ダイブ!!の作品情報・感想・評価・動画配信

「ダイブ!!」に投稿された感想・評価

原作の小説を読みました。学生の頃映画も見たけど、何が良くて何が悪いのかわからなかった。けれど主演の3人が今や日本の俳優としてそれぞれの道を歩んで、大人になってると思うと感慨深い。丁度自分も若くして若い頃に見ておいてよかった。てか池松壮亮こんな顔だった?!
林遣都かっこいい…
池松壮亮すてき…

三人とも本当に飛び込みしてるんだろうし、それがキレイで努力を感じて良い

大会のシーンがそれぞれの苦悩がリアルだった
R

Rの感想・評価

3.4
10年ほど前に小説の方を読んだことを思い出して、映画を観てみた。
溝端くんはオス感が強いし、池松くんと林くんは幼くてかわいい!
瀬戸朝香、イイ女なのは今も昔も変わらないな〜綺麗!

ストーリーは小説通りだったけど、飛び込みの美しさと繊細さ、それでいてダイナミックな部分が映画だとより魅力的に感じる!
elly

ellyの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ハッピーエンドだいすきなのでとても最高でした〜〜〜!!!今まで周りに期待をされることも無く平凡に生きてきたけど今回巡ってきたチャンスを物にして期待に応えたい。普通という枠を飛び出したい。 生き生きとした顔で語るともくんが眩しい。青春だな〜〜〜

練習帰り顔に何か光が当たったから何か体に異変でも起きたのか!?って心配してたらまさかの浮気現場の目撃で中学生なのに弟に彼女取られてるドロドロさが最高に面白くてゲラゲラ笑ってしまったwwww かわいい
そのあと無事心に傷を負ってカロリー制限とか言っていたのにお菓子を暴食し引きこもり、コーチが来てもグズりだす始末 かわいい でもコーチの"ダイアモンドの瞳"のお話で飛び込み台に戻るともくん、、チョロくてかわいい(泣)クレープを頬張るともくん、お弁当を頬張るともくんもまあ可愛いのなんの、、そしてプールから上がる時は美しさにうっとりしてしまう、、遣都くんのファンの方には是非見ていただきたい作品です。笑

要一君も口数は少ないけど的を得た言葉をいつもかけてくれるしフォローもお上手で、、でもお父さんとの関係は複雑で、、のびのびと楽しそうに飛び込み、ぐんぐんと追い上げてくる2人に何かを感じ、、いつもはお手本だったけどともくんから大切なことを学ぶ。
沖津くんもおじいちゃんの仇討ち、そしてプールで競技としての飛び込みの楽しさを知る、実力はあるけどなんとタイミングの悪いことに腰が、、そして理解ある美人で素敵な彼女さん、、いいな〜〜

選手としてのプレッシャーももちろんだけどそれ以上に彼らにとっては自分自身、己との戦い。最後はそれぞれ満身創痍になりながらも結果、飛び込み台を通して3人は自分の枠を破ることができた。爽やかでいい映画だった。夏に見たい。
王道のストーリーだけど、良かった。
ちょいちょいツッコミどころはあるけど、林遣都をメインに3人とコーチが、最初は距離があるけど悩みや葛藤を乗り越えて絆ができて成長していく感動のラスト。大半が練習のシーンで、彼女とか家族との関係とか楽しいと引き換えにひたむきに向き合って初めて見れる景色にスポーツの過酷さときっと撮影も大変だったろうな、、とそっちも感動。毎日毎日練習に明け暮れて見ている設定の夕暮れの飛び込み台とか風景も感動的。
12年前だから撮影はもっと前なのか、みんな幼い!溝端淳平と蓮佛美沙子だけちょっと大人だけど、特に林遣都はまだ少年の顔で時々見惚れる美しさ。コーチの瀬戸朝香も美しくてカッコよかった。
otenbaluna

otenbalunaの感想・評価

3.0
みんな初々しくて素直にみんなを応援したくなる作品。選考枠が1つと言われた時は誰が選ばれるんだろうと悩んでしまった。メインの3人以外も可愛かった。
飛び込みって高くて怖くないのかなと思ってしまうけど、飛び込みでしか見れない景色があるんだろうな。他の人のレビュー見ると、メインの3人は本当に飛んでるんだね!訓練大変だっただろうな。体型も変わっていってるし相当ハードな練習だよね…役者さんてすごいなぁ。
美しい男の子たちとプール。それだけで体感温度が3度は下がる。それぞれ悩みや葛藤はあるけど、その辺はサラッと描いてとにかく爽やか。林遣都君のキラキラ加減はハンパないし、池松壮亮君の少年時代が北村匠海君ていいセンス。暑い夏にはこういう良い人しか出てこない映画で涼むのよし。
よとり

よとりの感想・評価

3.0
王道の青春映画

平凡な少年に隠れた才能がある
→懸命に努力して成果を出す
→家族や仲間から理解されずに挫折
→ライバルたちやコーチの励ましで再起
→大会で活躍

妥当なストーリーでした
ベタなのに泣きそうになった
溝端淳平はあんまり変わってないけど林遣都と池松壮亮はちゃんと幼いな
みさき

みさきの感想・評価

3.7
若かりし頃の林遣都、池松壮亮、溝端淳平がまだあどけなさが残っていてとても可愛い。

ある意味予想通りの展開で、よくあるスポーツの映画かもしれないが、観ている側が嫌いになるような悪役があまり出てこないので、嫌な気持ちにならずに見ることが出来る。また、他のライバルも登場せず3人だけに焦点がずっと当たっているのも私は好き。ただ新しくやってきた女コーチの実力が分からないまま指導され続けるのはどうなんだろう。

でも、3人がそれぞれの問題を抱えながらもプールに飛び込み続ける姿はまさに青春で、見ていてとても気持ちがいい。飛び込みも見事だったな。続きがとても気になる終わり方だった。
>|