キング・コングの作品情報・感想・評価・動画配信

「キング・コング」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

.
🌈毎日22:00に投稿します。
.
Pre-Code Hollywood
.
Merian C. Cooper and Ernest B. Schoedsack共同監督『King Kong』(1933)は、世界恐慌、ナチス・ドイツ、自己検閲、そんなモノの欲求不満が爆発した年に発表された映画でした。1930sのダーク・サイドを覗き込んだ気分。John Ford監督『The Grapes of Wrath』(1940)の様にです。とても不気味な映画。ホラーであり特撮&大爆発。アーティストたちが揃いも揃って恐慌下の生活苦と都市への愛憎を炸裂させている、世界はどこもかしこも狂ってる、ぶっ壊せ!、信じられるモノは真実の愛だけ!!、それはうらぶれたstreetで拾われる 👀 シーンから始まった(!)。
.
それは決して愉快な話ではないけれど、フランクリン・D・ルーズベルトがNew Dealの一環として、失業者のための雇用促進事業が展開され、1933年10月にPWAP(公共事業美術計画)が実施され、3,749人の芸術家が雇われました。15,633点の作品が制作されたそうです。New Yorkの若い芸術家や作家と社会主義の関係性、芸術と社会の関係性についての議論が始まり、ポップ表現が社会を魅せた最たる例なのでありました。
.
👀 Skull Islandでの後半のシーンにおける全てに対するKing Kongの怒りの表情が間違いなくピーク・ポイントであり、King Kongとは何モノなのか、最早「ポップ万歳🙌」と静かに言わずにはいられませんでした( ❣️ )。
.
1933…
2月27日の夜は
Reichstag fireでした。
.
Guy Lombardo「Don't Blame Me」(1933)
🎶
https://open.spotify.com/track/7lM5g7ymTAab9obH9ZXZq7?si=sJ6K6osDTiyQZJvmaAGE3A
.
Ethel Waters「Don't Blame Me」(1933)
🎶
https://open.spotify.com/track/7vBevujPxtjaG9l5gkAjW7?si=_S0Cz2KkR4SGzbS_dmTiPA
.
Haruki

Harukiの感想・評価

4.0
言わずと知れたモンスターパニックの古典。

得体の知れない島への航海、原住民との軋轢、人智を超えたモンスターとロマンス。
原住民の描写などは昔らしいが、エキサイティングな設定とストーリーは現代でも輝きを失っていない。

メイキング映像を見てみたい。
CGなどない時代に、映像の工夫がスゴい。
後世の映画に多大な影響を与えたことがよくわかる。
t

tの感想・評価

3.5
キンコンが愛嬌ある顔立ちをしていて和む。クルー達が丸太から崖下へ落下する際の無慈悲で即物的な速度がかなり怖い。映画作り映画かと思いきや方針転換したり、ゴリラがヒロインの衣服を剥いでいく箇所など、どこまでも見世物根性な地平が広がっている。
滑頭

滑頭の感想・評価

3.8
古典として。
当時としてはエポックメイキングだったんだろうことは容易に想像できる。
コングの登場を焦らすとか、そういう演出はよくできてる。冒険モノとして、前半はワクワクする。けど正直、脚本はちょっとお粗末かなぁ。ちょっと説明不足、シーン不足なところは否めない。まあ、きっとお金が足りなかったりしたんじゃないかなぁ…。ピージャク版も観よう。
スピルバーグは相当、キング・コングは好きなんだろうなあ。『ジョーズ』「インディ・ジョーンズ」『ジュラシック・パーク』『E.T』「BFG」などで見たようなカットや演出があった。

2016/11/24 @授業
モアイ

モアイの感想・評価

3.5
ちゃんと見たのは初めてかも☆
そもそも島に行くまでの流れを初めて知った( ゚Д゚)❗何回も映画化されているけど、この部分は様々なんだなぁ⤴️
次々と巨大生物も出現し、昔から賑やかな作品だ😄
ストップモーションなのに迫力あって楽しめました🎵これを1933年に製作ってスゴイ✨
元祖キングコング。
1933年にこのクオリティは偉大なんじゃないかな。多分。
今でも見れるし、ストップモーションとかさすが。
T-Rexとの戦いとか。

最後の「THE END」が絶妙にダサいww
pao

paoの感想・評価

3.0
2020 159

2005年公開の作品を最初に見たから、ところどころなんで?と思う箇所があったけど、1933年のものを見て納得。これを忠実に再現しすぎて現代とはちょっとそぐわないものになっちゃったんだな、と理解した。
1933年にこれを作るって、とんでもないな…!
0i7

0i7の感想・評価

3.5
『すばらしき映画音楽たち』、『ようこそ映画音響の世界へ』で取り上げられていたので鑑賞
キングコングシリーズを観たことがなく、ビルのシーンしか観たことがなかったので、美女と野獣がモチーフであることに驚きました
87年前の作品とはすごいなと思いました

このレビューはネタバレを含みます

過去記録。

個人的殿堂入り作品『ゴジラ』にも影響を与えてる作品。

令和の今見ても、面白かった。

小学生の頃、お昼にテレビ放送してたのを観てたら、ビルから落ちるコングを見て母が『可哀想…』と呟いたのが、メチャクチャ印象に残ってる。
あそこで『異形のもの』に対する価値観に変化が起こった。

そんな作品。
nikki

nikkiの感想・評価

2.9
2005年バージョンを観た後で、見比べようと思って観た。
前半は、映画マニアなわけでもないし、やっぱり観なくてもよかったかと思った。
Amazonプライムの10秒飛ばし機能を、途中からほぼ押し続けてた。

特撮シーンやコングの表情とかは結構面白い。
人間のヒーロー役がいてコングは悪者扱いのこちらバージョンでも、最後はやっぱりコングがかわいそう。
>|