トイ・ストーリー2 3Dの作品情報・感想・評価・動画配信

「トイ・ストーリー2 3D」に投稿された感想・評価

「さよなら日劇ラストショウ」のオールナイトにて吹き替え版を鑑賞。

正直、子供の時は一番2が好きじゃなかったんですが、1〜3まで一気見したら圧倒的に2が面白かったです。

CGのレベルも1と比べてかなり上がっていて、今のピクサーに相当近づいたと思います。

3Dの視覚効果については1と同等くらいかな〜
月

月の感想・評価

3.8
1に続けて見ました

面白かった〜〜
見始めてみたら、思ってたよりバズのことを好きになってた
kazuyan

kazuyanの感想・評価

4.5
2回目。

おもちゃにもそれぞれエピソードがあるってことを思い出させてくれる作品。

ジェシーの回想で流れる曲がまた良くて引き込まれる。
日劇ラストショウの、トイ・ストーリーナイトにて。
某映画時評で、押しつけ的なメッセージが嫌いというのも分からなくはないが、
自分は『目的を持って作り出された物を本当に大切にするということは、永遠保存用として高台に飾っとくことではない』という、前作より強く膨らませられたメッセージのおかげで、
前作以上に玩具を始めとするあらゆる物を、本当の意味で無駄にしないことを学べた。

またアクションやエンタメ要素は倍以上にスケールアップし、スターウォーズパロなども普通に面白い(笑)

ただそれでも確かに、オチというかケリのつかなさはあるので、それら総合的に判断して前作より-0.1スコアは引いておくが、
純粋に『楽しいー!w』という面は、3作中一番多くて好きな一作だった!
gp

gpの感想・評価

4.0

やっぱりこのシリーズは世界観が好きだなー。
このCGの感じとか、描かれているちょっとかわいい世界観が。
今まで見てこなかったのがもったいない。


アンディの過去が「2」でわかる。この設定って「1」が作られた時から考えられてたのかな。
「2」はおもちゃたちの過去がなかなかポイントになってる。


女の子の人形、新キャラ・ジェシーもエミリーに捨てられてたという過去を背負っている。
だからアンディのことばかり言ってるウッディが嫌だったという構図。
子供に見せたい映画すぎる。


ウッディが手壊れてる時、壊れてる方の手では指笛ができないくだりとか、そういう細かいのが相変わらずうまいなって思った。
バネの犬スリンキーのバネを生かした動きとか個々のキャラクター設定も本当によくできてる。
DVD特典映像のBehind the scenes的な映像がやっぱりディズニーは面白い。


犬バスターがおもちゃたちの味方になってる。
おもちゃたちの連携も強まってる。


日本語版だと「CLOSED」が「閉店」に表記が変わるけど、これどうやってるんだろう?
ここだけCG作り変えてるのかな。


バズはたくさんいる新しいおもちゃで、
ウッディは世界的にもレアな、レトロなおもちゃ。
この対比が面白い。


「トイ・バーン」経営者アルの寝息が、本当にくさそう。
TS

TSの感想・評価

4.2
1も十分傑作ですが
これはもっと傑作ですね。
なんせ家だけでなく
外部にでるのでわくわく感が
たまらない( ^ω^ )!

アーバンチックな中での
いわゆるトイストーリーなので
新鮮でした!!

ウッディを新品に直そうと
するところは結構見所です(笑)
2024tete

2024teteの感想・評価

3.9
スターウォーズをパロディにしているシーンが最高!
そして、あのバズ。笑
かれん

かれんの感想・評価

3.9
ヤードセールに出されてしまった仲間のおもちゃを救おうとしたウッディは、プレミアおもちゃを探す男にさらわれてしまう。ウッディを救出するべく仲間達が立ち上がる。

おもちゃの大冒険といった感じで、今作では、バズ主導で様々な場所で彼らが動き回りました。
観ているこちらとしては、ぎこちない彼らの動きに、はやくっそこっ!と突きたくなります。子ども達はとてもハラハラさせられるはず。
テーマは、いつか大人になる主の期間限定の愛をとるか、プレミアおもちゃとして展示され永遠に大切にされるか、ウッディが自分の将来を自ら決めるといったところ。
前作よりも切なさ度は低く、前述のとおり冒険主体なので、大人は少々物足りなさがあありました。
けれど、ピクサーシリーズのトイストーリー1、バグズ・ライフのモチーフが所々に出ていて、きっとファンは楽しめるはず。
セリフすら、あ、これ。。というのもありました。

【本日学んだセンテンス】
・Mom, Woody's arm ripped.
(rip (他)〈服紙など〉をさっと切り裂く、びりっと破く、 引き裂く)
jj4

jj4の感想・評価

5.0
3Dでもそうじゃなくてもすごい。
こちらも特に言うことなし!な名作。

あなたにおすすめの記事