愛に翼をの作品情報・感想・評価・動画配信

「愛に翼を」に投稿された感想・評価

akrutm

akrutmの感想・評価

4.4
ある悲劇のせいで心を通わせることのできない夫婦と、帰ってこない父親を待ち続ける少年が、夏休みの交流を通じてお互いの困難を克服していく様子を描いた、メアリー・アグネス・ドナヒュー監督のハートフルドラマ映画。ジャン=ルー・ユペール監督の映画『フランスの思い出』のリメイクであり、当時実際の夫婦だったドン・ジョンソンとメラニー・グリフィスが田舎町に暮らす夫婦を、その夫婦にあずけられる少年をイライジャ・ウッドが演じている。

『特捜刑事マイアミ・バイス』や『刑事ナッシュ・ブリッジス』で個人的には大好きなドン・ジョンソンの数少ない主演映画ということで鑑賞したが、とてもとても心に染みる掘り出し物の映画であった。ストーリー的にこうなることはわかっているとはいえ、なかなか感動的である(歳をとって涙腺が弱くなったせいもある)し、お互いに父親に会えない寂しさを抱える少年と隣の家に住む少女が心を通わせていく様子も印象に残る。元のフランス映画は未鑑賞であるが、アメリカ的スケールの大自然の中でのアメリカ的おおらかさが良く似合う脚本なのかもしれない。

もちろん、出演者たちの演技に依るところも大きいであろう。ドン・ジョンソンは刑事役とは違ったキャラを好演していて好感が持てる。この頃は、マイアミ・バイスが終わって映画に主軸を移そうとしていたことを考えると、とても良い役だと思うのだが、世間的にはあまり評価されなかったようなのが、実に残念である。でも、映画での仕事があまり成功しなかったことでナッシュ・ブリッジスが誕生したことを考えると、ちょっと複雑な気持ちであるが。そして、傷ついたまま、夫に心を開くことが出来なくなってしまった妻を演じるメラニー・グリフィスの迫真の演技がこれまた素晴らしいし、魅力的である。もちろん映画と現実が異なることはわかっているが、こんないい夫婦が実生活では別れてしまったのは残念でならない。

少年・少女を演じた子役のイライジャ・ウッドとソーラ・バーチの演技も秀逸だった。少年ウィラードなしに本映画は成立しないので、これだけの演技ができる子役が選ばれたのは当然であるが、ソーラ・バーチのちょっと変わり者の少女の演技も、本作にさらなる味わいをもたらしている。

心が温かくなる映画を見たいときにおすすめである。
これはめっちゃ面白い!
当たりですね。好きなやつ◎

キャストが素晴らしい☆
自分の憧れであるドン・ジョンソン!『マイアミバイス』での格好良さを崇拝したりマネしたりしました。😎こんなセクシーな男になりたいと~めっちゃ思いました😅

今作品ではドン・ジョンソンの奥さん役にメラニ-・グリフィス。
この二人、私生活でも実際の夫婦です。💕

ストーリー
夏休みに母の友人夫婦の元に預けられる事になった少年(イライジャ・ウッド)👦の夏物語。
でも、その夫婦の関係が冷えきっています🙅😎
それをイライジャ少年が解きほぐして行く~みたいな。感動作😭
ストーリー良いし、雰囲気もめっちゃ好きやわ~😃◎

イライジャ少年と隣の家の女の子(ソ-ラ・バ-チ)とのふれあいもナイス😆👍️✨
イライジャ君もソ-ラちゃんも可愛い~☆

冷えきっていて奥さんにエッチもチュ-も拒否られる🙅ドン・ジョンソン😎の図式。
愛し合ってるが冷えきってる状態の夫婦。それを見て常に何かを感じとるイライジャ君の瞳が印象的。
なんで夫婦仲が悪いか?はDVDで作品観てみてね。

メラニ-・グリフィスとイライジャ君がハグするシ-ン~おっぱいに顔当たってますやん(笑)😍
顔で乳揉めますやん(笑)😻

オ-ソドックスな話ですが、内容は濃いくって傑作です。
これなら何度でも観たい!
めっちゃオススメしたい作品!👌
犬

犬の感想・評価

3.3
ミシン

子供をなくした夫婦と少年の一夏のふれあいを描く
フランス映画のアメリカ版リメイク

家族
子どもというもの

過去に何があったのか

雰囲気良い
2人の大冒険もあり

イライジャ・ウッドが幼いです
hideharu

hideharuの感想・評価

2.0
2018.6.4 DVDで再見。
日本劇場公開時には映画館で鑑賞。
大好きな「フランスの思い出」はアメリカでもそこそこヒットしたらしく、アメリカを舞台にリメイクされた。

夫婦役に当時本当に夫婦だったメラニーグリフィスとドンジョンソン、この2人にひと夏の間預けられるとこになる少年にイライジャウッド、近所の女の子にソーラバーチとかなりの力の入れようでしてがオリジナルの足元にも及ばない出来でした。

舞台となる時代を現代(撮影当時の)にしたがあまり良くなかった気がします。なんだか全てがイマイチな感じです。

ソーラバーチがラスト近くで出会うバアさんに全然必要性を感じない無駄なエピソードを付け加えるならもっとイライジャウッドとソーラバーチの友情を深く描けよって思う。

アメリカだからデカイ車が普通に家にあって雰囲気台無し。
やはりこの物語は戦後間もない時代のフランスの片田舎だからこそ成立したのかも。

リメイクとして見なかったどうかと想像してもやはりそれほどいい映画ではないと思う。
のん

のんの感想・評価

2.6


D・ジョンソンとM・グリフィスが夫婦で共演している。

少年のひと夏の成長と彼の周りの人たちの心の交流~再生のおはなし。