タイムコードの作品情報・感想・評価・動画配信

「タイムコード」に投稿された感想・評価

SNL

SNLの感想・評価

-
2008年に書いたブログのコピーです。
(みなさんの評価が高いので英語がわからないのに字幕で観たわたしの過失かも。)

タイムコード 観てられません
AXNで放送された「タイムコード」という映画。
画面を4分割して、4つの物語がいっせいに進む という風変わりな作風に魅力を感じて見始めたけど
1分で、ギブアップ。
英語だから??
ぜんぜん無理。
字幕はひとつ。「字幕に対応する画面に青印がつく」なんて言われても、
頭ごちゃごちゃだ。

出演者は豪華みたい。
知ってる顔がいっぱい。

でも、もうあきらめます。
Kazooki

Kazookiの感想・評価

3.4
学生時代にアメリカで見ました。もう20年も経つのね。4分割で進むので字幕を入れる都合上、日本ではソフト化されることはないだろうと思っていたのでDVDも購入。
メイキングが面白いです。マイク・フィギス監督はジャズミュージシャンでもあるので、即興を念頭においたジャズの譜面を台本にしたとのこと。
2019.2.19
自宅TVにて鑑賞

「Single」─Everything But The Girl

画面を四分割し、90分ワンカット長回しを四台カメラで並行して行う。内容は即興劇。
発想はとんでもない企画だが、とんでもなくつまらなかった。恐らく偏にそこにドラマが無いからだと思われる。

ただ結局これはモンタージュなんかではなく、コラージュのその奥なんだと即興で御託を並べられる向こうの素養は深いと感じる。

EBTGの曲が使われていたのは大好きだったなあ。。。
NEMO

NEMOの感想・評価

-
全編4画面スプリット・スクリーン、同時系列、ワンカット、編集無し。ほぼ。
映画狂の学生が温めていた卒業制作のようなギミック。
99分の間、視覚は4つの運動に選択を強いられ続けるが、脚本は古典的にワンラインな為に、実際は狭い俯瞰と接触を右往左往する。つまりそんなにキョロキョロすることもない。

僕らポスト現代人のイマージュは日頃から何重にもスプリットしているから、シンプルな拡張で16-32画面も充分インプット可能なんだろうな。
見る画面を選ぶことによって自分でカット割りをしてる気分になり、きっとこの映画のバリエーションは無数にあるんだろうなと思いました。
Santa

Santaの感想・評価

3.5
アクター達は素晴らしいし興味深く最後まで観れました🌟🌟🌟でも疲れたなーー
nakatatta

nakatattaの感想・評価

3.3
最初は四分割画面に目が慣れなくてひたすら苦痛だったのに、見方を掴んだら一気に面白くなった。
ちょっと画面酔いするけど
4つ画面っていう作りが面白い!

この案を映像化した監督たちと
即興で演技を繰り広げた俳優たちは
かなり素晴らしい。最後もかっこいい。
これおもしれえええ。見入るわ見入るわ。4画面映画だけどどこを見ても楽しめるようになってるし、気付いたら、あ、な展開とかも。大事なとこではここに注目みたいな演出がされてた。芝居が全部即興なのも興味深い!!
KSat

KSatの感想・評価

3.0
「リービング・ラスベガス」のマイク・フィギス監督による、全編ワンカットかつ全編4分割画面という究極の実験映画。実はフィギスは、同じスタイルの映画をいくつか監督しているが、これが一番スゴイみたい。ハッキリいって、「バードマン」よりガチ。

正直、ストーリーは他愛ないし、4分割画面がなかなかエグくてどこを観ればわからないという、完全に発想だけの映画だが、観ていて面白いのは事実。

もっとも、日本では劇場公開もソフト化もされておらず、自分はたまたまCSで放送してたのを観たことがある、というだけです。
>|