評決のときの作品情報・感想・評価・動画配信

「評決のとき」に投稿された感想・評価

だて

だての感想・評価

4.6
日本に住んでて人種差別に縁もゆかりもない我々にはこの映画の本質は分からないと思う。ただ、もし同じ状況なら自分も犯人を殺すだろう。
haramouth

haramouthの感想・評価

3.5
〈黒人による白人への犯罪〉の裁判に挑む弁護士の目線を通して、正義とは、真実とは、平等とは、、、多くの問いを投げかける作品。

30年近く前の作品ながら、問題の本質は解決が見えなくてやるせない気持ち。
「あんたは俺のことを人間として見る前に黒人として見てる」…誰もが知らぬ間に抱いている偏見を暴き出すセリフの力に気圧される。

とにかくキャスティングが盤石すぎ。
若手熱血弁護士なマシューマコノヒーは流石にハンサムすぎるし、背水の陣なのに絶対媚びない被告のサミュエルLジャクソンの説得力。ドナルドサザーランドのどっしりとした安心感。
政治的なことしか頭にない陰険検事のケヴィンスペイシー、本当に最高。ケヴィンスペイシー最高。もっと法廷バトル見たかったねぇ。


ピチピチピカピカの女子大生なサンドラブロックとベッドに腰掛けて何も起こらないわけがないのに、絶対浮気しないマンを貫くマシューマコノヒーの役柄、、マコノヒーのヤリチンブランドに傷がつかないかと要らぬ心配してしまうほどよ。
chihok

chihokの感想・評価

4.0
たくさんの名優が出ている。
マシューがカッコいいし、サンドラブロックはとってもキレイ。

何はともあれ良かった。
 なかなか痺れる展開の続く作品。もしも身内がっていう仮定が存在するとき、自分はどう行動するのか?人に人が裁けるのか?
06

06の感想・評価

4.5
どう転んでも溝が深い。
10歳の「黒人」の女の子をレイプした「白人」2人を、「黒人」の父親が裁判所で射殺した。「白人」弁護士である主人公は、その父親を弁護することに……。

冒頭10分くらいで「KKK」の名前が出たときからきな臭くなったと思ったら……。事件は裁判を超えて人種差別の社会問題に発展する。しかし、KKKを始めとする南部の人種差別主義者が敵なのはともかく、味方の黒人の活動家まで味方ではないのは面白かった。
注目される裁判だからこそ、皆がその本質を見失う。

だからこそ、最終弁論にはハッとさせられる。結局人種問題は一朝一夕では解決しないし、理解や共感を得ることも難しい。

しかしこの事件の本質は、人種ではなく「娘をレイプされた父親」の事件なのだ。

様々な要因が絡み合うからこそ、見事な作品だった。
作中で主人公は大きな代償を支払うのだが、一度も心が折れず降りようとしなかったのも、この作品のいい所だ。希望のあるラストは、人種差別に対して、気持ちのいい答えを見せてくれている。

しかし名優だらけでドッキリする……!特にマシュー・マコノヒーの少しだらしない色男っぷりが見事。朝裸で寝てる所と、ノーパンを告白する所は赤面するかと思った。ケヴィン・スペイシーの厭味ったらしさもすごいが、キーファー・サザーランド!スタンド・バイ・ミーの頃から、しょうもないチンピラ役がめちゃくちゃ似合うな……。
名優が出すぎてて、キャスト目当てに見るだけでもテンションが上がる映画。
名優たちの共演。見応えがあった。
最終弁論の最後の言葉にハッとさせられた。
ただ、あの一言で全てが覆ってしまうなら、法律とはなんなのか…という気もする。家を焼いたり殺そうとしたりした彼も“報復”な訳だし…。
正義や平等とは何か。考えさせられた。
映画で描かれているのは無数にあるケースのごくごく一部のほんの一時期にすぎない。このあとkkkの報復にあったかもしれないし、新しい対立が生まれているかもしれない。
スッキリするわけがないしできるはずのない題材。
人種間の対立差別、思想、つくづく根深いとこういう映画を見るたびにハッとする。
K

Kの感想・評価

4.6
マシューマコノヒー、サンドラブロック、サミュエル、ケヴィスペ、キーファーサザーランド…豪華すぎる

やっぱジョングリシャム原作の映画は俺のツボを押さえてる!
寒川

寒川の感想・評価

4.5
最終弁論のシーンが素晴らしいです。聞き入ってしまった。特にあの最後のセリフを思いついたのは中々すごい……。直前の牢屋で依頼人と話すシーンもすごかった。

このレビューはネタバレを含みます

黒人差別系の内容。

黒人家族の10歳の娘が
ある日のお使い帰りに
二人組の白人にレイプされる。

父は怒り
手錠をかけられた白人2人を射殺する。
その事件の裁判の物語。

主人公は白人弁護士。
白人だが
自分の娘がされていたら同じ事をしていたと言い
被告(レイプされた娘の父)の弁護をする。
黒人の肩を持つことで
色々な犠牲が出るがそれでも本当の正義の為に戦う。



最後の法廷での「白人だった。」が印象的。
>|

あなたにおすすめの記事