レイトオータムの作品情報・感想・評価・動画配信

「レイトオータム」に投稿された感想・評価

顔タ

顔タの感想・評価

3.3
霧のシアトル。
『晩秋』ていう映画のリメイク。キム・ギヨンの『肉体の約束』もそのリメイクらしい。
もこ

もこの感想・評価

2.9
このヒョンビンも、藤木直人にしか見えないんだよな、、
内容は途中まで見たけど断念。
中国語と韓国語、英語の映画では珍しい世界観。
夢一路

夢一路の感想・評価

1.9
ヒョンビン目当ての人には良いかもしれないけど、何ともつまらん映画。。。そんな感じ。
sizusss

sizusssの感想・評価

-
沈黙と間があり過ぎて完全に眠い。
そして全く意味分からず。。
睡眠導入剤にはもってこい。
EmmA

EmmAの感想・評価

3.3
ヒョンビン映画連続第3弾

今回はシアトルを舞台に
エスコートサービスしてます
人妻を喜ばし夫に恨まれてます
ほぼ全編英語で頑張っています

異国の地で出会うのは
韓国人かと思いきや
母の葬儀で刑務所から3日間だけ出てきた
中国人のタン・ウェイ演じるアンナ

これ「晩秋」って古い映画のリメイクで
日本でも岸恵子&萩原健一で
72年に製作されているみたい

アンナが過去を中国語で語るシーン
ヒョンビン演じるフンが絶妙な間合いで
ハオ↑ファイ↓と相槌をうつ優しさよ!
実は中国語も理解できてるの?
と勘ぐりたくなる

そこが一番印象的だったかな〜


タン・ウェイは「ラスト、コーション」
が衝撃的すぎて‼︎
トニー・レオン好きの友達と観に行って
なんとなく気まずい思いをしたものです

この映画のキム・テヨン監督と
国際結婚したんだったな
近くコン・ユとかと共演の同監督による
「ワンダーランド」も公開されるはず
cielo

cieloの感想・評価

4.0
フン、カッコよ過ぎ。

途中出てくる欧米人カップルの
ダンスのシーンは
理解の範疇をこえてて無理だった。
りお

りおの感想・評価

4.0
3日間の一時的な釈放を許された服役中のアンナと、女性を喜ばせるジゴロ的なお仕事をしているフンがシアトルで束の間を過ごすお話。

ヒョンビン目当てで鑑賞。

大人で静かで余韻の残る作品。余白も多くいろんなことを考える作品でした。

それぞれに色々を抱えた赤の他人同士が、出逢い、言葉を交わしすれ違う一瞬。分かり合えているようで分かり合えていない。分かり合えていないようで、分かり合えている。絶妙な揺らぎと距離感。

特にアンナの中国語での語りに対し、フンが「ハオ」と「ファイ」で答える場面は素敵だった。言語が違う者同士、相手には伝わらないことを覚悟の上で語るという行為。相手の話が分からなくても相槌を打つ行為。そこに流れる空気感。言葉で意思疎通できない時は、相手の目や雰囲気や抑揚で感じ取ろうとする。言葉以上に本人が伝わるし、それでもやっぱり事実は伝わらない。

過去を知らなくても、本性を知らなくても、たとえ演技やゲームとして相手に近づいていても、2度と会えなくても、言葉や文化が異なっても、束の間の恋でも、それでも相手の接し方に惹かれ、相手の雰囲気に惹かれ、何年も想い続けたり、美しい思い出になったりする。この儚さ。

シアトルが舞台なのも秀逸で、多国籍な土地柄だけれど雨降りが多く重厚な雰囲気が作品によく合ってた。あの街並み、パイクプレイス、1stスターバックス、アヒルのツアー、スペースニードル、美術館、全てが懐かしい。

あと、アンナとフンはそれぞれ痴情のもつれに巻き込まれている面で似た者同士。本人たちはお互いに知らないけれど、観客は理解して観てるわけでその辺りのつくりも上手だなぁと思いました。幼馴染とフンの喧嘩シーンで、フンがアンナを想っていること、慮る能力があること、アンナの心の解放にまで繋げていてすごい。

メモ。
夫ーアンナー幼馴染
白人男性ーオクジャーフン
ppe

ppeの感想・評価

3.6
しっとりしていて、終わりは😶‍🌫️モヤモヤ〜と。好きなキスシーンでした。
揉めた原因をフォークにする機転、乗っかって吐き出せた気持ちがすっきりしました。
miki

mikiの感想・評価

3.7
フォークのシーンで、怒りを吐き出させてあげるところが良い!
あとバッチリメイクのアンナがすごく綺麗だった…



個人的な意見

2人は再会出来なかったと思う
フンはあの人の罪を被ったんじゃないかな
だから会えないって分かっていても、アンナには会える日まで前を向いて欲しいから約束したのかなと…
2021年31本目
ヒョンビン作品制覇してきたぞ
結局不時着がいっちゃんかっこいい
>|