幸せのルールはママが教えてくれたの作品情報・感想・評価

「幸せのルールはママが教えてくれた」に投稿された感想・評価

お婆ちゃん役のジェ-ンフォンダを観てみるかと思って見たら~
リンジ-・ローハンめっちゃ可愛い!❤️
これは当たりですわ😍

問題児の娘(リンジ-・ローハン)👧に手を焼く母親🤷(フェリシティ・ハフマン)が娘をお婆ちゃん(ジェ-ン・フォンダ)👩の家に連れて行った事から起きる騒動を描く家族愛の傑作😭

リンジ-がエロい!🙆💓
ストーリーは、はっきり言ってそんなに大した内容ではないが、リンジ-の可愛いさ、エロさに持ってイカれます!😻💦

童貞の青年と2人でボ-ト漕ぎながら語り合うシ-ン~🚣
リンジ-はいきなり自分からパンティを脱いでアソコ見せてから彼に触らせます😻💦
エロい!😅💦
童貞に何しとんねん(笑)
今度は私の番よ!とズボンのチャックを下ろしフェラします❗️(*≧∀≦*)

↑この辺がリンジ-の問題児なとこで、こうゆう感じでしか男性に愛を表現出来ないんです。

僕やったらね、彼女にはしたくないし嫌やけど、エッチはしたいです!😻
↑この辺が僕の問題児なとこか🤣
ゆってるだけよ、しないよ😅💦

いくら綺麗で可愛くて頭良くても、善悪の区別つかんような女!って実際にたくさん居てそうね。
だからさ、一応自分の中では男を誘惑する時点でバカ女決定やねんけどね…🤔
⚠️別にバカがアカン訳じゃないよ。

男性陣がイマイチ魅了なし。
ジェ-ンフォンダのお婆ちゃんも素敵やったよ(*´∀`)♪


大好評!博士ちゃんのポワ~ンとお耳直し😻
いや~リンジ-ちゃん可愛いね。
でも女性とボ-ト漕いでて、いきなりパンティ脱ぐのは反則やろ!
僕やったら絶対に池に落ちるわ!ドボン!⤵️💦(。>д<)
Kitty

Kittyの感想・評価

5.0
リンジー・ローハンが出てたからなんとなく見はじめて、問題児っぷりがリンジーはまり役じゃんって思ってたら、

重なる自分の体験と共感とで気付いたら泣いてた。

ずっと言えなかった、言いたくなかった、わかってほしかった、いや自分でもわからなかった。

乗り越えたくて、次は自分が優位にたとうと誘惑する姿に重なる。

わりとみんな似たような行動にでるんだな。

「善悪の区別がつかない」

そのとおり。
saito

saitoの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

なんだっけな。

とりあえず、女にはウケるんじゃないかな。

母に感情移入、娘に感情移入、おばあちゃんに感情移入。

毒親に育てられたけど、ヘビースモーカーだし自己中だし、メンヘラだったけど、そんなママンの気持ちも今ならわかる
というか、想像しながら観て、泣いてまう
まなか

まなかの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

毒母、毒祖母じゃん。負の連鎖。
ハートフルなジャケ写に騙された人いるよね‥‥。

12歳で義父から性的虐待されて‥‥。
それが嘘だとしても娘をかばうだろまともな母親なら。
なのに実母が放った言葉は『あんたがあたしの夫と寝たからでしょ』
クズ以下で胸糞。色ボケBBA。

取り寄せしたけどがっかり。リンジー・ローハンの作品で唯一ハズレ。
姫

姫の感想・評価

4.0
「女優」リンジーローハンは凄い好き♡日本では「お騒がせセレブ」とかいう方の知名度が高いのが残念です。

この映画は、娘・母・祖母の3世代に渡る母娘の愛がテーマで少し重たい話。
リンジーのファッション全部良かった。祖母役がジェーンフォンダでびっくり。70年代イケイケ女優も年を重ねるとこうなるのね。
3人とも綺麗だし、どこか似ていた。
犬

犬の感想・評価

3.2


自由奔放で反抗的な娘レイチェルは、母リリーに連れられてアイダホで暮らす祖母ジョージアの家でひと夏を過ごすことに
様々なルールを決めて生活しているジョージア
そんな祖母に反感を覚えつつも、徐々に心を開いていくレイチェルだったが……

ゲイリー・マーシャル監督が、ジェーン・フォンダ、リンジー・ローハン、フェリシティ・ハフマン主演で描くハートフルドラマ

ルールとは

親子三代
おばあちゃんの教え

恋愛のあれこれ

ホッコリする

リンジー・ローハンがいろいろやってます
Linla

Linlaの感想・評価

3.3
L・ローハンて君だったか~と
しみじみ観させて頂いたよ~

はすっぱなネエチャンぷりが
上出来なハマリ具合といい、
色んなやらかしがありつつ、
え~子やん、、、なトコも
惹き付けられた~

実のところ、J・フォンダが
観たかったのだが~案の定
B級落ちしそうな危なっかしさもキリリと絞めてくれた。

実の娘が自分の旦那と???
の疑惑に苛まれる母、祖母。
ここら辺のパートは
サスペンスさえ感じられ
意外性もあったし、
リンジーちゃんに
振り回されるヘナチョコ君の絡みはコメディタッチだしで
何かと飽きさせない。

子供と孫のそれぞれの成長を
ずっと見てきた婆ちゃんて
やっぱ偉大である事よ!
三大有名女優が出演した本作は
フェリシティ・ハフマン以外やる気が見られず、
レンタルで見ていなかったら
確実に途中で見るのを断念したであろう凡作。

ジェーン・フォンダのやる気のなさが
ひしひしと演技から伝わってくる。
他作品ではそんな風にあまり感じないのですが・・・

こらリンジー、ちゃんと挨拶した?!
泣ける。。。母娘愛に祖母の偉大さ。いやー色々教えられます。わが子は信用に値するそれは間違いないでしょうが!男なんか二の次のその次のその次じゃ!
親子って色々な形がある中で
祖母視点、母親視点、娘視点から見て色々な感情や愛を感じれる映画。

なぜリリーは作中で髪をバッサリ切ったのか、軽くネタバレしていますがそういった事などもちゃんと考えてみて解けば
もっと面白く、そして愛を感じれる映画だと思います。
>|