリアルに、そして「恐ろしいことが起きている」という感覚を、聴覚を刺激することによって与えたのだ。映画音楽がなければ、本作は、「すごいけど、正直、古いよね〜」と半笑いで語られる作品になっていたかもしれない…。逆に、実際は最高の評価を得ているわけなので、音楽の力は言うまでもないだろう。

◼︎一応、テーマ的にも高尚?
まぁ、娯楽としての怪獣映画を楽しむのが大きな要素の映画であることは間違い無いのだが、映画を面白くする工夫としての「メタファーの入れ込み」もされていてより楽しめた。とても有名な話なのでここで書くようなことではないかもしれないが、コングは黒人のメタファーである(らしい)。女を与えられて鼻息荒く興奮するコング。新大陸から文明社会に強制的に連行され見世物になるコング。そして最後には危険だと判断され殺されるコング。ストーリーの表面をなぞるだけでも、なんとも言えない気分になる(褒めてる)。個人的には、コングが見世物にされた時の演目のタイトル「世界八番目の不思議」が、この映画自体の最初にドーンと出るあたりも非常にシニカルでうまいと感じた。現実離れした設定でも、惹きつけられてしまうのは裏に敷かれているこのテーマが強く影響しているのは間違いない。

◼︎苦言を呈すとすれば…
もう、合格ラインなんぞとっくに越えてるが、あえて苦言を呈すとすれば、人間ドラマが退屈すぎる。原因として考えられるのが、登場人物たちの魅力のなさ。正直に申しあげると、キングコングが出るまでの序盤は面白くない。「キングコングはいつ出るんだろう?」という興味のみで、観客の心をギリギリ離さずにいれている。それでいて、わりと時間を取るのだ。ほとんど、フィクションとリアリティを繋ぐような作業が続くのだが(バックグラウンド説明)、こっちとしてはそこは気にしてないから…と言いたい。登場人物を掘り下げる時間は十分にあったのに、イマイチ惹きつけられなかった点は、私としてはマイナスだ。まぁ、序盤のマイナスなんて、最初のバトルだけでチャラになるんだけどね!

◼︎おわりに
とりあえず、何回でも観たい!と思える傑作だった。今まで観ていなかった自分が情けない…。
1976年版が初めて観たキングコングで、初めて観た映画でもある…まぁ母親のようなものか?💦、それから2005年版を観て→タイムスリップするように1933年版という順番で観た…

嗚呼、未だに制作されるコング映画の原点がこれかと感慨深い思いで鑑賞した

動きはカクカクしててモノクロだけど、いわゆる"味"があって良かった

コングの魅力は100年近く経っても色褪せない👍
キングコング対巨大生物達とのバトルはゴジラ映画的だし確実に影響受けてるのがうかがえる。もっと稚拙なのかと思ったら人形アニメの出来がやたらすごい。コングのために涙を流す人間が誰もおらずコングかわいそう…ってなるのもゴジラと近い。その後の怪獣特撮に影響を与えた歴史的1本
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
2008/11/20鑑賞(鑑賞メーターより転載)
キングコングといえば、人間にその存在を理解されないけど心優しく女性に恋する優しい存在、というイメージを持っていたが、この映画のコングはかなり凶暴性が強い。ストーリーはかなり退屈するものの、特撮の動きの悪さなどは今となっては味となり、パニック映画としては製作から四半世紀3つ分経った今でも十分ドキドキできるものになっている。当時これを観た人の恐怖感はいかばかりか。「地球の静止する日」と同様、見せ方とコンセプトが徹底していればどれだけ時間が経っても色あせないということの好例。

このレビューはネタバレを含みます

むかしみた

本作オリジナル版は円谷英二に影響を与えた特撮の神作です。
とにかく切ない‥感動モノです。
なかなか良いですよ〜〜♡
堕天使

堕天使の感想・評価

2.9
普段見ないけど 付き合いで鑑賞。キングコングつよい
Daiki

Daikiの感想・評価

4.1
彼女の美貌が野獣を仕留めた。

本作は初めて怪獣に都市を蹂躙させた画期的な作品である。
映像に関してはコングがストップモーション・アニメで表現されており、当時では考えられない卓越した特撮映像が多くの人々に衝撃を与えたことだろう。
最大限の工夫を凝らして製作されたコングは、怒りや戸惑いなど感情までコマ撮りで自在に操り、このカクカクとした異様な動きとモノクロが相まって逆にいい感じの恐怖を醸し出している。

後半パートのエンパイアステートビルの頂上でコングが咆哮し、飛行機を振り払うシーンはあまりにも有名で歴史に残る名シーンである。
『キング・コング』は切ない物語。
だからこそ人間の我々がコングの人間性に強い共感を得た。
世界中から愛され、共感を誘うモンスター「キングコング」。

怪獣映画の原点にして傑作であり、一途に女性のことを想う、人間よりも美しい心の持ち主である野獣の悲恋なのだ。
昔の映画だからいろいろと覚悟してたけど、アドベンチャー要素たっぷりで今観ても本当に面白かった。扉の向こう側に何があるのかワクワクしたし、原生林の冒険には胸がときめいた。
ストーリーも面白かったけど、自分は舞台セットになにより驚いた。特に、原住民の村と原生林を隔てる巨大な壁と門扉は圧巻。あれほど手の込んだセットを準備するのはさぞかし大変だったと思う。原住民の衣装もリアリティがあり、説得力があった。
コングがここまで悪に描かれているとは予想外。ヒロインを守るシーンはあったが、自分の所有物を守るために戦っていたように感じた。コングを連れてきた真の悪人が天罰を受けずに「美女が野獣を倒したのだ..」なんて飄々と語ってんのには笑う。
この映画はストップモーションで有名だが、やはり素晴らしかった。古さはもちろん感じるけど工夫が凝らしてあって、迫力を感じたし臨場感があった。手の込んだ作業だったと思う。当時の製作陣の熱意を感じた。

進化した今の映画に見慣れていても楽しめたんだから、当時見た人たちはさぞかしビックリしただろうな。その感動を味わえたことは羨ましい。
こりゃマスターピースだわ。
今見ても面白い、コングに噛み潰される男のカットなんて最高
映画監督であるデンハムは、女優候補のアンとスタッフ数名を引き連れ、ある孤島にたどり着いた。その島では、主であるコングに、処女を捧げる儀式を行っていたのだが、族長はアンに目をつけた。
生け贄にされたアンを助け出し、デンハム一行はニューヨークへ戻る。生け捕りにしたコングも引き連れて。

まず、目を引くのはコングの表情と仕草だ。この時代の作品を現代の人間が鑑賞すると、やはり技術的な問題でどうしても集中できないだろうと思う。だが、コングの豊かな表情と細かな仕草は、その技術的なギャップを埋めるのに大きな役割を果たしている。
ストーリーも単純ながら、無駄な部分はほとんど無く、ロストワールド等の平成以降の作品も、キングコングの強い影響を受けているのが見て取れる。
そういった意味では、革新的な作品であると言えるのではないだろうか。
>|